欅坂46キャプテン&副キャプテン、任命式で突然“腕相撲”「今度は筋肉対決で」

欅坂46が21日、千葉・幕張メッセで開催された全国握手会のライブにて、キャプテンに菅井友香、副キャプテンに守屋茜が決まったことを発表。2人は同日、SHOWROOMにて配信された番組「欅坂46キャプテン・副キャプテン就任式」(23時~)に出演し、決意を語った。
欅坂46のキャプテンに就任した菅井友香(右)、副キャプテンに就任した守屋茜(C)モデルプレス
欅坂46のキャプテンに就任した菅井友香(右)、副キャプテンに就任した守屋茜(C)モデルプレス

突然の腕相撲

番組の中盤、コメント欄を通じて「2人で番組をやるとしたら番組名は?」を視聴者と一緒に考えていたところ、菅井が「ねぇ、腕相撲しない?」と守屋に突然の挑戦状。TV番組で腕相撲をする機会はあったものの、2人の対決は実現しなかったことから、実際に行うことになった。

しかし、腕相撲をするのに適した位置関係ではなかったために「やりにくい」「動いちゃう」と勝敗は決せず。「今度は、2人の筋肉対決で番組やりたい」と次なる戦いへの願望を口にした。

欅坂46キャプテン&副キャプテンの“誓い”

番組では、「欅坂46キャプテン菅井友香と副キャプテン守屋茜が送る首脳会談『欅坂46の誓い』」を実施。2人で考えたグループの未来に関する3つの誓いを発表した。

1つ目は『チームワーク抜群のグループ』。「欅坂46は結成して1年ちょっとなので個々の力はまだまだなんですけど、チームワークはこれからも大事にしていきたいなって思います。ダンスはTAKAHIRO先生が振り付けをしてくれて、21人でしかできないフォーメーションを考えてくれて、段々チームワークが芽生えてきたかなと思います。裏でも本音で言い合えて、いい意味でケンカがない。本音でぶつかっているし、自然体でいれる。これからもチームワークを作って、ダンスにも力を入れて、皆さんの心に響くようなパフォーマンスをお届けできるようになれば」とのこと。

2つ目は『いい意味で変わらないグループ』。「欅坂46は『謙虚・優しさ・絆』が円陣の掛け声なんですけど、それをこれからもずっと大事にしていきたいと思っています。これは、初心を忘れないことに繋がると思っています。どんなこともやらせていただくのが当たり前ではないので、これは基本だけど絶対に忘れないように、取り組んでいきたいです」と意気込んだ。

3つ目は『ひとりひとりが輝けるグループ』。「欅坂46は個性がとても豊かなんですけど、まだまだキャラが出ていないメンバーもいて、これから出していけるようにしたいと思います。ダンスでいえば齋藤冬優花とか、鈴本美愉とかどんどん引っ張ってくれていて、バラエティーでも活躍してくれているメンバーもいるのですごくありがたいです。みんなが、適材適所で輝ける場所があればいいのかなって。これも円陣で『キラキラ輝け欅坂』って言っているので、そんな風に輝ければ」と展望を明らかにした。

菅井友香 (C)モデルプレス
菅井友香 (C)モデルプレス
守屋茜 (C)モデルプレス
守屋茜 (C)モデルプレス

菅井友香「実際どう思ってるかな」

また、これまでパフォーマンスで“シンメ”が多かったという2人は、お互いがキャプテン・副キャプテンになったことについては、「私がキャプテンに発表されてすごい心配、不安で『いいのかな』って思いが大きかったけど、副キャプテンにあかねん(守屋)が任命されて本当に心強い。私が、しっかりしてない部分もあるけど、あかねんがいてくれてることで支えてくれるから、本当にこれから一緒に頑張っていこうと思った」(菅井)、「“キャプテン誕生”ってなった時に、すぐにゆっかー(菅井)かなと思って、名前が出て『おめでとう』と思った。今までもグループを代表して挨拶してくれることも多かったから ようやく“キャプテン”っていう役職が加わって これから私もサポートして頑張っていけたらなって思いました」(守屋)と、2人での協力を誓った。

しかし、菅井には懸念点もあるようで、「今まで欅坂46はキャプテンがいないのがイイところっていう意見もたくさんあったし、そう思っているメンバーもいると思うし、実際どう思ってるかなと思う」と告白。それでも「こうやって任命されたからには『キャプテンがいてくれて良かった』『頼りになるな』って思ってもらえるように頑張ります」と意気込んだ。

菅井友香「強い自分を持てるようになりたい」

そして番組の終盤、改めて就任後の意気込みとして、「今回、副キャプテンに任命させてもらいましたが、まだまだ足りないことだらけです。困難が待ち受けていると思いますが、そこを引っ張っていけるような存在になりたいって思いました。後、ゆっかーのことを支えていけるように、色んな知識も必要になるし、視野の広さも大事だと思うで、そこを身に着けて頑張っていけるようにします」と語った守屋。

菅井は、「今まで年長メンバーとして円陣とかで掛け声を欠けさせていただいたんですけど、『私でいいのかな』っていう気持ちもあって、メンバーになかなか思ったことが言えなかった面もありました。でも、キャプテンに就任させていだたいたからこれまでの自分とは違って、強い自分を持てるようになりたいなと思います。また、常に見られる立場になったと思うので、常に正しくありたいなと思います。なので、常に何が正しいか考えたり、メンバーのことも見たり、みんなに頼ってもらえるように、未熟ですが精一杯がんばりますので、どうか見守っていただけたらうれしいです」とファンにメッセージを送った。(modelpress編集部)

情報:SHOWROOM

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46キャプテン&副キャプテン、任命式で突然“腕相撲”「今度は筋肉対決で」
今読んだ記事

欅坂46キャプテン&副キャプテン、任命式で突然“腕相撲”「今度…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事