中谷美紀、自由すぎる素行を暴露される

女優の中谷美紀が、4日都内にて行われた「ロスト・イン・ヨンカーズ」初日開幕直前会見にTOKIOの松岡昌宏、三谷幸喜らとともに出席した。
「ロスト・イン・ヨンカーズ」初日開幕直前会見に参加した中谷美紀
「ロスト・イン・ヨンカーズ」初日開幕直前会見に参加した中谷美紀
レトロなピンクの花柄ワンピースを着こなし登場した中谷。「舞台に出させていただくのは2作品目になります。三谷さんの演出によって、自分自身が変わり成長していくのを感じています」と挨拶をした。

三谷監督作品に初参加の松岡は三谷の印象について聞かれると松岡は「とってもシャイでいらっしゃいますね。僕は勝手に“シャイな目立ちたがり屋”だと思っているんですけど。話していたら1人っ子のA型で一緒だったので、ある種の共通点があるんですよね。だから僕が失敗して恥ずかしいからごまかしている時とかに、後でわざわざ言いにくるんですよね」とエピソードを披露。

一方で三谷は、「もうちょっとチャラチャラした人かなと思ってたんですけどね。セリフの裏側の意味も考えていて、1番台本を読み込んでいらっしゃるのでビックリしました」と松岡を絶賛。続けて中谷について語りだすと「稽古場ではやたらおちゃらけていまして」と暴露。「大丈夫かなって思うぐらい寝てたりとか、僕の前を平気で大あくびして通りすぎるし、かなり自由ですね。自分のリビングルームのように過ごしていらっしゃるのが意外でした」と暴露し、中谷は照れ笑いをしていた。同イベントには小林隆、浅利陽介、入江甚儀、長野里美、草笛光も登壇し、明日から始まる舞台の意気込みを語った。

本作は、1942年、ニューヨーク州のヨンカーズを舞台に繰り広げられるカーニッツ家を舞台にした三世代の家族の物語。厳格で意地悪、人を寄せつけず、そして決して笑わないカーニッツ家の祖母。その祖母と暮らすのはその娘のベラ。彼女は他の兄弟姉のように母から逃れられず、ともに暮らしている。そんなカーニッツ家に、ベラの兄エディに連れられて彼の息子2人がやってくる。借金を抱えた父親は出稼ぎに出るために2人を祖母に預ける。父の帰りを祖母の元で待ち続ける2人の少年の目を通して描かれる家族の物語。1991年にブロードウェイで初演され、トニー賞ベストプレイ、ピューリッツアー賞も受賞している。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 中谷美紀、自由すぎる素行を暴露される
今読んだ記事

中谷美紀、自由すぎる素行を暴露される

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事