クリステン・スチュワート(くりすてんすちゅわーと)

「クリステン・スチュワート」に関連するモデルプレス記事

  1. クリステン・スチュワート、 ゲイの俳優がゲイの役を演じるべきという議論は‥

    VOGUE

  2. クリステン ・スチュワート、新作映画でダイアナ妃役に抜擢

    VOGUE

  3. エマ・ワトソン、史上最大規模の反トランプ・デモへ アリアナ・グランデ、クロエ・グレース・モレッツ、マドンナらセレブが多数参加 すぐにトランプ氏がTwitterで反応

    モデルプレス

  4. クリステン・スチュワート、男性裸像をバックにフォトセッション

    モデルプレス

  5. クリステン・スチュワート、ジェシー・アイゼンバーグとKISS

    モデルプレス

  6. クリステン・スチュワート、元カレに避けられる

    モデルプレス

  7. クリステン・スチュワート、ベネチア国際映画祭でリラックス!?

    モデルプレス

  8. クリステン・スチュワート、ジェシー・アイゼンバーグとキス

    モデルプレス

  9. クリステン・スチュワート、元カレの前で胸元ポロリ

    モデルプレス

  10. クリステン・スチュワート、プレミアで笑顔のワケとは?

    モデルプレス

  11. クリステン・スチュワート、女性と交際?

    モデルプレス

  12. クリステン・スチュワート、共演のニコラス・ホルトは嫌い?

    モデルプレス

  13. クリステン・スチュワート、髪をバッサリ

    モデルプレス

クリステン・スチュワートのプロフィール

クリステン・スチュワート Kristen Stewart

本名 Kristen Jaymes Stewart
生年月日 1990年4月9日(22歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1999年 -

クリステン・スチュワート(Kristen Stewart, 本名: Kristen Jaymes Stewart, 1990年4月9日 ‐ )は、アメリカ合衆国で活動する女優。『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で知られている。また、『パニック・ルーム』、『ザスーラ』、『アドベンチャーランドへようこそ』などにも出演している。

■略歴
・カリフォルニア州ロサンゼルス出身[1]。父親のジョン・スチュワートはFoxのプロデューサー[2]、母親のジュールズ・マン=スチュワートはオーストラリア・サンシャイン・コースト出身の脚本家[3][4][5][6]、兄のキャメロンはサーファー。もう一人養子である兄テイラーがいる[7][8]。

・1999年頃からのテレビドラマの端役に出演していたが、2001年公開の映画『The Safety of Objects』でパトリシア・クラークソンの娘役を演じて映画デビューする。

・2002年公開の『パニック・ルーム』で主演がニコール・キッドマンからジョディ・フォスターに交代したことから、娘役も当初キャスティングされていたヘイデン・パネッティーアからクリステンに代わった。この作品でハリウッド注目の子役となる。

・2008年にはサミット・エンターテイメント配給で、ステファニー・メイヤー原作がベストセラーとなってたヴァンパイアロマンス小説『トワイライト』に主演のベラ・スワン役で、ヴァンパイアのボーイフレンドであるエドワード・カレン役のロバート・パティンソンと共に出演した。映画は1億ドルを超えるヒットとなり、クリステン自身もMTVムービー・アワード女優賞を受賞した。翌年公開の続編も大ヒットとなり、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞した。クリステンは続編の『ニュームーン』、3作目の『エクリプス』など、トワイライト・サーガの全編でベラ役を演じている。

■プライベート
・2004年公開の映画speakで共演した俳優のマイケル・アンガラノと交際していた[9]。 『トワイライト〜初恋〜』をきっかけに共演したロバート・パティンソンと交際したが、2012年に破局、その後復縁した。[10]。

・ダコタ・ファニングと仲がいい。

■資産
・2010年7月、ニューヨーク・マガジンによると、スチュワートはトワイライトの最終章の『The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1』と『The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2 』の2部作でそれぞれ2500万ドル(日本円で約22億5000万円)の出演料が約束されており、作品がヒットすればさらにプラス1600万ドル(日本円で約14億4000万円)を手にすることになるという。ハリウッドにおいて2000万ドル以上の出演料を手にする俳優は「A級リスト俳優」と呼ばれ、ウィル・スミスやトム・クルーズなどの一握りの人物に限られており、若手女優としては異例である[11]。

