欅坂46 (C)モデルプレス

欅坂46、Mステ演出の“繋がり”が話題「驚き」「愛を感じる」

2018.09.17 16:06
0
0

欅坂46が、17日にテレビ朝日系で放送中の『ミュージックステーション ウルトラFES 2018』(ひる12時~よる9時48分)の昼の部に出演。これまでの同番組でのステージでの演出の“繋がり”が明かされた。

欅坂46、これまでの演出の集大成に

2ndシングルカップリングでテレビ初披露となる『語るなら未来を…』、デビュー曲『サイレントマジョリティー』のスペシャルメドレーを披露した欅坂46。歌唱前にはこれまでのステージでの演出の秘密と今回のステージが繋がっていた演出の集大成となることが紹介された。

2017年11月出演の『風に吹かれても』ではパフォーマンスの最後は落ち葉を踏む靴のアップ、12月出演の同じく『風に吹かれても』では靴のアップから始まり、桜の木を映すラスト、そして今年3月出演の『ガラスを割れ!』の冒頭は桜を背景に映す演出から始まり、ラストは誰もいないステージに。前回、8月出演の『アンビバレント』は誰もいないステージから始まり、ポーズを決めた腕のアップで終了した。

欅坂46(提供写真) (C)モデルプレス
欅坂46(提供写真) (C)モデルプレス
今回はこの続きからとなり、同じポーズの腕のアップから『語るなら未来を…』がスタート。『サイレントマジョリティー』では長濱ねるがフロントに入り、メッセージ性の強い歌詞と全員で息の揃った迫力のパフォーマンスで魅せ、ラストは全員でポーズを決めた後に平手が先に後ろに歩き出し、左胸に手を当ててうつむくという演出で終了。

欅坂46は夜の部にも出演し、『二人セゾン』を歌唱。そこでは、他のメンバーが欅の木を作る横で、1人で立つ平手が左胸に手を当てているソロカットからスタート。演出が完結した。

視聴者からはネット上で「ラストカット繋がってたとかすごすぎ!」「Mステのスタッフからの欅愛を感じる」「驚き!」といった声があがり、反響を呼んでいた。

「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」(画像提供:テレビ朝日)
「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」(画像提供:テレビ朝日)
今年の「ウルトラFES」は、豪華61組のアーティストに加え、オーディション企画で勝ち残った1組が登場。10時間の生放送で、豪華アーティストたちが『ウルトラFES』限定のスペシャルなパフォーマンスを披露する。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. WWS channel
  2. ザテレビジョン
  3. ザテレビジョン
  4. ザテレビジョン
  5. ザテレビジョン
  6. Universal Music Japan
  7. Universal Music Japan
  8. WWS channel