有働由美子(うどうゆみこ)

「有働由美子」に関連するモデルプレス記事

  1. 有働由美子アナ 嵐・櫻井翔のパーマにツッコミ「楽しみにしてたのに」櫻井ファンから感謝多数

    デイリースポーツ芸能

  2. 有働由美子、加藤綾子の結婚祝福 “一般男性”のメディア報道に持論「文句を言いたい」

    モデルプレス

  3. 有働由美子&水卜麻美アナ、3度目のタッグ実現で報道の“ウラ側”公開 Hey! Say! JUMP伊野尾慧らがゲスト出演

    モデルプレス

  4. 嵐・櫻井翔、新橋の居酒屋で本音トーク 日本の未来を語り合う

    モデルプレス

  5. 有働由美子&嵐・櫻井翔、日テレ選挙特番のキャスター決定

    モデルプレス

  6. 田中圭ら豪華キャスト発表 有働由美子アナは大胆イメチェン<記憶にございません!>

    モデルプレス

  7. 宇野昌磨「このような形での生放送番組出演は初めて」櫻井翔と改元の瞬間迎える

    モデルプレス

  8. 櫻井翔&有働由美子、平成から令和へ生カウントダウン 「news zero」特番で新時代を考える

    モデルプレス

  9. 有働由美子、年収2億キャバ嬢・進撃のノアと接客対決

    モデルプレス

  10. 有働由美子アナ&テレ東・大江麻理子アナが初共演 マツコが聞きたい放題?

    モデルプレス

  11. 「TOKIO嵐」に米倉涼子参戦 “ガチな戦い”繰り広げる

    モデルプレス

  12. 有働由美子アナ&水卜麻美アナ、初タッグで軽妙ホンネトーク

    モデルプレス

  13. 嵐・櫻井翔、初の白組単独司会は有働由美子アナから「アドバイスをいただく」

    モデルプレス

  14. 有働由美子アナ「news zero」で“けもなれ受け”せず 「復活希望」「受けまでがセット」の声

    モデルプレス

  15. 有働由美子アナ「news zero」でも“ドラマ受け”披露しネット沸く “けもなれ受け”に「毎週して」の声

    モデルプレス

  16. 有働由美子アナから市來玲奈アナへの“粋なコメント”に坂道ファン沸く「エモすぎ」「さすが!」

    モデルプレス

  17. 有働由美子アナ「月曜から夜ふかし」生出演 「news zero」初メインキャスター後に移動

    モデルプレス

  18. 有働由美子アナ、NHK退社後は何をしていた?石田ゆり子・角田光代と“同世代女子トーク”

    モデルプレス

  19. 有働由美子アナ、イノッチとの変わらぬ絆明かす「大切な弟」

    モデルプレス

  20. 市來玲奈アナら新「news zero」に抜てき

    モデルプレス

有働由美子のプロフィール

有働 由美子(うどう・ゆみこ)

生年月日:1969年3月22日
出身:大阪府(出生:鹿児島県)
血液型:O型

フリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。ナチュラルエイト所属。

■人物
鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ。両親は熊本県の出身。妹が1人いる。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学・高校時代は剣道部所属。大学では大学祭実行委員として、イベントの裏方をしていた。血液型はO型。

大阪府立北野高等学校、神戸女学院大学文学部総合文化学科卒業後、1991年NHKに入局(第1志望は大阪大学法学部だったが、不合格となったと話している。この不合格を知った瞬間に、(大阪大学への受験用に使っていた)赤本をびりびりに破り捨てたという)。

入局後最初はスポーツを担当。入局4年目から担当した『NHKニュースおはよう日本』が東京での最初の担当。以後、『サタデースポーツ』・『サンデースポーツ』・オリンピックの中継・『NHKニュース10』・『あさイチ』などで、キャスターを任されることが多い。

2001年 - 2003年までは、『NHK紅白歌合戦』で紅組司会を担当。2006年4月からは、スポーツ・報道の現場を離れると同時に小川浩司と共に『スタジオパークからこんにちは』の司会を務める。その後、小川が体調を崩したこともあり、有働が単独でゲストとトークを行うスタイルが確立された。2007年度には相方が遠藤亮に交代した。

2007年6月、アナウンサー職のままアメリカ総局(ニューヨーク)へ異動。これは、アナウンサー職のまま特派員になる初事例であった。アメリカ滞在中の2008年6月16日付で管理職に昇格した。

アメリカ総局から東京アナウンス室へ復帰後の2010年3月29日から2018年3月30日まで]、『あさイチ』のキャスターを担当。2012年 - 2015年の紅白では、総合司会を務める。

2013年2月1日、『TV60 日テレ×NHK 60番勝負』の番組宣伝のため日本テレビ『PON!』に出演、NHKの現職女性アナウンサーが民放在京キー局制作の情報番組に出演するのは史上初である。

