DAOKO だをこ

「DAOKO」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「DAOKO」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「DAOKO」に関連するモデルプレス記事

DAOKOのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

DAOKOのプロフィール

DAOKO(だをこ)

生年月日:1997年3月4日
日本の女性歌手、ラッパー、ヒップホップMC。

■人物

中学3年生のときにニコニコ動画(以下ニコ動)の「ニコラップ」にラップを投稿し始め、ニコ動内で出会ったJinmenusagi(人面兎)の呼びかけで客演参加した楽曲での振る舞いがネット発のインディーレーベル「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」の主宰者に気に入られ、高校入学と同時に同レーベルと契約。進学した高等学校の校則(芸能活動禁止)が厳しく、顔を隠した状態での活動となる。後にm-floの☆Taku Takahashiに見出されm-flo + daoko名義による楽曲「IRONY」が2013年公開の映画『鷹の爪 ~美しきエリエール消臭プラス~』の主題歌に起用される。さらには映画監督の中島哲也の目にも止まり、2014年公開の映画『渇き。』では「Fog」が挿入歌に抜擢される。

同2014年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾作品『ME!ME!ME!』の音楽をTeddyLoidと共に担当し、世界各国から大きな注目を集める。そして大手レコード会社による争奪戦の末、2015年3月、高校卒業と同時にトイズファクトリーよりメジャーデビュー。同年10月に発売した1stシングルのアーティスト写真で素顔を公開した。

音楽性については「ラップ」「ポエトリーリーディング」「ウィスパーボイス」が作風を構成する三大要素で、ダークで内省的なリリックと美しいコーラス・ワークが相まって、独特の作品世界を構築している。分類的にはヒップホップのカテゴリーに位置付けられるが、2010年代前半に頭角を現したDJみそしるとMCごはんなどの「ゆるふわ文化系女子ラップ」と呼称されるムーブメントに属する新世代の女性ラッパーであり、DAOKO自身も原義的な意味でのラップ(・ミュージック)やヒップホップ(・ミュージック)のカルチャーに音楽的なルーツを持っていない。

インディーズ時代はdaoko名義、読み仮名には平仮名表記の「だをこ」を使用している。

■来歴

15歳の時、ねこぼーろ作詞・作曲の初音ミク・オリジナル曲「戯言スピーカー」をラップ・バージョンにリアレンジしてニコニコ動画に投稿。

2012年7月7日、 LOW HIGH WHO? PRODUCTIONからリリースされた不可思議/wonderboyの2ndアルバム『さよなら、』に収録された「世界征服やめた」にコーラスで参加。
2012年7月20日、 LOW HIGH WHO? PRODUCTIONからニコニコ動画で発表されていた初期音源を収録した配信限定EP『初期症状』を期間限定で無料配信。
2012年12月5日、 LOW HIGH WHO? PRODUCTIONから 1stアルバム『HYPERGIRL-向こう側の女の子-』をリリース。
2013年7月24日、ESNOとのコラボレーション楽曲「夕暮れパラレリズム」を配信限定でリリース。
2013年9月11日、1st EP『UTUTU』をLOW HIGH WHO? PRODUCTIONよりリリース。
2013年9月11日、m-flo + daoko名義でm-floとのコラボレーション楽曲「IRONY」を配信限定でリリース。この楽曲は劇場版『鷹の爪』の主題歌。
2013年11月13日、★STAR GUiTARの3rdアルバム『Planetary Folklore』にフィーチャリング・アーティストとして参加。
2013年12月11日、2ndアルバム『GRAVITY』をLOW HIGH WHO? PRODUCTIONよりリリース。
2014年3月31日、 NHK Eテレ『人生デザイン U-29』の主題歌「Okay!」をMummy-Dとコラボレーション。
2014年6月27日、 中島哲也監督の映画『渇き。』の劇中歌として1stアルバムから「Fog」を提供。
2014年11月15日、LOW HIGH WHO? PRODUCTIONからの脱退を発表。
2014年11月21日より配信された庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾作品『ME!ME!ME!』のTeddyLoidによる音楽制作に参加。
2014年12月24日、koducer x daoko名義でkoducerとのコラボレーション作品『きれいごと』EPを配信限定でリリース。
2015年2月4日、3rdアルバム『Dimension』をLOW HIGH WHO? PRODUCTIONからの最後の作品としてリリース。
2015年3月、高等学校卒業。
2015年3月25日、メジャー1stアルバム『DAOKO』をTOY'S FACTORYよりリリース。また、メジャーデビューに伴いアーティスト表記をDAOKOに変更。
2015年10月21日にリリースされたメジャー1stシングル『ShibuyaK / さみしいかみさま』のアートワークで初顔出し。
2017年2月、制作統括・音響監督を庵野秀明が務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』に参加
2017年8月10日、ダ・ヴィンチに連載した初の小説『ワンルーム・シーサイド・ステップ』をKADOKAWAより出版。
2018年11月14日、同年12月31日の第69回NHK紅白歌合戦に初出場することが発表された。