・2011年2月、ヴァニティ・フェア誌が「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」のランキングを発表し、2010年のギャラが推定で2,850万ドル(日本円で約23億3,700万円)になることがわかった[12]。

・2011年6月、経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2,000万ドル(日本円で約16億円)を稼いで15位にランクインした[13]。

■主な出演作品
邦題・原題/役名/備考

・1999年
The Thirteenth Year/少女

・2000年
The Flintstones in Viva Rock Vegas・輪を投げる少女

・2001年
The Safety of Objects/サム・ジェニングス

・2002年
パニック・ルーム・Panic Room/サラ・アルトマン

・2003年
コールド・クリーク 過去を持つ家・Cold Creek Manor/クリスティン・ティルソン

・2004年
Speak/メリンダ・ソルディーノ
ミッションX・Catch That Kid/マディ
アンダートウ 決死の逃亡・Undertow/リラ

・2005
Fierce People/マヤ・オズボーン
ザスーラ・Zathura/リサ

・2007年
ゴースト・ハウス・The messengers/ジェス・ソロモン
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で・In the Land of Women/ルーシー・ハードウィック
The Cake Eaters/ジョージア
イントゥ・ザ・ワイルド・Into the Wild/トレイシー・タトロ
Cutlass/少女時代のロビン/短編映画

・2008年
ジャンパー・Jumper/ソフィー/カメオ出演
イエロー・ハンカチーフ・Yellow Handkerchief/マルチーヌ
トラブル・イン・ハリウッド・What Just Happened/ゾーイ
トワイライト〜初恋〜・Twilight/ベラ・スワン/MTVムービー・アワード 演技賞、ベスト・キス賞受賞

・2009年
アドベンチャーランドへようこそ・Adventureland/エミリー・“エム”・レウィン
ニュームーン/トワイライト・サーガ・New Moon/ベラ・スワン/英国映画テレビ芸術アカデミーRising Star Award受賞

・2010
ランナウェイズ・The Runaways/ジョーン・ジェット
ロストガール・Welcome to the Rileys/マロリー
エクリプス/トワイライト・サーガ・Eclipse/ベラ・スワン

・2011年
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1・The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 1/ベラ・スワン/カレン

・2012年
スノーホワイト・Snow White and the Huntsman/白雪姫
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2・The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2/ベラ・カレン/MTVムービー・アワード ベスト・キス賞受賞
On the Road/メアリルー

■脚注
[1]“Kristen Stewart Biography – Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com (1990年4月9日). 2010年1月2日閲覧。
[2]“Kristen Stewart”. AskMen.com<!. 2010年1月2日閲覧。
[3]“Kristen Stewart Interview, The Messengers”. Moviesonline.ca. 2010年1月2日閲覧。
[4]Larry Carroll (2008年11月21日). “EXCLUSIVE: 'Twilight' Stars Kristen Stewart & Nikki Reed To Reunite, Play Men In Prison Film 'K-11'”. MTV 2008年11月28日閲覧。
[5]Jules Mann-Stewart
[6]“Kristen Stewart Biography (1990–)”. Filmreference.com. 2010年1月2日閲覧。
[7]Fortini, Amanda (2010年5月5日). “Kristen Stewart: ELLE's June cover girl on relationships, privacy, and her critics”. Elle. 2011年4月23日閲覧。
[8]“Interview from”. Portrait Magazine. 2010年1月2日閲覧。
[9]“Q&A: Twilight's Kristen Stewart”. Vanity Fair. 2012年7月23日閲覧。
[10]Duncan, Amy. “Spotted! Robert Pattinson and Kristen Stewart spark fresh dating rumours”. Metro. 2012年3月9日閲覧。
[11]http://news.walkerplus.com/2010/0709/3/
[12]http://www.cinematoday.jp/page/N0030090
[13]“レディー・ガガ「30歳未満で最も稼いでいるセレブ」のトップに!25歳で年収約72億円-米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2011年6月15日) 2011年6月17日閲覧。

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

クリステン・スチュワートを「ウィキペディア」で参照する