相武紗季、帰国後初ドラマに本音吐露

参照回数:154,043

女優の相武紗季が7日、羽田空港・ANA期待整備工場にて行われたフジテレビ系連続ドラマ「ミス・パイロット」(10月15日スタート、毎週火曜よる9時)記者会見に、主演の堀北真希ら豪華キャストとともに出席した。
「ミス・パイロット」記者会見に出席した相武紗季
「ミス・パイロット」記者会見に出席した相武紗季
アメリカ留学から帰国後、初ドラマとなる相武は、役衣装である女性パイロットの制服を着て登場。劇中では、堀北演じる主人公・手塚晴(てづかはる)のライバルとなる小田千里(おだちさと)役を演じる。

今回演じる役柄について、相武は「強い女性の役です。最期までその芯の強さを忘れず演じたいです」とコメント。「(性格が)きつい役ではありますが、真希ちゃん演じる晴がのほほんと絡んできてくれるので、いい感じに緩和されてます」といい、「個人プレーが目立つ役ですが、みんなと出会って成長していくので、その過程を上手く演じていければ」と意気込みを語った。

訓練のリアルな様子を描くため、アメリカロケも敢行したという本作。撮影の感想を「今まで機体を間近で見る機会もありませんでしたし、訓練をしている人たちを見ることもありませんでしたので、すごくいい体験でした」と充実感たっぷりに語った相武。一方で、「スケジュールがタイトだったんですけど、その中で色んなものを見ながら吸収しなくちゃいけないので大変でした」と本音を吐露した。

「ミス・パイロット」は、堀北演じる居酒屋の娘・手塚晴(てづかはる)が、大型旅客機の女性パイロットという大きな夢に向かって奮闘する姿を通じ、「夢をあきらめない」素晴らしさや仲間との友情を描く。今まで描かれたことがない、大型旅客機の女性パイロットを目指す候補生が主人公。まさに“航空ドラマ史上初の試み”となる。会見には相武、堀北のほか、斎藤工、桜庭ななみ、菜々緒、岩城滉一が出席した。

なお、同作は10月15日よる9時よりスタート。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 相武紗季、帰国後初ドラマに本音吐露
今読んだ記事

相武紗季、帰国後初ドラマに本音吐露

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事