■主なメディア出演
テレビ
2015年04月11日「SENSORS」 (日本テレビ)
2015年07月27日「MJ presents NiPPoN RockS vol.5」(NHK BSプレミアム)
2015年10月18日「MUSIC JAPAN」 (NHK総合)
2015年11月20日「バズリズム」 (日本テレビ)
2015年11月23日「【SPACE SHOWER NEWS】FUTURE: DAOKO」(スペースシャワーTV)
2015年12月05日「深夜喫茶スジガネーゼ」 (フジテレビ)
2015年12月30日「現地より生放送!COUNTDOWN JAPAN 15/16 DAY-3」(WOWOWライブ)
2016年01月27日「深夜喫茶スジガネーゼ<延長営業>」 (フジテレビNEXT)
※放送日は初回放送日を表記(リピート放送は省略)

ラジオ
2013年09月19日「RADIO DRAGON -NEXT-」(TOKYO FM)
2013年10月10日「Skyrocket Company」(TOKYO FM) ※渋谷パルコパート1 1F“TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ”から公開生放送
2015年03月17日「SPARK」(J-WAVE)
2015年05月28日「Hello World(ハローワールド)」(J-WAVE) ※生出演
2015年10月06日「キラメキ ミュージック スター「キラスタ」」(FM NACK5) ※大宮駅西口アルシェビル5F“FM NACK5 スタジオ・アルシェ”から公開生放送
2015年10月10日「ENTERTAINMENT LUNCHBOX」(J-WAVE) ※生出演
2015年10月13日「Skyrocket Company」(TOKYO FM) ※渋谷パルコパート1 1F“TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ”から公開生放送
2015年10月13日「ON8+1」(bayfm78) ※生出演
2015年10月16日「ニコラジ」(ニコニコ生放送) ※池袋・ニコニコ本社内にあるニコぶくろスタジオから公開生放送
2015年10月17日「ESPミュージカルアカデミーPresents 音楽人~ONGAKUBEAT~」(FM NACK5)
2015年10月18日「TOKIO HOT 100」(J-WAVE) ※生出演
2015年10月23日「なんMEGA!」(FM OSAKA) ※生出演
2015年10月23日「PRIME HITS KOBE」(Kiss FM KOBE) ※生出演
2015年10月23日「ROCK KIDS 802 FRIDAY AND SATURDAY」(FM802) ※生出演
2015年10月24日「SATURDAY AMUSIC ISLANDS」(FM802) ※生出演
2015年10月25日「ATEAM ZIP HOT 100」(ZIP FM) ※生出演
2015年10月25日「NEO STREAM NIGHT」(bayfm78)
2015年10月26日「You gott@POWER」(@FM(FM AICHI)) ※生出演
2015年10月26日「U.K BEAT FLYER」(MBSラジオ)
2015年10月29日「SMILE HEART BEAT」(ZIP FM)
2015年10月30日「BRIGHT MORNING」(FM802) ※コメント出演
2015年10月30日「電波活力戦隊 デンカツジャー」(cross fm) ※生出演
2015年10月30日「FRIDAY SPECIAL BAYSIDE FESTIVAL」(cross fm) ※生出演
2015年10月30日「DAY+」(cross fm) ※小倉 COLET/I'm 10F“cross fm YU YU HOME STUDIO”から公開生放送

2015年11月02日「with」(FM NORTH WAVE) ※生出演
2015年11月02日「Sparkle Sparkler」(AIR-G') ※生出演
2015年11月02日「ミュ~コミ+プラス」(ニッポン放送) ※生出演
2015年11月07日「ヘッドホンおじさんDX」(広島FM)
2015年11月07日「Hybrid夜品」(FM NORTH WAVE)
2015年11月07日「vs サカイ」(CBCラジオ)
2015年11月08日「新栄トークジャンボリー」(CBCラジオ) ※コメント出演
2015年11月08日「アニメロティックNEO*」(HBCラジオ)
2015年11月09日「マッスルナイト」(STVラジオ) ※コメント出演
2015年11月10日「music × serendipity」(LOVE FM) ※コメント出演
2015年11月10日「J-HITS FLOOR」(FM NORTH WAVE) ※コメント出演
2015年11月10日「No idea!?」(東海ラジオ)
2015年11月11日「YOKOHAMA RADIO APARTMENT サイプレス上野とロベルト吉野の「BAY DREAM」」(Fm yokohama)
2015年11月14日「らじらー!」(NHK-R1)
2015年11月15日「G-CUTS ALIVE」(AIR-G')
2015年11月16日「MOVING MONTHLY STYLE」(FM FUKUOKA) ※コメント出演
2015年11月17日「Radio Freaks」(@FM(FM AICHI)) ※コメント出演
2015年11月22日「カムカムFM福岡」(FM FUKUOKA) ※コメント出演
2015年11月23日「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM) ※生放送教室
2015年11月24日「monaka」(FM NACK5) ※生出演
2015年11月28日「TREASURE TIMES」(FM FUKUOKA) ※コメント出演
2015年12月04日「Happy Hour!」(InterFM897) ※渋谷モディ HMV&BOOKS TOKYO 7F“FM897 SHIBUYA STUDIO”から公開生放送
2016年01月23日「Galaxy ALL AREA PASS」(J-WAVE)

