「あまちゃん」の魅力って?福士蒼汰から“前髪クネ男”まで分析

参照回数:561,743

9月28日にいよいよ最終回を迎えるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。第24週までの平均視聴率20.42%、現時点での最高視聴率27.0%(9月16日)と高視聴率を記録している。社会現象といわれるまでのヒットとなった今作の魅力を、モデルプレスは今回、<女優編><俳優編><脚本・音楽編>の3つに分類し、独自の視点から分析した。
「あまちゃん」の魅力は?<俳優編>を紹介
「あまちゃん」の魅力は?<俳優編>を紹介
同作は、脚本家・宮藤官九郎氏が「アイドル」と「村おこし」を核にオリジナル脚本を手がけた“人情喜劇”。舞台は東京から遠く離れた、東北・北三陸の小さな田舎町。引きこもりがちな高校2年生・天野アキ(能年玲奈)が一人前の「海女さん」を目指すことにより、町を盛り上げるアイドルとして光り輝く存在へと成長する姿を暖かな眼差しで描く。

今回は、そんな「あまちゃん」の魅力<俳優編>を紹介する。

1.朝ドラでブレイク・福士蒼汰 女性の理想を詰め込んだ種市先輩

若手俳優の登竜門とも言える朝ドラヒロインの相手役。今作のそれにあたる“種市先輩”を演じたのが、福士蒼汰だ。福士が演じるのは、アキが通っていた高校の潜水土木科の先輩。アキの初恋相手だったが、当時種市先輩はユイ(橋本愛)と交際していた。ユイと別れた後、アキと交際に発展する…という役どころだ。

種市先輩の魅力は、男らしさと一途さ、そして優しさという女性が男性に求める3大要素が詰め込まれていること。夢に向かって頑張る姿勢や交際後の真摯な態度など、理想の男性像を体現。そこに、福士の持つ爽やかな魅力が加わって、爆発的な破壊力を生んだ。

2.密かにハマる女性続出・松田龍平演じる“ミズタク”

福士演じる種市先輩同様、多くの女性の支持を得ているのがアキのマネージャー“ミズタク”こと水口琢磨だ。気弱で少々天然だが、一生懸命でアツい、アキを思うあまり思わぬ行動を見せることもある、そんな掴みどころのないキャラクターが受けている。

ミズタクを演じているのは、松田龍平。頭ボサボサでスーツの着こなしもだらしがない、時には壊れたメガネをセロハンテープで補強して使ってしまうほど、外見には無頓着な男だがそれが女心をくすぐる要因にもなっている。松田の絶妙なゆるい口調と時折見せる真剣な眼差しとのギャップに、どっぷりハマる女性が続出している。

3.ストーブさん(小池徹平)や前髪クネ男(勝地涼)、若手俳優のインパクト

福士、松田のほかにも注目の若手俳優はまだまだ存在。ユイの兄・ヒロシ、通称“ストーブさん”役の小池徹平もそのひとりだ。ヒロシは、優しくて優柔不断な性格、東京のホテルに就職するもたった2か月で帰って来て、地元でふらふら。現在は、観光協会にウェブ担当として就職している。イケメン俳優として安定した人気を誇る小池だが、劇中では「昔はイケメン枠じゃなかった?」「一番幸薄い顔してたから」と弄られ放題。存在感の薄さを指摘するセリフも多数飛び出すが、それにより彼の印象が強くなっている。

レギュラー出演している小池とは異なり、たった1度の出演で強烈なインパクトを残したのが勝地涼だ。彼が演じたのは、アキの初キスシーンのお相手、人気グループ・2STREET BOYSのTOSHIYA、通称“前髪クネ男”だ。前髪が長く、常に腰をクネクネさせている“とにかくチャラい”アキの苦手なタイプ。アキは、前髪クネ男のことを毛嫌いするが、視聴者の心にはそのキャラクターが深く突き刺さったようで、再登場を熱望する声が殺到した。

4.古田新太演じる太巻の圧倒的な存在感

古田新太演じる太巻社長は、業界の大物プロデューサー。かつては、カリスマ女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)も所属していた芸能事務所「ハートフル」の社長で、現在は人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称:アメ女)」でヒットを飛ばしている。次の狙いは、国民的アイドルグループ「GMT47」のブレイクだ。

数々の作品でインパクトを残してきた古田だが、今作では独特の語り口に“大物感”漂う佇まいで太巻を熱演。基本は飄々としているが、ときに理性をなくしてしまう人間味溢れる太巻を見事に表現した。

5.アキを取り巻くベテラン俳優たち

杉本哲太や松尾スズキなどベテラン俳優の存在なくして「あまちゃん」は語れない。今回特に注目したいのは、荒川良々とピエール瀧だ。

北三陸駅・副駅長、吉田正義役の荒川は、一度見たら忘れられないインパクト大の風貌が特徴。ボソッとつぶやいた一言で視聴者をクスッとさせる、物語のエッセンスだ。種市先輩が務める「無頼鮨」の大将・梅頭を演じるのはピエール。言葉数の少ない役どころではあるが、ときにはオーバーリアクションで感情を表現することもある。お茶目でユーモア溢れるキャラクターで、視聴者の心をガッチリと掴んだ。

以上、モデルプレスが考える「あまちゃん」の魅力<俳優編>はいかがだっただろうか?いよいよ最終回が近づく「あまちゃん」、最後まで見逃せない。

<脚本・音楽編>もお楽しみに。(モデルプレス)

平成25年度前期NHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演者(左から)古田新太、薬師丸ひろ子、能年玲奈、松田龍平、松岡茉優
平成25年度前期NHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演者(左から)古田新太、薬師丸ひろ子、能年玲奈、松田龍平、松岡茉優


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「あまちゃん」の魅力って?福士蒼汰から“前髪クネ男”まで分析
今読んだ記事

「あまちゃん」の魅力って?福士蒼汰から“前髪クネ男”まで分析

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事