平成ノブシコブシ へいせいのぶしこぶし

「平成ノブシコブシ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「平成ノブシコブシ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「平成ノブシコブシ」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

平成ノブシコブシのプロフィール

平成ノブシコブシ(へいせいノブシコブシ)は、吉村崇と徳井健太によるお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。若手ユニット「ラ・ゴリスターズ」の一員である。東京NSC5期生。2000年結成。略称ノブコブ。旧名コブシトザンギ。

■メンバー

徳井 健太(とくい けんた、1980年9月16日)
ツッコミ担当(たまにボケ)。立ち位置は向かって右。
血液型A型、身長172cm、体重75kg。
北海道野付郡別海町出身(実際の出身地は千葉県)、北海道別海高等学校卒業。

吉村 崇(よしむら たかし、1980年7月9日)
ボケ(たまにツッコミ)・ネタ作り担当。立ち位置は向かって左。
血液型A型、身長175cm、体重67kg。
北海道札幌市西区出身。北海道札幌手稲高等学校卒業。

■来歴
2000年、東京NSC5期生であった吉村と徳井によって結成。コンビ結成まで吉村は7回(「キャンディキャンディ」「チャームポイント」等)、徳井は4回(「トムソンガゼル」「ドラッガ」等)違うコンビを組んだがいずれも解散。徳井曰く、「ドラッガ」時代は消したい過去とのこと。また、吉村は遠山大輔(現・グランジ)を誘うが断られたことがあると語っている。

2005年、『お笑い登龍門』によく出ていたハイキングウォーキング・ピース・イシバシハザマとともにラ・ゴリスターズを結成。当時は男前コンビと呼ばれていた。

2006年3月に『やりすぎコージー』に出演し、脇で音楽を鳴らす吉村の芸が注目される。同年7月、ルミネtheよしもとで行われた単独ライブ「御コント」はチケット発売開始から5分で完売(約500席)。“1じ3じ”、“7じ9じ”に出演したことのないコンビがルミネで単独を行ったのはルミネ史上初。M-1グランプリ2006にて準決勝進出。

2007年3月に放送作家・福田雄一と元ジョビジョバリーダー・マギーらと組んだコントユニットで『U-1グランプリ』に出演。同年7月、新宿シアターアプルにて、単独ライブ「御コント」を行う。約700席のチケットが即完売。

2008年、『笑いの万博』の第1回「即戦力王決定戦」で優勝。

2010年9月28日をもってAGE AGE LIVEを卒業。同年『(株)世界衝撃映像社』の「ホームステイin部族」ロケ企画にて、平然と虫を食べたりする徳井のキャラクターが注目を集めてブレイク。『ピカルの定理』のレギュラーにも抜擢され、一般に広く認知されるようになる。

芸人になるきっかけ
徳井はもともと料理人になろうと思っていたが、高校の時のクラスメートに「徳井君は料理人より芸人になったほうがいいよ」と言われ、それを真に受けて芸人を目指すことになった。

吉村は高校生時代にお笑いの番組の影響で芸人を目指すことになった。初めは軽い気持ちだったが、上京する時に育ての親である祖母に「俺はばあちゃんが嫌いだから東京に行くんだ」と言ってしまい、その1ヶ月後に祖母が急死してしまったため、芸人を辞めることができなくなったと語っている。

芸風
漫才とコントともに行う。ネタ作りは主に吉村が担当する。「破天荒キャラ」を名乗る吉村がハイテンションで型破りな振る舞いを見せるのが特徴で、ネタの途中にシャツを破る、飛び跳ねるなど大胆な行動に出ることがある。

漫才では豪快なシチュエーションを吉村が実践しながらボケて徳井が振り回される事が多いが、徳井が徐々に吉村の行動を邪魔してボケとツッコミが入れ替わるパターンもある。ネタ中に客いじりをすることがある。ショートコントでは吉村が先輩役、徳井が後輩役の設定で、シーツを畳めずに喧嘩する二人や、短すぎるゴールテープを持つなどシュールなものが多い。

出囃子
ケニー・ロギンス「Danger Zone」 (映画トップガンのテーマ曲)

