篠原涼子 しのはらりょうこ

「篠原涼子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「篠原涼子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「篠原涼子」に関連するモデルプレス記事


公式サイトやブログへのリンク

篠原涼子のプロフィール

篠原涼子(しのはらりょうこ)
本名 市村涼子(いちむらりょうこ)
生年月日 1973年8月13日
出生地 日本・群馬県桐生市
血液型 B型
活動期間 1990年~
配偶者 市村正親

篠原 涼子(しのはら りょうこ(本名:市村(旧姓 篠原) 涼子)、1973年8月13日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。

群馬県桐生市広沢町出身、桐生第一高等学校中退。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。夫は俳優の市村正親。一児の母である。身長162cm。体重45kg。血液型B型。

■略歴
1989年『高速戦隊ターボレンジャー』(テレビ朝日系)第33話「奪え! 洋平の顔」にて、武蔵野学園の生徒役でゲスト出演した。

1990年4月、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」(TPD)の初代メンバーとして参加し、5月21日「ジャスト・ライク・マジック」をグループ内の3人組ユニット「ゴルビーズ」名義で発売し歌手として芸能界デビュー。初ステージは6月。

1991年12月より、フジテレビのバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演し、様々なコントに挑戦する。ダウンタウンの二人にシバかれる、ほんこんに唇に吸い付かれるなどアイドルでありながら汚れ役も嫌がらない姿勢が人気を博し、タレントとして知名度を得る。

1994年7月、小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義で「恋しさとせつなさと心強さと」(長編アニメーション『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発表、2年越しのロングヒットで売上220万枚を超えるメガヒットとなり、その年の『紅白歌合戦』に出場。

1994年9月、東京パフォーマンスドールを卒業。1995年8月発売の2ndソロアルバムを最後に小室ファミリーも離れ、ソロ歌手としての活動は続けるが、人気とともに売上げは低下し、かつてのようなヒットにはめぐまれず、タレントとしても低迷の時期を過ごしたが、2001年から本格的に女優に移行し、徐々に人気が回復。

2004年に初主演したドラマ『光とともに…〜自閉症児を抱えて〜』(日本テレビ)で自閉症児の母親役を演じた。その後は女優として、『anego』(2005年 日本テレビ)や『アンフェア』(2006年 関西テレビ)などに主演。女優業が中心となる。2005年ドラマ『ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜』の演技が評価され、第31回放送文化基金賞番組部門個別分野出演者賞を受賞。

2006年、『アンフェア』(関西テレビ)に主演。TBS系列初主演作のテレビドラマ『花嫁は厄年ッ!』ではかつてフジテレビのドラマ『マザー&ラヴァー』で共演する予定だった大物女優・岩下志麻と共演。同年の『24時間テレビ』(日本テレビ)でチャリティパーソナリティーを務めた。

2007年、日本テレビ系ドラマ『ハケンの品格』に主演。3月劇場公開の映画『アンフェア the movie』で初の映画主演を務める。同年6月1日、2006年以降の活躍や演技により第44回ギャラクシー賞個人賞を受賞する。

2005年、市村正親と結婚し、2007年11月7日に本人が所属事務所を通して、妊娠4ヶ月であることを発表。2008年5月10日に第一子である長男を出産した[1]。以後はCM出演を中心に活動してきたが、2009年9月に日本テレビ系ドラマ『働くゴン!』でドラマ復帰。また復帰後初のバラエティ番組として『ぐるぐるナインティナイン』の「グルメチキンレース・ゴチになります!」に出演した。そして、2010年5月には「月の恋人〜Moon Lovers〜」で3年振りの連続ドラマ出演する。
人物 [編集]

生家の家族は父親と兄・姉。母親は篠原が2歳の頃に交通事故で亡くなっている。以来、父親の男手ひとつで兄姉とともに育てられる。篠原の得意とする料理も父親から伝授されたもの。そんな環境からか、篠原にはファザコンの一面も見られる。

歌手中森明菜を厚く信奉する後輩タレントの一人としても知られ、デビューのきっかけとなったオーディションではその憧れの中森明菜の「スローモーション」を歌って合格した。

16歳でデビューしてからブレイクするまでは、寿司屋でアルバイトをしていたこともある。これはTPDのプロデュースの一環として事務所からの指示であった面もある。

小室ファミリー・日本の女性歌手のシングルCDで初めてダブルミリオン(200万枚の売り上げ)を記録した歌手でもある(1994年発売の「恋しさと せつなさと 心強さと」)。