2018年3月31日、27年間在職したNHKを退職した。退職後はジャーナリストとして活動する意向とのことである。

「新生『あさイチ』の邪魔をしたくない」という思いから退職はNHKの同僚にもほとんど明かさなかった。

NHK退職後の同年4月26日、くりぃむしちゅーやマツコ・デラックスが所属する事務所であるナチュラルエイトに所属することを発表した。

■同期のアナウンサー
武内陶子・黒崎めぐみ・山本志保・中谷文彦・松本和也・大野克郎・若林則康・河島康一・伊藤憲・髙橋徹ほか

■過去の担当番組
・日本放送協会時代
NHKニュースおはよう日本(1994年4月 - 1997年3月、メインキャスター)
※アメリカ総局時代の2008年4月 - 2010年3月5日にも、毎週金曜日の中継コーナー(『ニューヨーク・スタイル』)へレギュラー出演。
サタデースポーツ、 サンデースポーツ(メインキャスター、1997年4月 - 2002年3月)
連続テレビ小説『天うらら』ナレーション(1998年4月6日 - 10月3日)
NHKニュース10(2002年4月 - 2006年3月)
※2004年3月まではスポーツ専任。それ以後はメインキャスターとスポーツの兼任。
スタジオパークからこんにちは(司会、2006年4月 - 2007年6月1日)
解体新SHOW(2006年7月8日)
木曜時代劇『夏雲あがれ』ナレーション(2007年)
※番組放送は異動後であるが、ナレーションはその前に収録した。
バンクーバーオリンピック閉会式(曽根優と)
NHKスペシャル「W杯日本代表の舞台裏」(ナレーション、2010年7月10日)
もしも明日… 司会
家族の葬式をする事になったら(2010年8月13日)
家族が失業したら(ネプチューンの原田泰造と共同司会、2012年3月17日)
連続テレビ小説50年!〜日本の朝を彩るヒロインたち〜(2011年4月2日)
思い出のメロディー(司会、2011年・2017年)
サラリーマンNEO(ゲスト、2011年8月30日)
TV60 日テレ×NHK 60番勝負(日本テレビ、2013年2月2日)
※NHK・日本テレビ共同制作特別番組。
明日へ -支えあおう- 逢いにいくよ〜妻を探して海へ〜(ナレーション・2014年9月7日)
ナミブ砂漠 神秘の赤い大地(ナレーション・2015年5月19日)
世界で一番美しい瞬間(ナレーション、旅人が男性の時に担当、2014年度)
NHK紅白歌合戦(2000年 - 2003年、2008年、2012年 - 2015年、2017年)
※2000年は審査員リポート、2001年 - 2003年は紅組司会、2008年はアイルランドから中継出演したエンヤのリポート・曲紹介、2012年 - 2015年は総合司会、2017年は横浜アリーナから中継出演した桑田佳祐のリポート。
※最後の紅組司会となっている2003年は紅白初の紅組完封敗戦の回を後輩の膳場貴子と共に担当。2004年2月11日に再放送された際、直後に繰り上げスタートとなった前項の番組で、当時中日ドラゴンズ監督の落合博満にインタビューするためキャンプ地の沖縄県から中継したが、番組冒頭、紅白で着用した腕なしのドレスを身に纏い、完敗決定の瞬間を再現した(その後すぐに普通の衣装に着替えている)。そして当時の籠も登場し中にはボールが入っていた。
※初司会となる2001年以前の数年前から司会候補に挙がっていた。
※2004年も紅組司会を続投する予定だったが、急遽変更(交代)になったとされている。2010年・2011年にも司会正式発表以前に総合司会起用が有力であると複数メディアに報じられたが、選出はなかった。総合司会を務めた2015年では当初紅組司会の予定だったとされる。2016年も当初司会(紅組司会・総合司会)の有力候補に挙がっていたが、最終的に見送られた。
真田丸(語り、2016年)
※登場人物の死が有働の語りのみで淡々と処理される様が「ナレ死」と呼ばれ話題となった。
震災から○年 "明日へ"コンサートシリーズ(SMAP時代の中居正広と共同総合司会、2012年 - 2016年)
ザ・プレミアム 行くぞ!最果て!秘境×鉄道 (ナレーション、NHK BSプレミアム)
北米大陸1700キロ (2017年2月11日)
メキシコ・チワワ太平洋鉄道 (2017年7月26日
龍の歯医者(ナレーション、2017年2月18日・2月25日)
今日は一日○○三昧(NHK-FMラジオ)
第177回「春は別れの季節…今日は一日“失恋ソング”三昧」(番組担当・進行役、2017年3月20日)
風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜(語り、2018年1月1日)
あさイチ(2010年3月29日 - 2018年3月30日) - メイン司会
NHKスペシャル(不定期)
100年インタビュー(聞き手)
SONGS(ナレーション、随時)

■著書
『ウドウロク -有働録-』新潮社刊 2014年10月30日
なお、2018年5月1日に文庫版が刊行され、「人生で一番悩んだ決断」について加筆されている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

有働由美子を「ウィキペディア」で参照する