コンビ名
結成当初のコンビ名は「コブシトザンギ」であった。「コブシ」は「拳を上げる」。「ザンギ」は北海道弁で「唐揚げ」という意味(厳密には多少異なる)。しかし画数による運勢が凶だったため、2004年にアシスタントとして出演していたヨシモトファンダンゴTVの番組『ワイ!ワイ!ワイ!』で視聴者公募により改名。だが、現在の「平成ノブシコブシ」は大凶である。それでも、本人たちは気に入っている。

「平成ノブシコブシ」の名付け親は同じ北海道出身のお笑いコンビタカアンドトシで、漫才師のような名前が良いだろうと言うことで命名した。

その他エピソード
二人とも北海道出身(徳井は自称)だが、出会いは地元ではなくNSCである。NSC卒業後に、吉村が徳井に電話をかけてコンビに誘った。吉村曰く、NSC時代の余りもの同士で組んだとのこと。当時徳井は「NSCの同期の中で吉村が一番面白い」と思っており、その吉村からコンビ結成を電話で誘われた時には内心大喜びだったが、吉村にはあまり良く伝わっていなかった。

徳井は同郷の同級生コンビでやりたかったという理由で6年間千葉県出身だということを隠していた。2006年に徳井は結婚し、すぐに子どもが誕生したが、そのことをしばらく吉村に報告しなかった。徳井曰く、話すタイミングがなかったと言い、海外ロケ中に突然報告する形になった。 また、徳井は両親が離婚し、一時苗字が変わっていたがそのことも吉村には黙っていた。

2012年10月16日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系列)内で40代芸人7人(いとうあさこ、東貴博、土田晃之、飯尾和樹(ずん)、出川哲朗、ノッチ(デンジャラス)、X-GUN)に「今、面白いと思う芸人」というアンケートを取ったところ、1位に平成ノブシコブシがランクインした。

■出演番組

テレビ番組
レギュラー番組

SKE48 むすびのイチバン!(2017年4月25日- 東海テレビ)MC
爆報!THE フライデー(TBS)準レギュラー
アッコにおまかせ!(TBS)準レギュラー

不定期出演
出没!アド街ック天国(テレビ東京)
アカデミーナイトG(TBS)
さんまのお笑い向上委員会(フジテレビ)
特番・単発
雨上がり決死隊のお笑い男塾08夏~AGEAGE芸人育成システムから~(2008年7月5日)
平成ノブシコブシの帰省なうスペシャル 2014(2014年3月8日、HTB)MC
前説王(2011年2月3日 yber-shotケータイS006、2011年8月30日ロッテアイス、2012年2月7日アンファー)
明石家さんまのずっとあなたが好きだった!(2011年8月25日、2012年5月31日、TBS)
芸能人格付けチェック 大予選会(2012年1月1日、2013年1月1日、2014年1月1日、2018年1月1日、テレビ朝日)
ノブコブの顔パスで行こう!!(2015年3月8日、HBC) MC
メイド イン ホッカイドウ~どさんこが日本を支えてる?(2015年08月16日、2016年2月27日、7月30日、2017年2月26日、7月30日、2018年3月3日、HBC)
芸能人が人気商品を○○してみた!~まだ間に合う!マル得お買い物SP~(2017年10月28日、TBS)
ノブコブの平成キニナルリサーチ(2016年 - 、静岡放送)MC