演じる役の幅が広く[2]、その演技力が評価され、ザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演女優賞を2度、主演女優賞を4度受賞。
キャラクター [編集]

バラエティ番組などで天然ボケの一面を見せることがあり、バラエティ番組で共演中の中居正広が中指を複雑骨折した時、「それ、突き指?」と言うほど。他にも『空飛ぶグータン』で、井上和香と大阪は暖かかったと話した際に「(大阪は)南の方だから(暖かかった)かな?」と言って、「西じゃないんですか?」と訂正されたり、尾崎豊の楽曲「15の夜」のサビを「すさんだバイクで走り出す〜」と思いっきり間違えて歌ったりしている(本当は「すさんだ」ではなく「盗んだ」)。『ごっつええ感じ』で九九が判らないことや、「鼻」を「身」、「野球」を「屋米」(「米」になった理由は、「球」の「求」の部分を書きたかったとの事)、「芸能人」を「態人」と書くなど、漢字を知らないことも判明した。

また下ネタ好きである。レギュラーを務めていた『空飛ぶグータン』では、三船美佳、仲根かすみと何の恥じらいもなく「アソコってかなり敏感じゃない?」と言ったり、城之内早苗が寮の一人部屋に何故か布団が二つ敷いてあったと語ると「誰か呼び込んで『どうぞ』みたいな?」と発言している(後に城之内は河合その子と相部屋だったと語っている)。また、叶恭子が「早い時はすぐに終わる」と、男と会う時間の話をしていたら何を勘違いしたのか「早いって何が!?」と一人で大騒ぎしだしたりもした。しかし、『ごっつええ感じ』のコントの中で松本人志が連発する下ネタには若干引いており、特に、「キャシィ塚本のお料理教室」のコーナーでは、篠原が「夏になるとものを口に含むのもおっくうになりますよね」と言うと、松本が「普段は含んでるくせにねェ」などと言われ、困惑している様子だった。
その他 [編集]

タモリは篠原を「しのりょう」と呼んでいる。これは人気低迷期に『笑っていいとも!』に出演した際、キムタクに引っかけたジョークでタモリが電話で「よう、しのりょう!」と呼んだことに対して本人が「私は名前で呼ばれるだけで、ニックネームがないのでうれしい」と返答したことが発端となり、出演当日に「アムラー」のように自分も「シノラー」と呼ばれてみたかったのに、そのニックネームを後発デビューの篠原ともえに先に取られてしまったことを相談した結果、タモリから新しいニックネームとして提案されたもの。TPD時代にも「しのりょう」と呼んでいたファンが多かった。

近年では『anego』や『アンフェア』、『ハケンの品格』といった主演ドラマが軒並みヒットするなど、女優としての活動が目立つ。『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した際、木梨憲武に「篠原さんの本業は何ですか?」と聞かれると、「本業は歌手です」と答えているが、事実上、歌手活動は休業中である。しかし、2007年に『僕らの音楽』に登場し、伊藤由奈との対談相手として久しぶりの音楽番組出演となった。
各種好感度調査 [編集]

『ハケンの品格』でのイメージや演技が認められ、2007年2008年明治安田生命、産業能率大学がそれぞれ新入社員に対して行った 「新入社員からみた女性上司の理想像」の第一位に選ばれた。

