田口 淳之介「このままでは終わらない」ファンと誓った“約束” 日本ツアー最終公演で感動の渦<ライブレポ>

【田口 淳之介/モデルプレス=2月9日】アーティストの田口 淳之介が8日、Zepp Tokyoにてライブツアー「DIMENSIONS」の日本最終公演を開催した。
田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス

目次

  1. 1. 田口 淳之介のシルエットダンスでスタート
  2. 2. 3月台湾公演で「力を届けに行きたい」
  3. 3. キレキレのダンスで魅了し続ける!
  4. 4. 田口 淳之介がファンに伝えたいこと
  5. 5. アンコールでは…


田口 淳之介のシルエットダンスでスタート

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
雨や雷の嵐のような激しい演出の中、田口はシルエットでダンスを始めると、会場からは大歓声が響いた。そして、「DIMENSION」でスタート。なめらかかつキレのあるダンスで会場を魅了し、「Connect」でこれまでのクールな表情から一変、笑顔に。ファンも手拍子をし、会場が一体となった。

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
田口は「早速熱い応援嬉しい。日本ツアーは今日が最後なので、全力を出し切って楽しみたい」と意気込み、「本当にやっぱりマイタウン東京って感じで、待っていてくれたみんな嬉しいです」と感謝。「Gradations」ではカラフルなライトの中でも、会場をしっとりさせ、会場の左右にまで設置されたステージで歌った。そして、「GOEMON」では、ダンサーとともに法被を着て、歌舞伎のような演出パフォーマンスも披露し、会場を盛り上げた。

3月台湾公演で「力を届けに行きたい」

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
MCでは常に「嬉しい」「ありがとう」などと、ファンに率直な心境と感謝の言葉を伝えていた田口。3月には台北公演を控えているが、6日夜に台湾東部地震が発生。田口は「台湾で地震が起きてしまいまして、大変な思いをされている方が多いと思います。被災されている方に少しでも力になりたいなと、今日はチャリティーグッズを販売して、たくさんの方が協力してくれて、ありがとうございます。来月、台湾に力を届けに行きたいなと思っています」とコメントした。

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
その後は、ファンからタイトルを集めた「約束のHappy Birthday」を歌い、田口は「この曲を愛してください」と呼びかけると会場からは拍手が響き渡った。さらに、ギターでスピッツの「スパイダー」や「CRIMSON」を弾き、「手拍子とか嬉しい!気持ちいいな!これからもいろんな一面を見せたいと思います」と様々なパフォーマンスすることを誓った。

キレキレのダンスで魅了し続ける!

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
街頭やベンチ、レンガなど小道具が設置されたステージ。男性ダンサーと女性ダンサーが出会うというストーリー仕立ての前置きから、「FRIDAY NIGHT」「Up Down」などの新曲を立て続けに披露。「自分が妄想するストーリー」だそうで、ダンサーと絡むダンスをみせ、会場を盛り上げた。

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
「HERO」「Moment」「Raindrops」などを披露したあと、ゲストとしてDAZZが登場。「G・O・N・G」「Connect(X-T)」などでノリノリにし、観客を熱狂させた。

田口 淳之介がファンに伝えたいこと

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
本編最後のMCでは「みんなに伝えたいことがあるから、この時間で僕の思いを伝えられたらいいなと思っています」と切り出した田口。「ここに来てくれたみんな、残念ながら来れなかったみんな、本当に感謝しています。ありがとう。僕はこの人生今日まで言いたいことを言えなかったこと、約束で言っちゃいけないこと、いろんなことを飲み込んできました。でもこれって、ステージの上では関係ないことだと思っていて、みんなを楽しませたい気持ちでやってきました」と、ソロ活動を始めて約1年半を振り返った。

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
「じゃあ、なんで独立したのかって、その思いを考えたときに俺自身がありのままで生きていくためだったんじゃないのかなと。みんなに伝えるのはうまくできないけど、辛い思いで来てくれるみんな、いろんなことを理解して来てくれるんだと俺はすごく感じています」と正直に話すと、会場からは温かな拍手が。「みんなにも大切な人いるよね。大切な人と来てくれている人もいるし、その大切な人が俺だよって言ってくれる方すごく感謝しています」といい、「みんな大切な人は当たり前にいると思うし、俺にもなんにも変えられない大切な人がいます。その人は音楽の素晴らしさ、ダンスやファッションの奥深さを教えてくれました。そしてなにより、愛するってことを教えてくれました。愛ってその反対は憎しみになるんだけど、その人と憎しみだったり、ネガティブなパワーに負けないように、映画の神話のヒーローのような強さと愛を持って、Immortalという会社を立ち上げました。僕自身がこうやってステージに立てていること、その人たちが愛をくれているからです」と周りのスタッフに感謝した。

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
さらに、「愛を持って接してくれる仲間やみなさんがいます。これから例えお客さんが1人になったとしても、俺は全力の愛で応えたいし、みなさんがその1人になるよって思ってくれたら俺は本当にすごく嬉しい」と呼びかけ、「だけど俺はこのままでは終わりません」と宣言。「俺は必ずビッグになって、みんなが振り返ったとき俺のことを支えてくれたから田口 淳之介がいると胸を張って言えるようにするので、みなさん付いてきてください」とファンと誓い、本編ラストは田口のメッセージに会場中が感動している中「On My Way」を披露し、自身の想いを歌でも届けた。

アンコールでは…

田口 淳之介(C)モデルプレス
田口 淳之介(C)モデルプレス
アンコールでは「Lovers」「Moment Remix」を披露。タオルを回したりと、ノリノリの中幕を閉じようとしたが、ダブルアンコールで「TOP LINE」も披露。最後の最後まで田口は笑顔で「ありがとう」とファンに感謝し、再びステージに戻ってくる“約束”をした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 田口 淳之介「このままでは終わらない」ファンと誓った“約束” 日本ツアー最終公演で感動の渦<ライブレポ>
今読んだ記事

田口 淳之介「このままでは終わらない」ファンと誓った“約束” …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事