過去のレギュラー番組
ヨシモト∞ 木曜日第一部(- 2007年3月、ヨシモトファンダンゴTV )- 準レギュラー
ワイ!ワイ!ワイ!( - 2004年9月、ヨシモトファンダンゴTV)- 一期アシスタント
コンバット(2007年10月 - 2008年4月)
(株)世界衝撃映像社 - 準レギュラー
ハロモニ@(あかチン国王:吉村、キャベツ大臣:徳井)MC
ぶちぬき(火曜日天の声)
音笑!MMM(Midnight Multi Media)
サタデー・ナイト・ライブ JPN
ドッカ~ン!(吉村はガスマスク先生として出演)
鬼のワラ塾 - 準レギュラー
はねるのトびら - 準レギュラー
ピカルの定理(2010年10月20日 - 2013年9月4日、フジテレビ)
平成ノブシコブシのヨルオシ!(HTB)MC
なかよしテレビ 初期レギュラー 日本側VTRナレーション
ハーフタイム(2013年4月1日 - 9月26日、東京MXテレビ)- 月曜担当レギュラー
バイキング(火曜レギュラー:2014年4月1日 - 2015年3月24日、専属レポーター:2015年3月31日- 2015年11月10日)
自動車冒険隊(2015年10月 - 2016年3月、東京MXテレビ) - 隊員
ノブコブのスマイルお届け隊(2016年1月8日 - 6月24日、仙台放送)MC
平成ノブシコブシの破天荒試し!!~勝つまで終われない破天荒大決戦~(2016年12月2日- 12月23日 全4回、HBC)MC
平成ノブシコブシの破天荒試し!!~お悩み相談ラップだべ!~(2017年4月17日 - 5月1日 全3回、HBC)MC
お願い!ランキング(2017年1月13日 - 3月16日、テレビ朝日 )- 木曜深夜レギュラー
ネクストブレイク『○○の変』(2017年7月9日 - 7月29日、日本テレビ)

ネタ番組
爆笑オンエアバトル戦績2勝2敗 最高421KB
オンバト+戦績1勝1敗 最高445KB
平成18年度 NHK新人演芸大賞 演芸部門(2006年11月26日)
BSふれあいステージ~爆笑最前線(BS2)
エンタの神様キャッチコピーは「戦笑のラスト侍」
笑いの万博~即戦力王決定戦~
大笑点
笑殿
ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円(2008年6月7日 - )『ゴールドラッシュ』で3週勝ち抜き、イロモネア出場権獲得。
オールザッツ漫才 2006'nRoll
お笑い登龍門
爆笑レッドカーペット、爆笑ピンクカーペット キャッチコピーは「破天荒侍」
お笑いDynamite!(2007年12月29日)キャッチコピーは「現代が生んだ自由奔放コント」
あらびき団(ライト東野にコンバットに出演している事を触れられて「エリートだ」と言われた。また、吉村は『ララピポ』のキャプテンボニータの格好をして出演したこともある。)
UWASAのネタ(2017年6月21日)

不定期出演
インターネット配信
平成ノブシコブシの破天荒ダメだし!(GyaOジョッキー、- 2008年3月)MC
カンニングの恋愛中毒(GYAO!)
ノブコブとゼブラエンジェルのキュイン×2バラエティ(2012年1月12日 - 2013年4月25日 毎週木曜日配信)MC
ゼブラエンジェル&ノブコブのキュイ生(2012年7月3日 - 2013年4月9日 不定期、ニコニコ生放送)MC
特攻フルスインガー(2017年8月11日 - 10月6日、amazonプライム)- レギュラー
フジモンが芸能界から干される前に平成ノブシコブシがやりたい10のこと #41モン(2017年7月12日、AbemaTV)
特別番組「3日目AbemaボートTVSGチャレンジカップ優勝戦 予想バトルで勝つのは?」(2017年11月26日、AbemaTV)MC
ウルトラゲームスpresents エンドレス・マリオメーカー(2018年1月22日、AbemaTV・ウルトラゲームスチャンネル)MC[10]
安室奈美恵ファッション総選挙 FASHION MOVIE BEST 50(2018年9月9日、AbemaTV)[11]
ラジオ番組
平成ノブシコブシの御レディオ(2007年10月6日 - 2008年3月26日、文化放送制作)- 第5期水曜日
まだまだゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~(2011年4月16日 - 2014年3月29日、MBSラジオ)
オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~(2014年4月5日 - 、MBSラジオ) - 吉村のみ2014年4月19日から2018年4月14日まで隔週出演
平成ノブシコブシ 魂のコブシ!!(2016年7月2日 - 、土曜日 21:00 - 21:30、AIR-G' FM北海道 80.4)