■出演

■テレビドラマ
・高速戦隊ターボレンジャー「第33話」(1989年10月13日、テレビ朝日)(実質的デビュー作)
・世にも奇妙な物語 秋の特別編『ニュースおじさん』(1991年、フジテレビ)
・映画みたいな恋したい「ヘッドライト」(1991年11月2日、テレビ東京)
・大人は判ってくれない 素晴らしき日曜日(1992年、フジテレビ)
・素顔のままで(1992年4月13日 - 6月29日、フジテレビ)
・NIGHT HEAD(1992年10月8日 - 1993年3月18日、フジテレビ) - 彩子 役
・放課後(1992年10月15日 - 11月12日、フジテレビ、ボクたちのドラマシリーズ)
・三姉妹熱血ジャンケン宣言(1994年、日本テレビ)
・若者のすべて(1994年10月19日 - 12月21日、フジテレビ、水曜劇場) - 沖野里見 役
・輝く季節の中で(1995年4月20日 - 6月29日、フジテレビ、木曜劇場) - 星野明美 役
・彼女と見たい恐い話「真夜中のクラス会」(1995年、福岡放送)
・妊娠ですよ2(1995年10月16日 - 12月11日、関西テレビ)
・ピュア(1996年1月8日 - 3月18日、フジテレビ) - 藤木麻子 役
・ナニワ金融道2(1996年10月8日、フジテレビ) - 三宅律子 役
・竜馬がゆく(1997年1月1日、TBS) - お冴 役
・踊る大捜査線「第2話」(1997年1月14日、フジテレビ) - 佐々木典子 役
o 踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年10月6日)
・みにくいアヒルの子 春休みスペシャル(1997年4月1日、フジテレビ) - 星野梅子 役
・ギフト(1997年4月16日 - 6月25日、フジテレビ) - 秋山千明 役
・ビーチボーイズスペシャル(1998年1月3日、フジテレビ) - 原田泉 役
・きらきらひかる(1998年1月13日 - 3月17日、フジテレビ) - 杉冴子 役
・青の時代(1998年7月3日 - 9月11日、TBS) - 牧野薫 役
・なにさまっ!(1998年10月11日 - 12月20日、TBS) - 園田祐子 役
・元禄繚乱(1999年1月10日 - 12月12日、NHK、大河ドラマ) - 定子 役
・危険な関係 (1999年10月14日 - 12月23日、フジテレビ、木曜劇場) - 若林ちひろ 役
・Gセイバー(G-Saviour) (2000年、テレビ朝日、日米合作) - ヒロインのシンシア・グレーブス役(エヌーカ・ヴァネッサ・オークマ)の吹替版声優
・真夏のクリスマス (2000年10月9日、TBS)- 有希子 役
・北条時宗(2001年1月7日 - 12月9日、NHK) - 時輔の母・讃岐局 役
・カバチタレ!(2001年1月11日 - 3月22日、フジテレビ) - 宮城京子 役
・ムコ殿(2001年4月12日 - 6月28日、フジテレビ) - 新井さつき 役
・早乙女タイフーン(2001年7月7日 - 9月22日、テレビ朝日、土曜ナイトドラマ) - 吉村凪子 役
・時空警察(2001年12月30日、日本テレビ) - 霧山マキエ(巡査部長) 役
・初体験(2002年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 榎本由加里 役
・恋愛偏差値 - 第1章 ”燃え尽きるまで”(2002年7月4日 - 7月25日、フジテレビ) - 橘美穂 役
・HR(2002年10月9日 - 2003年3月23日、フジテレビ) - 淡島涼子 役
・ムコ殿2003(2003年4月17日 - 6月26日、フジテレビ) - 石原西絵 役
・ぼくの魔法使い(2003年4月19日 - 7月5日、日本テレビ) - 町田留美子 役
・ヤンキー母校に帰る(2003年10月10日 - 12月12日、TBS) - 金井志穂 役
・アットホーム・ダッド(2004年4月13日 - 6月29日、関西テレビ) - 山村美紀 役
o アットホーム・ダッド スペシャル(2004年9月28日、関西テレビ)
・光とともに…〜自閉症児を抱えて〜(2004年4月14日 - 6月23日、日本テレビ) - 主演・東幸子 役
・世にも奇妙な物語 秋の特別編「不幸せをあなたに」(2004年、フジテレビ) - 主演・美紗 役
・マザー&ラヴァー(2004年10月5日 - 12月21日、関西テレビ) - 杉浦瞳 役
・ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜(2005年、日本テレビ) - 主演・水沢麻里 役
・anego(2005年4月20日 - 6月22日、日本テレビ) - 主演・野田奈央子 役
o anego〜アネゴspecial〜(2005年12月28日)
・アンフェア(2006年1月10日 - 3月21日、関西テレビ) - 主演・雪平夏見 役
o アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読(2006年10月3日)
・ウーマンズ・アイランド〜彼女たちの選択〜(2006年2月24日、日本テレビ) - 主演・高瀬祐季 役
・花嫁は厄年ッ!(2006年7月6日 - 9月21日、TBS) - 主演・竹富明子 役
・メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜(2006年、毎日放送) - ナビゲーター
・ハケンの品格(2007年1月10日 - 3月14日、日本テレビ) - 主演・大前春子 役
・働くゴン!(2009年9月23日、日本テレビ) - 主演・権俵よし子 役
・月の恋人〜Moon Lovers〜(2010年5月10日 - 、フジテレビ) - 二宮真絵美 役
・黄金の豚 -私たちが払った税金を追え!-(2010年 、日本テレビ) 

