塩浦慎理(しおうらしんり)

誕生日:1991年11月26日

「塩浦慎理」に関連するモデルプレス記事

  1. おのののか、第1子妊娠を発表「夫婦で力を合わせて守っていきたい」

    モデルプレス

  2. おのののか&塩浦慎理選手「さんま御殿」で夫婦初共演 結婚指輪披露の2ショット公開

    モデルプレス

  3. おのののか、夫・塩浦慎理選手の好みのタイプ「長谷川潤」に本音

    モデルプレス

  4. おのののか、2ヶ月で-6.5キロダイエット成功 現在の体重も明かす

    モデルプレス

  5. おのののか、お姫様だっこ&キスの熱々ウェディングショット公開「素敵すぎる」と羨望の声

    モデルプレス

  6. おのののか、夫・塩浦慎理選手に1日100回「好き」新婚生活明かす

    モデルプレス

  7. おのののか、夫・競泳リオ五輪代表の塩浦慎理選手と新婚ラブラブショット公開「幸せそう」「可愛い」と反響

    モデルプレス

  8. おのののかと結婚した競泳リオ五輪代表・塩浦慎理選手とは 2019年に日本新記録樹立<プロフィール>

    モデルプレス

  9. 【略歴】おのののか、競泳・塩浦慎理選手と結婚 “美人すぎるビール売り子”から華々しく転身

    モデルプレス

  10. おのののか、競泳リオ五輪代表・塩浦慎理選手との結婚を発表

    モデルプレス

塩浦慎理のプロフィール

塩浦慎理(しおうら・しんり)
生年月日:1991年11月26日
出身地:神奈川県伊勢原市
身長:188cm

日本の競泳選手。2013年世界水泳選手権400mメドレーリレー銅メダリスト。

◆人物

神奈川県伊勢原市出身。2歳で水泳を始め、イトマンスイミングスクール新百合ヶ丘校に入門して泳力鍛錬に励んだ。伊勢原市立山王中学校を経て湘南工科大学附属高等学校に進学する。

高校3年次には平成21年度全国高等学校総合体育大会で男子50m・100m自由形で優勝し、更に全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会(2009年)にて、高校生として初めて50秒を切る49秒85(当時の高校日本記録)のタイムを出して優勝した。

2010年、中央大学に進学する。翌年の2011年には2011年夏季ユニバーシアード(深圳)に出場し、男子50m・100m自由形で3位に入賞し、男子4×100mメドレーリレーではアンカーとして出場、金メダル獲得の立役者になった。

こうした活躍もあり、2012年ロンドンオリンピック出場への期待が膨らんだ矢先の2012年3月に左人差し指を骨折するアクシデントに見舞われ、左手の握力が大幅に落ちるという状況になった。そして迎えた第88回日本選手権水泳競技大会(ロンドンオリンピック代表選考会)では、骨折の影響から本来のスピードに乗れず50m、100m共に3位となりオリンピック代表を逸した。塩浦はその後、水泳から離れた時期があったが周囲の期待を受けていることを身にしみて再起を決めた。

2013年は課題のスタート練習に取り組んだ成果もあり、第89回日本選手権水泳競技大会(2013年世界水泳選手権代表選考会)では男子50m自由形で22秒03の日本新記録を樹立し、世界選手権代表に選出された。

2013年世界水泳選手権(バルセロナ)では、個人男子100mでは予選で48秒52を出して4位通過、準決勝では48秒51を出したが10位になったため、決勝進出を逸した。また男子4×100mフリーリレー3:15.46では第一泳者として出場し、8位で予選を突破すると決勝では3分14秒75で8位入賞となり、4×100mリレーでは五輪・世界選手権を通じて初の入賞となった。最終日の男子4×100mメドレーリレー決勝では入江陵介、北島康介、藤井拓郎の後を受けたアンカーで出場、3分32秒26のタイムで4位に入着したが、第1位入着のアメリカが失格(第一泳者から第二泳者への引き継ぎミス)となった為、繰り上がりで3位となった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

塩浦慎理を「ウィキペディア」で参照する