インターネット放送
2015年03月24日「2.5D SPECIAL LIVE SESSION「DAOKO DEBUT!」」(2.5D)
2015年06月25日「DAOKO THE LIVE! 緊急告知」(2.5D)
2015年09月14日「【吉崎響(「ME!ME!ME!」監督),DAOKO,井関修一】日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-「GIRL」」(ニコニコ生放送)
2015年10月21日「DAOKO 「ShibuyaK」」(2.5D)
※LIVE会場からのストリーミング中継は除く

ウェブページ
2013年09月10日「無人島 ~俺の10枚~【daoko 編】」(ローチケHMV)
2015年08月26日「instapump Fury Girls Collection」(Reebok) ※8月26日から9月30日までの期間限定サイト
2015年11月11日「Girl Meets ART!新感覚ファッショングラビア「グラフィックガール」」(グラフィックガール)
2015年12月05日「MEETS DAOKO『第1回対談ゲスト:玉城ティナ』」(2.5D)
2016年02月18日「コムアイ(水曜日のカンパネラ)のフリー対談連載「さぐりさぐり」vol.28『コムアイ×DAOKO』」(NYLON JAPAN)
2016年03月05日「MY LEVI’S® 501®」(EYESCREAM.JP)

書籍・雑誌
2012年11月30日「FLJ #27」(DRAGON ZOE LLC.) ※インタビュー&フォトグラフィー
2013年02月20日「CD Journal(ジャーナル) 2013年3月号」(音楽出版社) ※PAGE x daoko対談(撮影:永峰拓也)
2013年09月01日「YONIGE VOL.1」(YONIGE) ※インタビュー
2013年12月26日「NYLON JAPAN(ナイロンジャパン) 2014年2月号」(トランスメディア) ※ファッションフォトグラフィー(撮影:佐野方美(TRON))
2014年04月11日「ラップのことば2」(SPACE SHOWER BOOKs) ※インタビュー
2015年03月19日「BARFOUT!(バァフアウト) VOL.235 2015年4月号」(ブラウンズブックス) ※インタビュー
2015年03月20日「SWITCH(スイッチ) 2015年4月号」(スイッチ・パブリッシング) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:太田好治)
2015年09月10日「『Reebok CLASSIC 100 People Episode / 100 人のリーボック クラシック。』」(トランスワールド ジャパン) ※インタビュー
2015年09月15日「月刊ソングス 2015年10月号」(ドレミ楽譜出版社) ※ライブレポート(撮影:鳥居洋介)
2015年09月23日「ELLE girl(エル・ガール) 2015年11月号」(ハースト婦人画報社) ※ファッションフォトグラフィー(撮影:kisimari(W))
2015年10月01日「ROLA 2015年11月号」(新潮社) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:kisimari(W))
2015年10月05日「音楽と人 2015年11月号」(音楽と人) ※インタビュー
2015年10月10日「Quick Japan(クイック・ジャパン) vol.122」(太田出版) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:神藤剛)
2015年10月14日「WI?(ワッツイン) 2015年11月号」(エムオン・エンタテインメント) ※インタビュー
2015年10月15日「月刊ソングス 2015年11月号」(ドレミ楽譜出版社) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:竹中圭樹(D-CORD))
2015年10月19日「Cut(カット) 2015年11月号」(ロッキング・オン) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:北井博也(angle))
2015年10月20日「SWITCH(スイッチ) 2015年11月号」(スイッチ・パブリッシング) ※インタビュー&フォトグラフィー(撮影:神藤剛)
2015年11月13日「This! 001」(小学館) ※インタビュー
2015年11月30日「ROCKIN'ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン) 2015年12月号」(ロッキング・オン) ※インタビュー
2016年03月01日「EYESCREAM(アイスクリーム) 2016年4月号」(スペースシャワーネットワーク) ※ファッションフォトグラフィー(撮影:新田桂一)
2016年12月27日「装苑 2017年2月号 /ミュージシャンと衣装のエモーショナルな関係」(文化出版局)※DAOKO×伊賀大介

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
DAOKOを「ウィキペディア」で参照する