ぱいぱいでか美 ぱいぱいでかみ

「ぱいぱいでか美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「ぱいぱいでか美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「ぱいぱいでか美」に関連するモデルプレス記事

ぱいぱいでか美のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

ぱいぱいでか美のプロフィール

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ)

生年月日:1991年5月3日
血液型:O型
出身地:三重県

タレント。本名、仲井 優希(なかい ゆき)
ライブを中心にDJや司会業などを行う。また、音楽ユニット・APOKALIPPPSのメンバー(プレイングマネージャー)でもある。

■来歴
小さい頃からハロー!プロジェクトの楽曲に親しみ、中学3年の頃から歌手になることに憧れていた[5]。
高校は進学校(三重県立津高等学校)であったが、歌手になる夢を諦めきれず、親の許可を得て専門学校への進学を決意する。
2010年、19歳の時に専門学校に進学するために上京。
音楽系の専門学校で同じキャンパスにある大学[どこ?]のサークルに加入し、サークルの先輩とバンド活動を始める。
バンドではキーボードとボーカルを務めた。2012年12月12日にバンドが解散、その後はソロ活動を開始する。
本人はバンド活動の継続を望んでいたが、先輩がパチンコにはまってしまい、やむを得ず解散した[5]。
解散してすぐの12月15日にソロライブで弾き語りを披露したものの、自身にはむいていないと判断、踊りに転向する。
インディーズとしての活動を続け、コアなファンを獲得していった。

2014年5月31日、大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」を発表。ジャケットには自身のヌード写真を採用した。
6月25日、デビューアルバム「レッツドリーム小学校」をリリース。
これに合わせてタワーレコード新宿店のオリジナル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボレーションポスター第57弾に登場、
発売前日の6月24日から日本全国の9店舗にポスターが掲出される。7月10日には同店で発売記念イベントが開催される。
「NO MUSIC, NO IDOL?」への登場で注目度が急上昇し、検索エンジンでのヒット数が300万に達した。

2016年4月20日〜5月8日、避妊やエイズを含む性感染症予防に有効なコンドーム利用啓発のための、
ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン・キャンペーンアンバサダーに就任する。

2017年8月、西井万理那を中心とするユニット・APOKALIPPPSに加入、「プレイングマネージャー」として活動。

2017年10月20日、初のイメージDVD「STAY GOLD」(竹書房)をリリースした。

2018年9月12日、吉川友とのユニット「吉川友にぱいぱいでか美」を結成、「最高のオンナ」を配信開始

■メディア
・テレビ
有吉反省会(2014年8月10日 - 、日本テレビ) - 不定期出演
柔道LOVE(2015年11月17日 - 12月1日、テレビ東京)
ぱいぱいでか美XJUDO 柔道衣でせいかつしてみた
第66回NHK紅白歌合戦(2015年12月31日、NHK総合テレビ) - ゲスの極み乙女。のバックコーラスとして出演
笑神様は真夜中に…(2016年1月1日 23時15分〜、日本テレビ) ※「笑神様は突然に…」特別番組 [24]
ケンコバのバコバコテレビ(2016年1月15日 25時15分〜、サンテレビ)
360°まる見え!VRアイドル水泳大会(2017年4月25日、フジテレビ)[25]
深夜に発見!新shock感〜一度おためしください〜(2018年4月14日、テレビ東京)
・ラジオ
恋汐りんごとぱいぱいでか美の「ぱいはわラジオ」(2016年3月2日 - 、毎週木曜正午更新、Podcast)[26]
映画
AMERICAN TANKTOP MANIA(2015年9月13日静岡Freakyshowにて初上映 、村長の娘(ヒロイン)役)[27]
WEB
ぱいぱいでか美のパンティーライン(2016年1月4日 - 、毎週月曜更新、SANSPO.COM)[28]
DTテレビ(2018年1月5日 - 、AbemaTV)不定期出演
おぎやはぎの「ブス」テレビ(AbemaTV)不定期出演
・映像作品
ゲスの極み乙女。 4th Single「オトナチック/無垢な季節」初回限定盤DVD(2015年10月14日発売)
ゲスの極み乙女。 2nd Album「両成敗」初回限定盤DVD(2016年1月13日発売)
爺-POP PV(2016年3月11日公開)[29]
イメージDVD「STAY GOLD」(竹書房、2017年10月20日発売)
・連載
ぱいぱいでか美のパンティーライン(2016年12月12日 - 、SANSPO.COM)
ディスコグラフィー
・シングル
1st PAINPU (2014年5月31日、PINK RECORDS)[30]

PAINPU
プレイリードッグ
PAINPU (大森靖子ver.)
プレイリードッグ (大森靖子ver.)
東京イメージトレーニング許可局 (2015年12月16日、SPACE SHOWER MUSIC)

私の名前を呼んでください! (作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA)
タイムカプセル (作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA)
NICE MUSIC MUST PURE (作詞、作曲:でか美 編曲:里本あすか)
大学 (作詞、作曲:でか美 編曲:四本拓也)
※通常盤(XQFL-1034)と初回限定盤(XQFL-91012、イメージトレーニングDVD付属)の2種類がある[31]。

PPDKM / 桃色の人生! (2017年4月5日、SPACE SHOWER MUSIC)

PPDKM (作詞、作曲、編曲:E TICKET PRODUCTION)
桃色の人生! (作詞、作曲:でか美 編曲:ミナミトモヤ)
言いたいことはありません (作詞、作曲:でか美 編曲:KM_BONELAB)
※通常盤(XQFL-1035)と初回限定盤(XQFL-91013、DVD付属)の2種類がある。

・アルバム
1st レッツドリーム小学校 (2014年6月25日、My Best! Records)[32]

acid π slash(intro)
少年
トキメキ蟻地獄
明日から
ぼくがおっぱい大きくしてあげる
ノルマ3億年
コマーシャル・スーサイド
さようなら
long vacation
わたくしばし 〜でか美とほりぼうの横浜ツンツン節〜
acid π slash

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ぱいぱいでか美を「ウィキペディア」で参照する