ニコール・リッチー にこーるりっちー

「ニコール・リッチー」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「ニコール・リッチー」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「ニコール・リッチー」に関連するモデルプレス記事


ニコール・リッチーのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

ニコール・リッチーのプロフィール

ニコール・リッチー
Nicole Richie
本名:ニコール・カミーユ・リッチー、Nicole Camille Richie
出身 カリフォルニア州バークレー出身
生年月日 1981年9月21日
身長 身長155cm[1]
アメリカ合衆国のモデル、タレント、女優。

ゴシップ誌、WEBを中心にその行動、言動、ファッションが常に注目されるセレブの1人。特に、ニコールは身長の低いことを欠点とせず、一般人に親近感を持たせるプライベートファッションのセンスが世界中から注目され、今や世界一のファッションアイコンになっている。

■ファッションブランド
◇「House of Harlow 1960(ハウスオブハーロウ)」
愛娘のハーロウちゃんと、自身が影響を受けている1960代のファッションが名前の由来。デザインはニコールがすべて担当し、アメリカの老舗ジュエリーメーカー「Mouawad」が生産しているため、リーズナブルなのにクオリティーが高く、売切れが続出するほどの人気を誇っている。日本では、オンリーショップの渋谷パルコ店ほか、kitson Japanなどで入手可能。

◇「Winter Kate(ウィンター・ケイト)」
アクセサリーブランドに続き、愛娘のハーロウちゃんのミドルネームが名前の由来。今春がファーストコレクションの今季は、マキシワンピ、着物トップス、ワンピースが充実。日本では、BEAMS、伊勢丹、ロン・ハーマン、kitson Japanなどで入手可能。

■略歴
3歳でライオネル・リッチーとその妻ブレンダ・ハーヴェイ・リッチーの元に引き取られ、9歳で正式に養女となる。養父について、「顔もでっかいけど、心もでっかいのよ!」と発言している。

実父はピート・エスコヴェード(シーラ・Eの兄)であるという噂があったが、ニコール自身は否定している[2]。本当の父親はライオネル・リッチーのバンドのドラムを担当していたメンバーで、実母は舞台スタッフだという[3]。

通っていた金持ち学校・バックリースクールでパリス・ヒルトンと出会い、友人となる。ティーンエイジャー時代はとにかく派手な遊び好きとして名をはせていたらしい。高校卒業後はアリゾナ大学に進むが2年で退学。

2003年に薬物不法所持と無免許運転で逮捕され、薬物更生プログラムへの参加が判決で言い渡された。

同年にFOXチャンネルの人気リアリティ番組「シンプル・ライフ」で親友であったパリス・ヒルトンの妹・ニッキー・ヒルトンの代役として登場。人気を博し、一躍スターに。ファッションリーダーとしても注目され、ファッション誌にスナップ写真が掲載されることもある。一方で、ゴシップ誌に登場することも多い。

その後も映画やテレビ番組に出演する一方、歌手としてデビューする準備を進めているとの発表がおこなわれたが、2006年にリリース予定を告知された彼女のアルバムは現在に至るまで発売されていない。また、2005年に半自伝的内容の小説『ダイヤモンドの真実』を刊行した。

2005年2月にアダム・ゴールドスタイン(DJ AM)と婚約するも、同年12月に婚約破棄を発表。

2006年12月11日、マリファナを吸い高速道路を飲酒運転で逆走している所を警察に発見され、逮捕された。

DJ AMと別れた後は、幼なじみのブロディ・ジェナーと親しくした時期もあったが、その後ヒラリー・ダフの元カレでグッド・シャーロットのメンバー、ジョエル・マッデンと付き合い、婚約。[4]。

2007年7月27日、薬物中毒での運転をした罪の公判がカリフォルニア州の地方裁判所で行われ、禁固4日の判決が言い渡された。

2008年1月11日に第一子となる女の子を出産。2920グラム。子供の名前は「ハーロウ・ウィンター・ケイト・マッデン」。

2009年9月9日に第2子となる3503.8グラムの男の子を出産。子供の名前は「スパロウ・ジェイムズ・ミッドナイト・マデン」(Sparrow James Midnight Madden)

■健康問題
元々ぽっちゃりした体型で、痩せ型のパリス・ヒルトンと並ぶとより太って見えたことから、彼女はパリスの引き立て役とよく 言われていた。

ダイエットで一時期激痩せし、健康面を懸念する人達が絶えなかった。だが専門家の力をかり、順調にリハビリを続け、現在はふっくらした健康的な体型に戻った。

ニコールが激痩せした原因の1つにスタイリストのレイチェル・ゾーが関係している。このスタイリストは、担当したセレブを痩せさせる為に手段を選ばない人として知られており、彼女が担当したセレブは皆痩せている(ミーシャ・バートン、リンジー・ローハン、キーラ・ナイトレイなど)。

ハリウッドにおける痩せ身の讃歌の風潮も一因であるが、ニコールは「彼女は、私によくない影響を与える」とレイチェルを解雇した。

メタンフェタミン(覚醒剤)中毒者であるとの噂がこのスタイリストにはあり、ローハンやリッチーの異様な痩せ方の原因もそこにあるのではないかと疑われることがある。[5]

■脚注
[1]Nicole Richie - Biography - IMDb
[2]November 2005 issue of Jane magazine.
[3]April 2006 issue of Tatler magazine
[4]Us Exclusive: Richie's Vicodin Defense US online 2006年12月13日
[5]レイチェル・ゾー

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
ニコール・リッチーを「ウィキペディア」で参照する