CM
リクルート「タウンワーク」お仕事カーテン
大塚製薬「オロナミンC」出社編(エキストラ)
ネクスト「HOME'S」ズバッと検索
富士重工業「SUBARU(スバル)」試乗CP
DVD
ペルソネル活動3、4(ゲスト出演)(2006年6月14日・2006年9月13日発売 アールアンドシー)
U-1グランプリ CASE 01『取調室』(2007年8月17日発売 ポニーキャニオン)
ハッピーな片想い(2008年4月23日発売 よしもとR&C)
ルミネ the よしもと~業界イチの青田買い 2008夏~(2008年7月23日発売 よしもとR&C)
笑いの万博(2008年12月24日発売 よしもとR&C)
戦え!!キャプテンボニータ(2009年01月21日発売 よしもとR&C)
ダイナマイト関西2008 (2009年2月11日発売 よしもとR&C)
鬼のワラ塾 赤・黒 (2009年10月7日発売 よしもとR&C)
ラ★ゴリスターズDVD'09(2010年2月14日発売 よしもとR&C)
御コント~今宵の主役はどっちだ~(2010年10月20日発売 よしもとR&C)
御コント~徳井健太が滅!~(2012年8月29日発売 よしもとR&C)

映画
YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 #037 鉄と生きて
ラブポリス ~ニート達の挽歌~(2012年2月25日公開)
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年10月28日公開・吹き替え)
ネオン蝶・第2幕(2013年6月12日公開)第3幕・第4幕(DVD・BDのみ)
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒(2013年7月13日公開・声優)

PV
音速ライン「打ち上げ花火」
ロビン・シック×平成ノブシコブシ「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪~"俺たちツイてるぜ"ヴァ―ション」(2013年)
AKB48「しあわせを分けなさい」(2016年) - 新郎役:吉村、新郎の友人役:徳井
雑誌
お笑いポポロ 2008年2月号(Vol.22)、2008年5月号(Vol.23)、2008年8月号(Vol.24)、2008年11月号(Vol.25)、2009年2月号(Vol.26)、2009年5月号(Vol.27)、2009年8月号(Vol.28)
お笑いTVLIFE Vol.1、Vol.2
お笑いタイフーン! vol.10
Uchiran Vol.2
Kindai
Zipper 10月号
お笑い男子校

連載
Wink Up(ワニブックス)
Magalry(マガリー)「平成ノブシコブシの切腹トーク」(2013年4月5日- 毎週金曜日更新)
単独ライブ
2005年2月16日 - 初単独ライブ『御コント』(渋谷シアターD)
2005年8月15日 - 単独ライブ『御コント』(新宿シアターモリエール)
2005年10月15日 - 漫才ライブ『ノブシコブシが150トン』(シアターブラッツ)
2006年2月15日 - 単独ライブ『徳井vs吉村、売れないのはお前のせいだ!否、お前のせいだ!責任転嫁ライブ』(恵比寿エコー劇場)
2006年4月2日 - 平成ノブシコブシトークライブ『春闘』(渋谷シアターD)
2006年7月29日 - 単独ライブ『御コント』(ルミネtheよしもと)
2006年11月20日 - HNKラジオ第2(渋谷eggman)
2007年1月22日 - HNKラジオ第2(渋谷eggman)
2007年2月9日 - 単独ライブ『ノブシコブシvsNSC在学生』(恵比寿エコー劇場)
2007年3月26日 - HNKラジオ第2(渋谷eggman)
2007年7月30日 - 単独ライブ『御コント』(シアターアプル)
2008年10月25日・26日 - 単独ライブ『御コント』(ルミネtheよしもと)
2008年12月24日 - 単独ライブ『御コント』追加公演(草月ホール)
2009年1月13日 - 平成ノブシコブシ大劇場(ラフォーレミュージアム)
2010年7月21日 - 単独ライブ『御コント~今宵の主役はどっちだ~』(赤坂BLITZ)
2011年8月7日 - 『平成ノブシコブシの310分漫才』(品川よしもとプリンスシアター)
2012年5月13日 - 単独ライブ『御コント~徳井健太が滅!~』  (東京・大阪・札幌・京都)四都市での公演

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
平成ノブシコブシを「ウィキペディア」で参照する