AKB48篠田麻里子、沢村一樹にセクハラされ悲鳴?!映画「サラリーマンNEO」舞台挨拶

10月25日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」の舞台挨拶が開催され、小池徹平、生瀬勝久、沢村一樹、篠田麻里子(AKB48)ら出演者が登壇した。
AKB48篠田麻里子
AKB48篠田麻里子
同作はサラリーマン社会をテーマにしたNHKのコント番組「サラリーマンNEO」を映画化。誰もが”あるある”と思える職場の慣習や”いるいる”と思える同僚・上司を、役者たちが真剣に演じることで話題となっている。

舞台挨拶も終盤に差し掛かったころ、劇中の”セクスィー部長”に扮した沢村一樹が客席からサプライズ登場。舞台に佇むAKB48・篠田麻里子の元へ真っ先に向かい、セクハラとも取れる熱いハグで会場を盛り上げた。

「映画化は無謀」ときっぱり

小池徹平、生瀬勝久のダブル主演で、業界5位のビール会社「NEOビール」の社員がシェアNo.1を目指し奮闘する様子を描く同作。この日は全国公開に先立ち、第24回「東京国際映画祭」の特別招待作品として上映された。

映画の舞台となる会社の受付嬢・マオを演じた篠田麻里子は、「スクリーンから伝わると思いますが、撮影現場もとても面白かったです」とにっこり。東京国際映画祭ならではの通訳付きの舞台挨拶に緊張しながらも、「普段こういう場に立てないので、いい経験になったと思います」と話した。

沢村一樹にハグされる篠田麻里子
沢村一樹にハグされる篠田麻里子
中西課長を演じる生瀬勝久は、「映画化は無謀だなと思いました」ときっぱり。新入社員の新城を演じる小池徹平は、元々同番組のファンだったといい「人気シリーズに新参者として入ることはプレッシャーが大きかった。ファンとしてもこの作品に取り組めて幸せでした」と語った。

さらに舞台挨拶には、主題歌を担当する郷ひろみもサプライズ登場。「かなり役作りに励んだのに、完成した作品を見てみたら『ジャパーン!』しか言ってなかった」と肩を落とすも、主題歌「笑顔にカンパイ!」を元気に歌い上げた。

映画「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」は11月3日、新宿ピカデリーほか全国公開。(モデルプレス)

■「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」
出演:小池徹平、生瀬勝久、田口浩正、中越典子、入江雅人、篠田麻里子、伊東四朗、麻生祐未、宮崎美子、平泉成、沢村一樹 ほか
公開:11月3日(木・祝)新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ショウゲート

【ストーリー】
社長命令によりシェアNo1を目指すことになった万年業界5位のNEOビール社。
中西課長(生瀬)率いる営業一課では、「無重力ビール」など、全く味の想像できない“珍妙”なビールが次々に提案されるが、なかなかピンとこない。
ところが新入社員の新城(小池)が、その場しのぎで口にした企画が何故か通ってしまい、物語は大きく動き出す・・・。
(C)2011『劇場版サラリーマンNEO』製作委員会



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48篠田麻里子、沢村一樹にセクハラされ悲鳴?!映画「サラリーマンNEO」舞台挨拶
今読んだ記事

AKB48篠田麻里子、沢村一樹にセクハラされ悲鳴?!映画「サラリ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事