クリステン・スチュワート くりすてんすちゅわーと

「クリステン・スチュワート」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「クリステン・スチュワート」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「クリステン・スチュワート」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

クリステン・スチュワートのプロフィール

クリステン・スチュワート Kristen Stewart

本名 Kristen Jaymes Stewart
生年月日 1990年4月9日(22歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1999年 -

クリステン・スチュワート(Kristen Stewart, 本名: Kristen Jaymes Stewart, 1990年4月9日 ‐ )は、アメリカ合衆国で活動する女優。『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で知られている。また、『パニック・ルーム』、『ザスーラ』、『アドベンチャーランドへようこそ』などにも出演している。

■略歴
・カリフォルニア州ロサンゼルス出身[1]。父親のジョン・スチュワートはFoxのプロデューサー[2]、母親のジュールズ・マン=スチュワートはオーストラリア・サンシャイン・コースト出身の脚本家[3][4][5][6]、兄のキャメロンはサーファー。もう一人養子である兄テイラーがいる[7][8]。

・1999年頃からのテレビドラマの端役に出演していたが、2001年公開の映画『The Safety of Objects』でパトリシア・クラークソンの娘役を演じて映画デビューする。

・2002年公開の『パニック・ルーム』で主演がニコール・キッドマンからジョディ・フォスターに交代したことから、娘役も当初キャスティングされていたヘイデン・パネッティーアからクリステンに代わった。この作品でハリウッド注目の子役となる。

・2008年にはサミット・エンターテイメント配給で、ステファニー・メイヤー原作がベストセラーとなってたヴァンパイアロマンス小説『トワイライト』に主演のベラ・スワン役で、ヴァンパイアのボーイフレンドであるエドワード・カレン役のロバート・パティンソンと共に出演した。映画は1億ドルを超えるヒットとなり、クリステン自身もMTVムービー・アワード女優賞を受賞した。翌年公開の続編も大ヒットとなり、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞した。クリステンは続編の『ニュームーン』、3作目の『エクリプス』など、トワイライト・サーガの全編でベラ役を演じている。

■プライベート
・2004年公開の映画speakで共演した俳優のマイケル・アンガラノと交際していた[9]。 『トワイライト〜初恋〜』をきっかけに共演したロバート・パティンソンと交際したが、2012年に破局、その後復縁した。[10]。

・ダコタ・ファニングと仲がいい。

■資産
・2010年7月、ニューヨーク・マガジンによると、スチュワートはトワイライトの最終章の『The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1』と『The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2 』の2部作でそれぞれ2500万ドル(日本円で約22億5000万円)の出演料が約束されており、作品がヒットすればさらにプラス1600万ドル(日本円で約14億4000万円)を手にすることになるという。ハリウッドにおいて2000万ドル以上の出演料を手にする俳優は「A級リスト俳優」と呼ばれ、ウィル・スミスやトム・クルーズなどの一握りの人物に限られており、若手女優としては異例である[11]。

・2011年2月、ヴァニティ・フェア誌が「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」のランキングを発表し、2010年のギャラが推定で2,850万ドル(日本円で約23億3,700万円)になることがわかった[12]。

・2011年6月、経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2,000万ドル(日本円で約16億円)を稼いで15位にランクインした[13]。

■主な出演作品
邦題・原題/役名/備考

・1999年
The Thirteenth Year/少女

・2000年
The Flintstones in Viva Rock Vegas・輪を投げる少女

・2001年
The Safety of Objects/サム・ジェニングス

・2002年
パニック・ルーム・Panic Room/サラ・アルトマン

・2003年
コールド・クリーク 過去を持つ家・Cold Creek Manor/クリスティン・ティルソン

・2004年
Speak/メリンダ・ソルディーノ
ミッションX・Catch That Kid/マディ
アンダートウ 決死の逃亡・Undertow/リラ

・2005
Fierce People/マヤ・オズボーン
ザスーラ・Zathura/リサ

・2007年
ゴースト・ハウス・The messengers/ジェス・ソロモン
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で・In the Land of Women/ルーシー・ハードウィック
The Cake Eaters/ジョージア
イントゥ・ザ・ワイルド・Into the Wild/トレイシー・タトロ
Cutlass/少女時代のロビン/短編映画

・2008年
ジャンパー・Jumper/ソフィー/カメオ出演
イエロー・ハンカチーフ・Yellow Handkerchief/マルチーヌ
トラブル・イン・ハリウッド・What Just Happened/ゾーイ
トワイライト〜初恋〜・Twilight/ベラ・スワン/MTVムービー・アワード 演技賞、ベスト・キス賞受賞

・2009年
アドベンチャーランドへようこそ・Adventureland/エミリー・“エム”・レウィン
ニュームーン/トワイライト・サーガ・New Moon/ベラ・スワン/英国映画テレビ芸術アカデミーRising Star Award受賞

・2010
ランナウェイズ・The Runaways/ジョーン・ジェット
ロストガール・Welcome to the Rileys/マロリー
エクリプス/トワイライト・サーガ・Eclipse/ベラ・スワン

・2011年
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1・The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 1/ベラ・スワン/カレン

・2012年
スノーホワイト・Snow White and the Huntsman/白雪姫
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2・The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2/ベラ・カレン/MTVムービー・アワード ベスト・キス賞受賞
On the Road/メアリルー

■脚注
[1]“Kristen Stewart Biography – Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com (1990年4月9日). 2010年1月2日閲覧。
[2]“Kristen Stewart”. AskMen.com [3]“Kristen Stewart Interview, The Messengers”. Moviesonline.ca. 2010年1月2日閲覧。
[4]Larry Carroll (2008年11月21日). “EXCLUSIVE: 'Twilight' Stars Kristen Stewart & Nikki Reed To Reunite, Play Men In Prison Film 'K-11'”. MTV 2008年11月28日閲覧。
[5]Jules Mann-Stewart
[6]“Kristen Stewart Biography (1990–)”. Filmreference.com. 2010年1月2日閲覧。
[7]Fortini, Amanda (2010年5月5日). “Kristen Stewart: ELLE's June cover girl on relationships, privacy, and her critics”. Elle. 2011年4月23日閲覧。
[8]“Interview from”. Portrait Magazine. 2010年1月2日閲覧。
[9]“Q&A: Twilight's Kristen Stewart”. Vanity Fair. 2012年7月23日閲覧。
[10]Duncan, Amy. “Spotted! Robert Pattinson and Kristen Stewart spark fresh dating rumours”. Metro. 2012年3月9日閲覧。
[11]http://news.walkerplus.com/2010/0709/3/
[12]http://www.cinematoday.jp/page/N0030090
[13]“レディー・ガガ「30歳未満で最も稼いでいるセレブ」のトップに!25歳で年収約72億円-米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2011年6月15日) 2011年6月17日閲覧。

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
クリステン・スチュワートを「ウィキペディア」で参照する