フジテレビ、新ドラマ枠を発表 次世代の人材発掘へ

参照回数:212,093

【モデルプレス】フジテレビが6日、都内で4月改編記者発表を行い、新ドラマ枠を発表した。 新設されたのは土曜23時40分~24時5分の「土ドラ枠」。12年4月から14年9月まで放送されていた「土ドラ枠」(土曜23時10分~23時55分)が時間を変えて復活となる。今回からキャスト、脚本家、スタッフもフレッシュな人材を中心に、次のフジテレビドラマを担っていける人材の登竜門として、ティーンを中心とした若年層を訴求するドラマを制作していくという。

以前の「土ドラ枠」には、長澤まさみ主演の『高校入試』、西内まりや主演の『山田くんと7人の魔女』、沢尻エリカ主演の『ファースト・クラス』、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)主演の『水球ヤンキース』などがある。

一方で火曜21時のドラマ枠が廃止。その狙いについて同局編成部長の夏野亮氏は「21時、22時、23時、ドラマ放送の時間帯をそれぞれ作り、企画、キャスティングの幅を広げ新しいジャンルのドラマを作っていきたいと思った」と説明。「日本テレビとドラマ枠がかぶる水曜22時のドラマ枠を廃止する選択肢もあったのでは?」の問いには、「21時と22時、遅い時間の方がドラマを見やすいという視聴者の声があり、それを考慮した」と答えた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - フジテレビ、新ドラマ枠を発表 次世代の人材発掘へ
今読んだ記事

フジテレビ、新ドラマ枠を発表 次世代の人材発掘へ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事