ガキ使大晦日「笑ってはいけない」、ダウンタウン「死んでまうんじゃないか」「紅白に逃げたい」

【モデルプレス】3日、都内にて日本テレビ系の年末恒例番組「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日年越しスペシャル」記者会見が行われた。
「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日年越しスペシャル」記者会見【モデルプレス】
「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日年越しスペシャル」記者会見【モデルプレス】
同番組は、絶対に笑ってはいけないという過酷な状況の中、笑いのトラップに対し、笑ってしまうと、お尻叩きのお仕置きを受ける人気企画。今年は囚人研修員に扮し、大脱獄がテーマの「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」(12月31日18時30分~)が放送される。

ダウンタウン松本人志、浜田雅功
ダウンタウン松本人志、浜田雅功

今年の撮影は…?



この日行われた会見には、出演者のダウンタウンの松本人志・浜田雅功、月亭方正、ココリコの遠藤章造・田中直樹が出席。挨拶にて松本は「毎年そうなんですが、忍耐や苦痛との戦いで今年も大変でしたし、やり遂げた後の記者会見での全然ウケない感じ、皆さんが笑ってはいけないんじゃないか、これも含めて風物詩となりましたね」と話し、さっそく記者たちの笑いを誘った。浜田は「毎年体力は使うわ、精神的に嫌なこともあるし『もういつまでやんねや!』って。50歳を超えてあんだけ走り回らされると、死んでまうんじゃないか、肉体的に大変でした」と厳しい撮影を振り返った。松本も「(この企画を)1回もやりたいと言ったことがないんですね。ヒット曲を出して紅白に逃げたいと思ってるんですけど、なかなかいい曲に巡り合えない」と笑い交えて心境を明かした。

(左より)月亭方正、ダウンタウン松本人志、浜田雅功、ココリコ遠藤章造、田中直樹
(左より)月亭方正、ダウンタウン松本人志、浜田雅功、ココリコ遠藤章造、田中直樹
今年のシチュエーションの囚人研修員について松本は「そもそも捕らえられる筋合いもないのですが、僕たちは前科はないので…あれ?浜田さん?」と相方に疑いの目。すると浜田は「何を言うとんの?ほんまにアホとちゃう?あるか!」とツッコミを入れ、息ピッタリの掛け合いで笑わせた。

ダウンタウン松本人志、浜田雅功
ダウンタウン松本人志、浜田雅功

大物ゲストに「二度と会いたくない」



また見どころのひとつに大物マル秘ゲストが登場するが、浜田は「あの人とは二度と絡みたくない!」と断言。松本も「年上で先輩なんですけど、相当痛い奴だったんですよ。こんなに暴れるかってぐらい暴れて、僕も二度と会いたくない!」と語気を強めた。

月亭方正
月亭方正
ココリコ遠藤章造、田中直樹
ココリコ遠藤章造、田中直樹
続いて注目ポイントを語る出演陣。方正は「年取って人間のあさましさが出てる」、遠藤も「今年の顔と言っても過言ではない人がたくさん出ていて、一年をこれで締めるのは凄いなと思います」と続け、相方の田中が「今年も理不尽な仕掛けのもと、全員がひどい目に合っています」と話し、それぞれ番組をアピールした。

ココリコ遠藤章造、田中直樹
ココリコ遠藤章造、田中直樹

視聴率合戦も注目だが…



他局との視聴率合戦も注目だが、浜田は「あんまり意識したことないでしょ。年末にバカバカしいのが見たい人は、ウチを見てください」と控えめにアピール。すると松本が「僕はフジテレビの(劇場版)ONE PIECEを見ますけど」とおどけると、浜田から間髪入れずに「うそやろ!」とツッコミ。今年も終始笑い声が止まない会見となった。

(左より)月亭方正、ダウンタウン松本人志、浜田雅功、ココリコ遠藤章造、田中直樹
(左より)月亭方正、ダウンタウン松本人志、浜田雅功、ココリコ遠藤章造、田中直樹

大規模ロケにバラエティ豊かな笑い



今回は、東京近県の学校と運動公園を貸し切り、総勢約500名のスタッフによる大規模なロケを敢行。CCDカメラ220台、ENGカメラ25台に加え、初めて空撮用のリモコンヘリカメラも導入し迫力のある映像に。さらにマツコ・デラックス、蝶野正洋、板尾創路など、おなじみの常連ゲストのほか、笑ってはいけない初登場の有名人や大晦日に相応しい豪華ゲスト、メンバーの家族も笑いの刺客として登場。また「笑ってはいけない」に加え、「驚いてはいけない」タイムなど別次元のコーナーも多数設け、バラエティに富んだ笑いを繰り広げる。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP