けいこ けいこ

「けいこ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「けいこ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「けいこ」に関連するモデルプレス記事


けいこのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

けいこのプロフィール

けいこ。名前、三添 桂子[1](みぞえ けいこ[2]、1984年3月10日[3] - )は、日本のファッションブランド「ジーザスディアマンテ」の元社員。
その傍ら「小悪魔ageha」にモデルとして登場[1]。
ジーザスディアマンテの新宿店に勤務し、「けいこさん」や「けいこ姫」の愛称を持つカリスマ店長として様々なメディアに登場し、姫系ファッションを広く知らしめる存在となった。
157cm、O型。[4]
「小悪魔ageha」を去ってのちは妊娠中の身体を携え同誌の姉妹誌「姉ageha」に移行。
「けいこ」の活動名と「けいこ姫」の愛称で特に知られる「元祖姫系モデル」。[5]

■プロフィール
愛称:けいこ姫
生年月日:1984年3月10日
現年齢:29歳
出身地:日本・滋賀県
血液型:O型
身長:157 cm

■来歴
滋賀県甲賀市に出生[6]。小学生の頃から女の子らしい洋服が好きで、好きなことを仕事にしたいという思いから、18歳でアパレル業界での仕事を開始。2004年からジーザスディアマンテに入社した。[7]

●カリスマ店長
店長に昇格した2006年以降は様々なメディアに登場し注目を集める事となった。雑誌「小悪魔ageha」ではモデルとして毎号登場し、特集を組まれるなど、多くの読者から支持を集めた。[8]
「東京カワイイ★TV」[9]や「SmaSTATION!!」[8]や「ひみつの嵐ちゃん!」[10]などのテレビ番組で、ジーザスディアマンテを中心とした姫系ファッションを取り上げた回にも登場。
日本だけに留まらず、「TIME」で姫系ファッションが取り上げられた際にも自身の写真とともに掲載され、世間の注目を集める自身の心境をコメントするなどした。
「お休みの日以外は全て仕事一色だったから、このへんで1回リセットして自分のペースを取り戻したくなった」とのことで、2009年の8月をもって、4年間勤務したジーザスディアマンテを退職。4年間で担当した客は約1500人であった。[11]

●「小悪魔ageha」
「小悪魔ageha」誌上への登場は同誌2009年11月号までとなった[1]。
この号で結婚のために地元の滋賀に帰ること、改姓によって新たな氏名が寺田桂子となることなどを発表[6]。
同時に無期限の休養に入り、翌2010年の7月号にて、結婚相手が15歳時から交際していたという同郷の2歳年上の整体師の男性であることを発表。
そして同年11月には「小悪魔ageha」の増刊号「お姉さんになった!!! 小悪魔ageha×Happie nuts×I Love mama」の表紙に荒木さやかとともに登場。
実家のある滋賀で新婚生活を送っていたさなかでの登場で、その誌面では妊娠中(9ヶ月)の身体でのヌードいわゆる「マタニティヌード」を披露するなどした。[1]

●「姉ageha」
「姉ageha」誌で活動中の2011年に第二子を妊娠。翌2012年2月発売の同誌3月号でその旨の発表を行っている。[12]

■出典
1.「元agehaモデルのけいこ姫が復活&妊娠報告!マタニティヌードも披露」 2010年11月11日 モデルプレス
2.「Princesses Preen in a Pauper Economy」 2009年2月2日 TIME (英語) ― 「Keiko Mizoe(ケイコ・ミゾエ)」
3.「元小悪魔agehaモデルが結婚!旦那さんを初公開」 2010年6月4日 モデルプレス
4.「第2子妊娠中の人気モデル、長男の名前を公表」 2012年2月16日 モデルプレス
5.「元祖姫系モデル、第2子妊娠を発表 性別も明らかに」 2012年2月8日 モデルプレス
6.「ライフスタイルとしての『小悪魔ageha』と『森ガール』分析」(p.10) 2010年2月20日 松永英明 .review
7.「バイトのとびら:意外!? 超人気ショップ店員の素顔」 2007年9月25日 an(アン)エリア
8.「SmaTIMES || smaSTAION!!:#324」 2009年3月16日 SmaSTATION!!,テレビ朝日
9. 東京カワイイ★TV 2008年4月16日放送・番組ロケスポット紹介ページ
10. ひみつの嵐ちゃん 2008年6月12日放送・放映スポット紹介ページ
11.「小悪魔ageha」 2009年9月号、15頁。
12.「元祖姫系モデル、第2子妊娠を発表 性別も明らかに」 2012年2月8日 ライブドアニュース,モデルプレス

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
けいこを「ウィキペディア」で参照する