■映画
・ジューンブライド 6月19日の花嫁(1998年) - 花田佳代子 役
・ベル・エポック(1998年) - 星野ひとみ 役
・冷静と情熱のあいだ(2001年) - 芽実 役
・RED SHADOW 赤影(2001年) - おりん 役
・Jam Films けん玉(2002年) - 今日子 役
・突入せよ! あさま山荘事件(2002年) - 小雀真理子 役
・陽はまた昇る(2002年) - 柏木夏佳 役
・幸福の鐘(2002年) - 池田千鶴子 役
・下妻物語(2004年) - 桃子の母 役
・姑獲鳥の夏(2005年) - 関口雪絵 役
・THE 有頂天ホテル(2006年) - コールガール ヨーコ 役
・花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(2006年) - 花田寿枝 役
・アンフェア the movie(2007年) - 主演・雪平夏見 役
・魍魎の匣(2007年) - 関口雪絵 役

■舞台
・ハムレット(2001年)- オフィーリア 役 演出:蜷川幸雄
・天保十二年のシェイクスピア(2005年)- お光 / おさち 役 演出:蜷川幸雄

■バラエティ

・CYBER MEME(TVK)
・ヒューヒュー(日本テレビ)ただしスケジュールの都合上途中から番組参加
・ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ)
・森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)1993年4月 - 9月の半年レギュラー
・TVおじゃマンモス(日本テレビ)
・嗚呼!バラ色の珍生!!(日本テレビ)
・金曜玉手箱 → 金之玉手箱(テレビ朝日)
・中居くん温泉H(YTV)
・中居正広の金曜日のスマたちへ(TBS)
・グータン〜自分探しバラエティ〜 → 空飛ぶグータン〜自分探しバラエティ〜(関西テレビ)

■ラジオ
・篠原涼子 感度♥良好!!(ニッポン放送)
・篠原涼子のWILDで行こう(FM東京)(FM大阪)
・泉谷しげると篠原涼子のミュージックバトル! 決戦は日曜日(文化放送)

■CM
・NTT DoCoMo(1992年 - 1995年)
・マンダム、トリーティア ハーブinウオーター(1994年 - 1997年)
・ファミリーマート(1995年 - 1998年)※1991年にもイメージキャラクターに起用されている
・カゴメ、野菜生活100(1996年 - 1997年)
・日本財団(1996年 - 1997年)
・グンゼ、BODY WILD(1998年 - 2000年) 史上初、女性が男性用下着を着用して出演している事で、話題になる。
・日本コカ・コーラ、カナダドライジンジャーエール(2003年 - 2005年)
・武田薬品工業、ハイシーBメイト2(2003年 - 2004年)
・日本郵政公社、ゆうパック(2003年 - 2004年)
・ツムラ、ソフレ(2004年 - 2006年)
・資生堂、MAQuillAGE、マキアージュ(2005年 - 2009年)
・オリックス・クレジット、オリックスVIPローンカード(2006年 - )
・KDDI、メタルプラス電話(2006年 - 2008年)
・UHA味覚糖、e-maのど飴(2006年 - 2007年)
・ローソン(2006年 - 2007年)
・日本コカ・コーラ、アクエリアス アクティブダイエット(2006年 - 2007年)
・ダイハツ工業、Coo(2006年 - 2007年)
・ソニー・コンピュータエンタテインメント、LocoRoco(2006年 - 2007年)
・ワールド、Reflect(洋服ブランド) - イメージモデル(2006年 - 2010年)
・シチズン時計、xC クロスシー- イメージキャラクター(2006年 - )
・ティップネス(2007年)
・au by KDDI au(携帯電話)(2007年 - 2008年)
・ハウス食品、PRIME(PRIMEバーモントカレー&PRIMEジャワカレー)(2007年 - 2009年)
・JTB 『その旅、JTB流』(2007年 - 2008年)
・ボシュロム・ジャパン、ピュアビジョン(2007年 - 2008年)
・ディップ(2007年 - )
・JT、辻利(2007年 - 2008年)
・森永製菓、ダース(2007年 - 2008年)
・森永製菓、粒選りショコラ(2007年 - 2008年)
・中央コーポレーション レジデンス・ザ・千葉ニュータウン中央(2008年)
・ハウスウェルネスフーズ、C1000ビタミンレモン(2009年 - )
・ソニー、BRAVIA(2009年 - )
・エスエス製薬、イブクイック(2009年 - )
・アサヒビール、アサヒストロングオフ(2010年 - )
・資生堂、ELIXIR SUPERIEUR(2010年 - )

■写真集
・篠原涼子ピンぼけ(ソニー・マガジンズ、1995年)
・RYOKO 1996 'et'e(ワニブックス、1996年)

