sumika すみか

「sumika」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「sumika」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「sumika」に関連するモデルプレス記事

sumikaのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

sumikaのプロフィール

sumika(すみか)

4人組バンド。

■概要
sumikaは通常のバンド形態、sumika[camp session]はアコースティック形態のことを指す。ライブは毎回ゲストを入れて行われ、音楽家以外にも 映像作家、写真家、絵描き、建築家、陶芸家、彫刻家、詩人など様々な芸術家と共に作品を制作するという方針をとっている。

ロックとポップを融合した音楽を作り出している。

■メンバー
・片岡 健太(かたおか・けんた)
9月30日生まれ。ボーカル、ギター及びほぼ全ての曲の作詞作曲を担当。
神奈川県川崎市出身。
公式プロフィールに「安いアイスが好き」とあるが、2015年の休養中に乳製品を受け付けない体質であることが判明した。
メインギターはPsychederhythmのオーダーメイド“Psychocaster Custom #004”。
義兄はダーリンハニーの吉川正洋[1]。
2017年1月号より「音楽と人」にて連載執筆中。
2017年10月より1年間 隔週日曜日(22時〜24時)FM802 “MusicFreaks”を担当。『こたつでポン』『ベッドでゴロン』のコーナーでリスナーと生電話するコーナーが人気。他に『これお前好きちゃうか?』などがある。2018年6月17日放送では、アコースティック生ライブを行い、リスナーから選曲された “Amber” と “リグレット” を生披露。(Twitterで投票。他に父の日ということもあり、 “リフレイン” “その他” が選択できた。)

・荒井 智之(あらい・ともゆき)
12月30日生まれ。ドラムス担当。
神奈川県川崎市出身。
幼少期に通っていたマリンバ教室にあった、ドラムセットに興味を持ち、ドラムをはじめる。
2003年3月26日、渋谷CLUB QUATTROに10FEET / ELLEGARDEN のライブを観に行った際、片岡と出会い、前身バンドに加入。
EMPTYサポートドラマー。
通称“バロン”。aikoの大ファン。

・黒田 隼之介(くろだ・じゅんのすけ)
6月10日生まれ。ギター、コーラス担当。
神奈川県川崎市出身。
元White Crowメンバーで、2012年1月前身バンドに加入。
愛称はじゅんちゃん。
「今日のアライさん」というタイトルで荒井の写真を日々Twitterに投稿している。
さよなら劇場池袋サポートギタリストほか、SUPER BEAVERのGt.柳沢の入院中、サポートギタリストとしてライブに参加している。
天然パーマである。

・小川 貴之(おがわ・たかゆき)
12月22日生まれ。キーボード、コーラスを担当。
神奈川県横浜市磯子区出身。
法政大学卒業。
元from a novelボーカル。
愛称はおがりん。
2013年、弾き語りイベントで片岡と出会い、幾度かの共演を経て、2014年よりゲストメンバーとしてsumikaに参加、2014年12月from a novelが解散し、2015年2月よりsumikaに正式加入した。
高校生の時に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の人気コーナーである「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」に3回(第10回~第12回)出場した経験を持つ。『警視庁24時』シリーズ、雅楽、暴走族、豆腐屋、自転車に付いているパフパフ音のネタを行った。そのネタの高いクオリティをとんねるず、有田哲平(くりぃむしちゅー)、関根勤が大絶賛し、「モノマネ王子」と名付けられた。

ゲストメンバー
石井 浩平(Alaska Jam)
ベース担当。

三浦 太郎(フレンズ)
コーラス担当。

河原 太朗(ampel)
ベース担当。

saya(レルエ)
バイオリン担当。

泉本 弘美
コーラス担当。

シマダボーイ(NATURE DANGER GANG)
パーカッション担当。

百井 翔吾(Chameleon)
ベース担当。

鳥居塚 尚人(ammoflight)
ベース担当。

田村 亮(さよなら劇場池袋)
ベース担当。

木部 数也(ソライアオ)
コーラス、キーボード担当。

GENTA-BASE
VJ担当。

■来歴
2013年5月 sumika&sumika[camp session]を結成。
2013年10月 1st Mini Album『新世界オリハルコン』を発売。
2013年12月 "大人の文化祭"というテーマを掲げた企画『sumika familia 2013』を渋谷clubasiaにて開催。音楽分野以外にも様々な芸術家がアクトとして参加。
2014年2月 映像制作企画『Niwa cinema』を開始。
2014年6月 価格設定自由方式音源『Dress farm #1、#2』を発売。
2014年7月 初のワンマンライブ『Little crown #1』を渋谷clubasiaにて開催。
2014年9月 『sumika familia 2014』を渋谷clubasiaにて開催。
2014年11月 初の全国流通音源Mini Album『I co Y』を発売。
2014年12月 『I co Y』リリースツアーファイナルとして『Little crown #2』を渋谷CLUB QUATTROにて開催。
2015年2月 新メンバー“小川貴之”が加入。
2015年5月 片岡健太の体調不良を理由にライブ出演をキャンセル、以降出演予定のライブは順次キャンセルが発表され、キャンペーン等は片岡を除く三人での活動となった。
2015年6月 流通作品としては2作目となるMini Album『Vital Apartment.』を発売。
2015年7月 同理由で、ライブ活動の一時休止を発表。7月のワンマンライブは、片岡以外のメンバー3人とゲストアーティストを招くsumika[roof session]という形で実施した。
2015年9月 片岡健太の復帰がsumika公式WEBSITEにて発表される。
2015年10月 片岡による復帰コメント、「雨天決行」の演奏を含むビデオレターを公開。
2015年11月28日 渋谷eggmanにてフリーワンマンライブを開催。350人収容の会場に2300もの応募があり、抽選となった。
2016年3月9日 復帰後第一作目の作品『Lovers / 「伝言歌」』を発売。
2016年5月25日 4th Mini Album『アンサーパレード』を発売。
2016年6月 『アンサーパレード』Oneman Live Tour -Answer- を7月にかけて開催。
2016年12月7日 1st e.p『SALLY e.p』を発売。
2017年5月18日 『Dress farm #1、#2』に続く価格設定自由方式音源『Dress farm #3』を発売。
2017年7月12日 1st Full Album『Familia』を発売。
2018年4月25日 2nd e.p『Fiction.e.p』を発売。
2018年8月29日 2nd Single『ファンファーレ/春夏秋冬』を発売。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
sumikaを「ウィキペディア」で参照する