“新歌姫”加治ひとみ、入山法子×志尊淳「きみはペット」で自身初の挑戦

2014年9月に開催されたオーディション「TOKYO GIRLS AUDITION 2014」(通称:TGA14)でアーティスト部門のグランプリを獲得し、メジャーデビューした歌手・加治ひとみが、入山法子と志尊淳がW主演のドラマ「きみはペット」(2017年2月6日よりフジテレビ地上波で放送)のエンディングテーマを務めることが分かった。加治にとって初のドラマタイアップとなる。
(左から)入山法子、加治ひとみ、志尊淳
(左から)入山法子、加治ひとみ、志尊淳

入山法子×志尊淳で「きみはペット」復活

同ドラマは、2000年~2005年に講談社「Kiss」で連載され、累計発行部数420万部を記録した小川彌生氏の同名コミックが原作。

高学歴&容姿端麗のキャリアウーマン・スミレ(入山)と、謎のペット志望のイケメン男子・モモ(志尊)との奇妙な同居生活を描いたヒーリング・ラブコメディとなっており、2003年に日本でドラマ化され、韓国でも、2011 年にチャン・グンソク主演で映画化。そして今回、日本で13年ぶりにドラマ化する。

加治ひとみ
加治ひとみ

加治ひとみ「ストーリーに寄り添えるような楽曲」

加治が歌うエンディング曲『ラヴソング』はドラマのために書き下ろした新曲。

「スミレ(入山)と自分の性格に共通点もたくさんあってイメージも表現もしやすく制作もすごく楽しくやらせていただきました。後はスミレとモモ(志尊)の関係性だったり、気持ちの動きだったりを伝えるために言葉のチョイスにこだわって作詞させてもらいました」と制作背景を明かした加治は、「ドラマを見終わったあとに見ていただいた方とストーリーに寄り添えるような楽曲になったと思います」と手応えを明かした。

なお、『ラヴソング』はドラマの放送に合わせ配信予定。また、ドラマは2月5日よりFOD(フジテレビオンデマンド)にて先行配信し、日中韓同時展開する。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “新歌姫”加治ひとみ、入山法子×志尊淳「きみはペット」で自身初の挑戦
今読んだ記事

“新歌姫”加治ひとみ、入山法子×志尊淳「きみはペット」で自身初…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事