欅坂46平手友梨奈の紅白「不協和音」リハーサルから作り上げた本番への布石

欅坂46が「第70回 NHK紅白歌合戦」(31日、東京・渋谷 NHKホール)で「不協和音」を披露した。センター・平手友梨奈を中心に、メンバー全員が楽曲の世界観に深く入り込んだような、圧巻の“大熱演”にネット上では衝撃が走っている。
平手友梨奈/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
平手友梨奈/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
メンバー全員の気迫の込もったパフォーマンスに圧倒された。その中でもひときわ反響が大きいのは平手。2年前にも「不協和音」は披露されているのだが、そのときは平手がパフォーマンス中に手が震えたりよろめいたり、一部メンバーが歌唱後に倒れたりするなど、ネット上が騒然となった。

それだけに今回「不協和音」が再び披露されることが発表されたとき、ツイッターのトレンドで1位に。この日の歌唱前も、総合司会にして、その2年前にコラボした内村光良が「まさか二回見られるとは。もう一回やると決めた彼女たちに気概を感じました」と本音を話した。

平手友梨奈/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
平手友梨奈/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
今回は2年前のリベンジ。29日の音合わせ後、報道陣による囲み取材では、メンバーの小林由依が「2年経って成長している。2年前とは違った新しい『不協和音』になっているので、強くなった姿を見せたい」と力強く宣言していた。

欅坂46「不協和音」2年前のハプニングに言及「強くなった姿を見せたい」


欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
筆者は29日の音合わせ、30日のリハーサルと見てきたが、この日の本番のパフォーマンスとはまるで別物。それは平手が本調子ではないということも、もしかしたらあったのかもしれないが、しっかり照準を合わせてきたという表現の方が近い。

「不協和音」は激しいダンスで体力を消耗し、また世界観にどっぷり入り込むと抜け出してこられない楽曲。本気で挑むと、曲中には躊躇のない倒れ込みで怪我をする可能性もある。リハーサルでは、その振り付けのシーンに差し掛かると、倒れるのではなく、手をそっとついてから横になるようにしていた。

欅坂46/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
欅坂46/写真はリハーサルで撮影(C)モデルプレス
いざ本番。なにかに取りつかれたような表情と鋭い眼光で、観るものを震え上がらせた。おなじみの「僕は嫌だ」は心の底から絞り出すように叫び、ラストは笑みを浮かべながらポーズを決めた。ネット上には「とんでもない表現力に震えた」「すごすぎる…これしか言葉が出ないほどの衝撃」「歴史的瞬間を見た気がする」「涙が止まらない」など、全身全霊で楽曲の世界観を表現した平手、ひいては欅坂46に絶賛の声が上がっている。

パフォーマンス終わりにはメンバーが平手友梨奈を支える…


欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
一部では、完全燃焼した平手が、歌唱後にメンバーに抱えられながらステージを後にしたという報道が出たが、モデルプレスが所属レコード会社に問い合わせたところ、平手の体調について「大丈夫です。全力を出し尽くしましたが、体調に問題ありません」と回答した。もし歌唱直後に倒れた、もしくは倒れそうになったのであれば、それは紅白本番の数分間にそうならざるを得ないほど、魂を込めてパフォーマンスしたという証なのであろう。(modelpress編集部)

欅坂46平手友梨奈の現状、所属レコード会社がコメント「大丈夫です」


欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス
欅坂46/リハーサル時に撮影(C)モデルプレス

【写真特集】「第70回 NHK紅白歌合戦」リハ-サル3日目/顔合わせ・セレモニーの様子


【写真特集】「第70回 NHK紅白歌合戦」リハ2日目


【写真特集】DA PUMP、純烈らが登場「第70回 NHK紅白歌合戦」リハ初日



【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46平手友梨奈の紅白「不協和音」リハーサルから作り上げた本番への布石
今読んだ記事

欅坂46平手友梨奈の紅白「不協和音」リハーサルから作り上げた…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事