渡辺麻友「サヨナラ、えなりくん」主題歌でも新境地「守ってあげたくなる」

AKB48渡辺麻友が清純派アイドルのイメージとはことなる“恋多き女”を演じ、共演のえなりかずきも正反対の“悪キャラ”を演じることで話題の新ドラマ「サヨナラ、えなりくん」(4月30日深夜0:40~/テレビ朝日系)の主題歌が発表された。
渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
主題歌は主演の渡辺麻友が歌う「守ってあげたくなる』。渡辺のソロ6thシングル(発売未定)となる。

渡辺麻友が主題歌でも新境地

ドラマのヒロイン・桐山さおり(渡辺)は、過去にはさまざまな恋愛遍歴があったものの、現在は“純愛”を求めて奔走する25歳。理想の相手を求めて婚活に精を出していますが、彼女の前に現れるのは、オドロキの本性を持つメンズばかり。その彼らにひどい仕打ちを受けた瞬間、さおりは表情を一変。特殊な能力を発揮する。

そんな一風変わったドラマを盛り上げる『守ってあげたくなる』は、不器用で子どもっぽい彼にちょっぴりあきれながらも、支えてあげたくなってしまう思いも芽生える切ない女心を歌い上げたミディアムバラード。「“アイドル・渡辺麻友のイメージをぶち壊したい!”という思いで、本気で勝負に挑んでいます」と果敢にさおり役に取り組んでいる渡辺が、主題歌でも新境地に挑戦した。

渡辺麻友「すごく新鮮」

“守ってあげたい清純派アイドル”から“大きな愛情で恋人を包みこむオトナの女性”へ大人の階段を上った渡辺は、「今までの私の楽曲にはなかったような大人っぽい曲で歌っていてもすごく新鮮でした」と曲調を紹介。

「ドラマの主人公・桐山さおりは純愛を夢見てさまよう女性、歌詞の中の女性は純粋に相手を想いそっと見守る母性溢れる人、私もそんな女性をイメージしながら聞いている皆様にも共感していただけるよう心を込めて歌わせて頂きました」とコメントした。

えなりくんの登場にも注目

なお、30日の放送される第1話では、イケメン社長・下野倉保(石垣佑磨)と出会うさおり。地中海をイメージした輸入雑貨店を営む、超多忙なイケメン社長・下野だが、彼は衝撃の本性を隠し持っていて…。いまだ謎に包まれた“えなりくん”の登場の仕方にも注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 渡辺麻友「サヨナラ、えなりくん」主題歌でも新境地「守ってあげたくなる」
今読んだ記事

渡辺麻友「サヨナラ、えなりくん」主題歌でも新境地「守ってあ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事