■音楽
シングル
1. 恋はシャンソン 作詞・作曲:N.Scornik・J.P.Bourtayre、日本語詞・編曲:inVoice (1991年1月21日)
   c/w カメレオン・カフェ 作詞・作曲:Angelo La Bionda・Carmelo La Bionda、日本語詞:神野々子、編曲:T.Tashiro-MST

2. スコール 作詞:石嶋由美子・小林徹、作曲・編曲:ゴンザレス三上(1992年7月22日)
   c/w バード 作詞:小林徹、作曲・編曲:ゴンザレス三上

3. Sincerely 作詞:松井五郎、作曲・編曲:中崎英也(1994年2月2日)
   c/w moonlight call 作詞:松井五郎、作曲・編曲:中崎英也

4. 恋しさと せつなさと 心強さと 作詞・作曲・編曲:小室哲哉 (1994年7月21日)篠原涼子 with t.komuro
   c/w GooD-LucK 作詞・作曲・編曲:小室哲哉
     東映『ストリートファイターII MOVIE』主題歌
200万枚を超える大ヒット
ここまでCha-DANCEレーベル

5. もっと もっと… 作詞・作曲:小室哲哉、編曲:小室哲哉・久保こーじ(1995年2月8日)篠原涼子 with t.komuro
マンダム CMソング
   c/w 夏の日 作詞:小室哲哉、作曲・編曲:久保こーじ

6. Lady Generation 作詞・作曲・編曲:小室哲哉 (1995年8月2日)
   ファミリーマートCMソング ※小室哲哉プロデュースはこの作品で終了
   c/w Lady Generation(Club Mix)

7. ダメ! 作詞・作曲:井上陽水、編曲:CHOKKAKU(1995年11月22日)
    c/w Happy Hour 作詞:真間稜、作曲:村松邦男、編曲:松本晃彦

8. 平凡なハッピーじゃ物足りない 作詞・作曲:広瀬香美、編曲:CHOKKAKU(1996年5月22日)
ファミリーマートCMソング
   c/w 黄色いシグナル 作詞:川咲そら、作曲:広瀬香美、編曲:田辺恵二

9. しあわせはそばにある 作詞:秋元康、作曲:寺田一郎、編曲:CHOKKAKU(1996年8月21日)
   c/w 愛が痛いよ 作詞:藤原ようこ、作曲:寺田一郎、編曲:EBBY

10. パーティーをぬけだそう! 忌野清志郎と篠原涼子 作詞・作曲・編曲:忌野清志郎(1996年11月25日)
   c/w クリスマス・モーニング 作詞:忌野清志郎・篠原涼子、作曲・編曲:忌野清志郎
   c/w つらい恋とカプチーノ 作詞・作曲:忌野清志郎・篠原涼子、編曲:忌野清志郎

11. Goodbye Baby 作詞:松井五郎、作曲・編曲:小森田実(1997年7月1日)
   c/w Destiny 作詞・作曲:篠原涼子、編曲:朝本浩文、コーラスアレンジ:佐々木久美

12. BLOW UP 作詞:KOHEY・松井五郎、作曲・編曲:KOHEY (1998年4月22日)
   グンゼ BODY WILD CMソング
   c/w Talk to myself 作詞:篠原涼子、作曲・編曲:朝本浩文

13. a place in the sun 作詞:前田たかひろ、作曲:上田知華、編曲:水島康貴(1998年10月1日)
   映画『ベル・エポック』主題歌
   c/w a place in the sun(Movie Version)
ここまでエピックレーベル

14. リズムとルール 作詞:鈴木祥子、作曲:L.SOUL、編曲:村山晋一郎・村田陽一(2000年3月8日)
   テレビ朝日ドラマ『おばあちゃま、壊れちゃったの?』主題歌
   c/w 夜空に隠して 作詞:篠原涼子、作曲・編曲:キハラ龍太郎

15. someday somewhere 作詞:篠原涼子、作曲: 日下賢司、編曲:中野定博(2001年8月22日)
   テレビ朝日ドラマ『早乙女タイフーン』挿入歌
   c/w i love b 作詞:H.U.B.、作曲: 日下賢司、編曲:大川達之
   c/w someday somewhere (ultra bossa mix)

16. Time of GOLD 椎名純平 with 篠原涼子(2003年5月21日)
   カナダドライ ジンジャーエール CMソング

アルバム
・Ryoko from Tokyo Performance Doll (1993年1月15日)
・Lady Generation 〜淑女の世代〜 (1995年8月21日)オリコン1位
・Sweets‐Best of Ryoko Shinohara‐(1997年11月1日)EPICソニー時代のベスト版

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
篠原涼子を「ウィキペディア」で参照する