紅白初出場決定のDAOKOとは?米津玄師とのコラボ曲が再生回数2億を突破<第69回 NHK紅白歌合戦>

ラップシンガーのDAOKOが、大みそか恒例の「第69回 NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まり、14日、東京・渋谷の同局にて行われた発表記者会見に出席した。
DAOKO(C)モデルプレス
DAOKO(C)モデルプレス
DAOKOは、1997年生まれの東京都出身、21歳。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1stアルバム『HYPER GIRL-向こう側の女の子-』を発売。16歳にして2013年、m-flo+daokoによる楽曲『IRONY』が映画『鷹の爪~美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。2014年公開の映画『渇き。』では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。そして、2015年3月、女子高生にして1stアルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たす。


昨年公開された映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で米津玄師とコラボレーションした主題歌『打上花火』は、アニメーションMVがYouTube再生回数2億回(11月14日時点)を超え、勢いがとまらない中、音楽配信サービスで軒並み1位を獲得し、14冠という快挙を成し遂げた。

DAOKO (C)モデルプレス
DAOKO (C)モデルプレス
この日行われた会見では、初々しく「心に届く歌を、歌いたいと思います。どうかよろしくお願いします」とコメントした。

「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表記者会見に出席した(左上から時計回りに)Aqours、純烈、DA PUMP、刀剣男士、King & Prince、YOSHIKI、あいみょん、DAOKO(C)モデルプレス
「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表記者会見に出席した(左上から時計回りに)Aqours、純烈、DA PUMP、刀剣男士、King & Prince、YOSHIKI、あいみょん、DAOKO(C)モデルプレス

「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手一覧


出場歌手は紅白合わせて42組、特別企画1組(椎名林檎と宮本浩次)。初出場は紅組2組、白組4組の合わせて6組。会見には初出場歌手から紅組のあいみょん、DAOKO、白組のKing & Prince、純烈、そして16年ぶり出場のDA PUMP、「YOSHIKI feat. HYDE」として初出場するX JAPANのYOSHIKI、さらには企画コーナーに参加するAqours(アクア)、刀剣男士らが出席した。

紅白テーマ“3年目”の「夢を歌おう」

「第69回 NHK紅白歌合戦」ロゴ(C)モデルプレス
「第69回 NHK紅白歌合戦」ロゴ(C)モデルプレス
2016年からオリンピックイヤーを目前にした2019年(第70回)までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げている「NHK紅白歌合戦」。「平成 最後の紅白」となる今年は、新しい時代に向け新たな一歩を踏み出すような歌を世界中に届けていく。

「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表記者会見に出席した(左上から時計回りに)Aqours、純烈、DA PUMP、刀剣男士、King & Prince、YOSHIKI、あいみょん、DAOKO(C)モデルプレス
「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表記者会見に出席した(左上から時計回りに)Aqours、純烈、DA PUMP、刀剣男士、King & Prince、YOSHIKI、あいみょん、DAOKO(C)モデルプレス
総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は初となる広瀬すず、白組司会は単独では初となる嵐・櫻井翔。放送は、2018年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 紅白初出場決定のDAOKOとは?米津玄師とのコラボ曲が再生回数2億を突破<第69回 NHK紅白歌合戦>
今読んだ記事

紅白初出場決定のDAOKOとは?米津玄師とのコラボ曲が再生回数2…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事