今年の人気トップ女優は誰?上半期CM起用社数ランキング発表

メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が11日、2013年1月~6月のCM出稿状況を基にした「2013 上半期タレントCM起用社数ランキング」を発表した。
CM起用社数ランキングで1位を獲得した武井咲
CM起用社数ランキングで1位を獲得した武井咲
女性タレント部門で1位に輝いたのは、女優の武井咲。初の1位獲得となった武井の起用社数は15社で、男女総合においてもトップとなった。

昨年のCMクイーンで、AKB48の卒業を目前に控える篠田麻里子は、13社起用で2位を獲得。3位は12社起用で、女優の剛力彩芽とモデルのローラが並んだ。昨年の上半期では剛力が8位(9社)、ローラは9位(8社)で、両者共に大幅なランクアップを見せた。

男性タレント部門では、昨年4連覇を達成したプロゴルファーの石川遼選手が、嵐の櫻井翔、俳優の向井理と並び10社起用で首位を獲得。嵐は5人全員がトップ5入りしており、グループの人気ぶりを証明している。

昨年上半期は篠田、板野友美、前田敦子が1位を獲得し、8名が5位以内に名を連ねるなどAKB48が上位を独占。今年は昨年6位の武井が単独で1位を獲得し、剛力とローラが大躍進するなど、順位変動が顕著となったCM起用社数ランキング。12月発表予定の年間ランキングに注目だ。(モデルプレス)

■「2013 上半期女性タレントCM起用社数ランキング」
1位(15社): 武井咲
2位(13社): 篠田麻里子(AKB48)
3位(12社):剛力彩芽、ローラ
4位(10社):上戸彩、ベッキー、堀北真希
5位(9社):天海祐希、板野友美(AKB48)、桐谷美玲、小嶋陽菜(AKB48)、島崎遥香(AKB48)、谷花音
6位(8社):石原さとみ、きゃりーぱみゅぱみゅ、佐々木希

■「2013 上半期男性タレントCM起用社数ランキング」
1位(10社):石川遼、櫻井翔(嵐)、向井理
2位(9社): 鈴木福
3位(8社):相葉雅紀(嵐)、大野智(嵐)、二宮和也(嵐)松岡修造
4位(7社):イチロー、木村拓哉(SMAP)、国分太一(TOKIO)松本潤(嵐)
5位(6社):亀梨和也(KAT-TUN)、妻夫木聡、長瀬智也(TOKIO)、錦戸亮(関ジャニ∞)、松坂桃李、山口達也(TOKIO)

■調査概要
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2013年1月1日~2013年6月30日
対象局:日本テレビ/TBS/フジテレビ/テレビ朝日/テレビ東京(東京地区地上波オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD/ゲーム(ソーシャル含)・楽曲配信・映画CM、PV出演での露出等は除く



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 今年の人気トップ女優は誰?上半期CM起用社数ランキング発表
今読んだ記事

今年の人気トップ女優は誰?上半期CM起用社数ランキング発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事