「R-1グランプリ2015」グランプリ決定

10日、東京・台場のフジテレビにて、一人話芸日本一を決定する「R-1グランプリ2015」が行われた。
「R-1グランプリ2015」で優勝を果たしたじゅんいちダビッドソン【モデルプレス】
「R-1グランプリ2015」で優勝を果たしたじゅんいちダビッドソン【モデルプレス】
優勝トロフィーを手に感無量の表情を浮かべるじゅんいちダビッドソン
優勝トロフィーを手に感無量の表情を浮かべるじゅんいちダビッドソン
優勝者は、ACミランの本田圭佑選手のネタで知られる、ピン芸人・じゅんいちダビッドソン。ピン芸人3,751人の頂点に立った。

本田選手ネタ一本で勝ち上がったじゅんいちは「結婚したので、まずは奥さんに。イタリアにいる本物の方にも伝えたい」と、喜びを報告したい相手に本田選手の存在も挙げて「おかげさまで優勝できました。本田さんが生まれてきてくれたお陰で一回り上の僕がこうやって活躍出来ている」と“本物”に感謝しきり。賞金500万円の使い道については「ミラノに9、結婚式に1。ミラノに奥さんを連れて行く事で新婚旅行も出来るから一石二鳥」と豪語するも「(モノマネは)完全に非公認です」としれっと明かして、優勝後初の爆笑を取っていた。

ゆりやんレトリィバァとマツモトクラブを制して勝利が確定した瞬間「うれしー!よっしゃー!」と喜びを爆発させたじゅんいち。審査員の桂文枝からトロフィーを受け取るも「いいんですか?僕で」と照れつつ、文枝から「モノマネの域を出て、ネタとして素晴らしかった」と激賞されると「ネタの途中であそこ(会場の空いているスペース)に滑り込みそうになった」と余裕の本田選手ネタで切り返していた。

客席には奥さんの姿も

客席では、昨年末結婚した奥さんも優勝の瞬間を目撃。まだ言葉は交わしていないそうだが「家に帰る頃には酔っぱらっていると思うので、大分自慢しますね」と満面の笑み。1回戦は本田選手のマネで一人コント、最終決戦も本田選手のマネでスーパーを舞台にしたネタを繰り広げた。最終決戦を振り返ってじゅんいちは「正直ハネていると思った」と手応えを感じていたようだが「お客さんも盛り上がってくれて、テンションが高くなって声を出し過ぎた。後半は(本田選手に)似ていなかったと思う」と苦笑いで激戦を振り返った。6度目の出場で見事優勝を手にしたが、勝因については「持っているんでしょうね」と最後まで本田選手ネタで貫き通していた。

じゅんいちダビッドソン
じゅんいちダビッドソン
じゅんいちダビッドソン
じゅんいちダビッドソン
13回目となる今大会は、過去最高の3,751人のお笑い芸人がエントリー。ゆりやんレトリィバァ、あばれる君、とにかく明るい安村、厚切りジェイソン、エハラマサヒロ、アジアン馬場園、NONSTYLE石田、やまもとまさみ、じゅんいちダビッドソン、この日行われた「復活ステージ」を勝ち上がったCOWCOW善し、マツモトクラブ、ヒューマン中村の全12名が決勝大会に進出した。

大会は3つのブロックによるトーナメント形式で行われ、それぞれのブロックの勝者が、一人話芸日本一の称号と賞金500万円、さらに全国ネット冠番組権を手にするために最後の笑いの戦いに臨んだ。審査員の桂文枝、板尾創路、関根勤、勝俣州和、天野ひろゆきによる得点と視聴者によるお茶の間投票によって優勝が決定した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 「R-1グランプリ2015」グランプリ決定
今読んだ記事

「R-1グランプリ2015」グランプリ決定

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事