「レコ大」最優秀新人賞はiKON

【レコード大賞/モデルプレス=12月30日】年末恒例の音楽賞「第58回 輝く!日本レコード大賞」の最終選考会が30日、東京・新国立劇場で開催され、韓国出身の7人組ボーイズグループ・iKON(アイコン)が最優秀新人賞を受賞した。
「レコ大」最優秀新人賞を受賞したiKON(C)モデルプレス
「レコ大」最優秀新人賞を受賞したiKON(C)モデルプレス
「DUMB&DUMBER」をパフォーマンスしたiKON。最優秀新人賞が発表されると、メンバーは感極まった表情を浮かべた。

iKON(C)モデルプレス
iKON(C)モデルプレス
代表してJINHWAN(ジナン)が日本語で、「ちょっと緊張しているから喋れるかわからないけど、最高です。夢みたいですね。最優秀新人賞をもらえるなんて思ってなかったんですけど、本当にありがとうございます。全部僕たちの音楽聴いてくれたみなさんおかげだと思います。僕たちのことちゃんと覚えて下さい!ありがとうございました」とコメントし、再度「DUMB&DUMBER」を披露。熱のこもったパフォーマンスで、会場を沸かせた。

iKON(C)モデルプレス
iKON(C)モデルプレス
なお、新人賞には、林部智史、羽山みずき、BOYS AND MENがノミネートされていた。

「第58回 輝く!日本レコード大賞」




午後5時半よりTBS系で生放送されている「第58回 輝く!日本レコード大賞」は、2016年の日本の音楽界を代表する楽曲、アーティストが一堂に会する音楽の祭典。西野カナの「あなたの好きなところ」、AKB48の「365日の紙飛行機」、AAAの「涙のない世界」、宇多田ヒカルの「花束を君に」など優秀作品賞10作品の中から今年の「日本レコード大賞」が決定する。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP