愛内里菜(あいうちりな)

誕生日:
1980年7月31日
星座:
しし座
記事 プロフィール

愛内里菜の関連リンク

愛内里菜に関する記事

  1. 愛内里菜、再始動発表 デビュー21周年を機に

    モデルプレス

愛内里菜のプロフィール

愛内里菜(あいうち りな)

生年月日:1980年7月31日
血液型:A型

日本の女性歌手、実業家、タレント、元モデル。2021年3月までの歌手名義はR (あーる)。旧称は垣内 りか(かきうち りか)で、それ以前に用いていた旧称と本名は垣内 里佳子(かきうち りかこ)。ドッグブランド「Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)」プロデューサー。

■略歴
GIZA studioが開催した1999年の『SUPER STARLIGHT CONTEST』で所属が決定した。デビュー当初はビーイング代表のKANONJIがプロデューサーを務めたが、途中からセルフプロデュースを中心に活動するようになる。

デビュー当初はトランス系やクラブ・ダンス系の曲が多くカップリングにもリミックス曲取り入れていたが、次第にロックやのバラード作品が中心となった。作曲は、大野愛果、徳永暁人、川島だりあ、輝門など、編曲は尾城九龍、徳永暁人、corin.などが中心である。甲高く透き通った声、高音で良く通る声と言われている一方で、低音域の表現力もある。

バックコーラスはほとんどの曲において、元Mi-keの宇徳敬子をはじめとするビーイング系アーティストが務めているが、愛内が自らバックコーラスを務めることもある。また、ライブではバックバンド"LOVE♠MOTION"を随える。

多くのビーイング系アーティストと同様に、「INTER-D」名義の収録曲以外のオリジナル曲(全146曲)の作詞を自身で行い、衣装選択やライブの舞台設定、サウンドの方向性などあらゆる面で愛内主体による作品づくりがなされ、その作品作りには一貫した姿勢を見ることができる。シングルのカップリング曲の多くが花言葉や色に基づいて描かれていたり、アルバムは互いに呼応しあうタイトル曲とエンド曲が中心となって描かれるといったものであり、セルフプロデュース色を濃く反映している。

■人物
デビュー当初よりヘアメイクやスタイリストなどを自分自身で依頼していた。これはビーイングがスタイリストやヘアメイクを付けないためである。そのためデビュー時に所属していたビーイング(ビル内にお金の階という部署がありそこで毎回衣装を買うためのお金を借りていた)から数百万円の借金をして衣装などを準備。売れなかったらどう借金を返済しようか19歳ながらに考えていた、デビューするまでの1年間は事務所からアルバイトは辞めるように言われていたためデビューしてしばらくはお金に困窮していたが、アーティストとして早い段階で成功し、2枚目のアルバムを出したあとに一気に1000万円が入り借金の返済をした。

2001年6月22日に『ミュージックステーション』に初登場した際、現役女子大生であり、食品生活学科で栄養士の資格を取ると発信している。

2010年の引退後にドッグリフレクソラジストの資格を取得。2012年にドッグブランド「Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)」を起業。犬用のグッズ・アクセサリー・餌などを開発。自身は、商品開発・宣伝活動などプロデュース業を担当。母親が運営統括責任者。妹は個人情報管理担当として家族がサポートしている。

■家族
母、妹が一人おり、デビュー後の初給料の時に洋服をプレゼントした。『Bon Bon Copine』の通販サイトの運営統括責任者を務めていた。
愛犬(プードル)を2匹飼っていて、名前は「パイン」と「リボン」。歌手引退後に開いたドッグブランド「Bon Bon Copine」というブランド名に愛犬の名前(「pine」・「ribbon」)が隠れている。

■交友関係
観月ありさ、三浦翔平、藤井リナ、デビュー前から家族ぐるみの付き合いであるNMB48の植村梓らとの交友がある。
同じくペット用品事業を営むタレントの大原かおりは互いのブログに何度も登場するほど、公私にわたって親交がある。

■R(アール)
2018年アーティスト名を「R」(アール)と改め、ライブハウスでの活動を再始動。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.