江頭2:50(えがしらにじごじゅっぷん)

誕生日:
1965年7月1日
星座:
かに座
身長:
178cm
画像 記事 プロフィール

江頭2:50の関連リンク

江頭2:50に関する画像

江頭2:50に関する記事

  1. 江頭2:50、“文春砲”ドッキリでLINE振り返り… 「流出したらまずい」

    Sirabee

  2. 江頭2:50「イノマーロックフェスティバル」ラジオCMナレーションに挑戦

    モデルプレス

  3. なにわ男子、“乱入”江頭2:50とまさかの「初心LOVE」コラボ?

    モデルプレス

  4. 「共演NG」トリンドル玲奈、江頭2:50と11年ぶり共演果たす 事件勃発で再び共演NGに

    モデルプレス

  5. 江頭2:50が復帰後初イベントで打ち明けた「トルコ伝説」

    東スポWeb

  6. 体調不良で休養の江頭2:50、完全復活を報告 感謝の手紙読み上げ涙

    モデルプレス

  7. 活動休止中の江頭2:50、休養期間延長を発表「もう少し休ませてくれ」

    モデルプレス

  8. 体調不良で活動休止中の江頭2:50、現状報告 草なぎ剛ら芸能人からの連絡も明かす

    モデルプレス

  9. 江頭2:50、体調不良で活動休止発表 3日間入院「体にガタがきた」

    モデルプレス

  10. 江頭2:50「関コレ」シークレット登場 宮迫とバトルで“本気ビンタ”お見舞いされる

    モデルプレス

  11. 江頭2:50、A.B.C-Z新曲の作詞担当「これでMステ出ようぜ!紅白も出場だな!」

    モデルプレス

  12. 草なぎ剛&ユースケら「『ぷっ』すま」メンバーがサプライズ 江頭2:50の誕生日祝福

    モデルプレス

  13. 草なぎ剛、“因縁のライバル”江頭2:50からのコラボ呼びかけに反応「新しい一面見せていきましょう」

    モデルプレス

  14. 江頭2:50YouTube、ついに広告審査通る 120万登録突破した快進撃の要因とは?

    モデルプレス

  15. 草なぎ剛、YouTube100万登録突破 “因縁のライバル”江頭2:50と同日達成にネットざわつく

    モデルプレス

  16. 江頭2:50、YouTuberデビューを発表

    モデルプレス

江頭2:50のプロフィール

江頭2:50(えがしらにじごじゅっぷん)

タレント。
生年月日:1965年7月1日
出身地:佐賀県
血液型:B型
身長:178cm

■来歴

1984年佐賀県立神埼高等学校卒業後、九州産業大学経済学部経済学科に入学するも1週間で中退、その後、さまざまな職を転々としていたが、芸人を目指して上京。ビートたけしに弟子入りしようと出待ちするなどしていた。

1988年、求人雑誌で大川興業が人材を募集しているのを知り、自身の勉強を兼ねて大川興業の公演を観に行き、感銘を受けて入ることを決意。試験に合格し大川興業に入社。

ばってん荒川に憧れて芸人を目指したため、デビュー当時は「バッテン江頭」の芸名を名乗っていたが、深夜ラジオ番組内の2時50分台のコーナーで、路上の麻薬売人 と思われるような人等に突撃インタビューをする危険な中継をしていたことから『江頭2:50』と改名した。また、大川興業入社当初は「店頭公開」というコンビを組んでいたが、相方に迫ったところ逃げられてしまった。その後コンタキンテと共に「男同志」というコンビを組み『タモリのボキャブラ天国』等に出演していたが、1997年、コンタキンテが大川興業を退社しフリーとなったためコンビ解消。男同志時代からピン芸人としてソロライブやテレビ出演をしており、現在のスタンスは基本的にピンだが、時々寺田体育の日と組んで「おやじ同志」として活動している。2004年2月に体調を崩し、芸能活動を一時休止。同年9月に復帰。

2018年5月3日、『アメトーーク!』にて『緊急!江頭2:50SP』企画で取り上げられた。

2020年2月1日、YouTubeチャンネル『エガちゃんねる』を開設し、YouTuberデビュー。1年間でのチャンネル登録者数100万人を目標とし、達成できなかった場合はブラジリアンワックスで全身脱毛、達成できた場合は『ぷっ』すまで共演していた草彅剛をゲストとして呼ぶことを宣言しており、開設から4日目、投稿動画2本のみの時点で登録者数50万人を突破。同月6日にサブチャンネル『替えのパンツ』を開設。同月9日にはメインチャンネル登録者数が100万人に到達。開設9日目での登録者数100万人到達は、嵐に次いで日本人歴代2位の記録である。また、100万人を達成した場合にゲストに呼ぼうとしていた草彅のYouTubeチャンネルも、同日に登録者数が100万人を達成した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.