吉田敬(よしだたかし)

「吉田敬」に関連するモデルプレス記事

  1. 「コントが始まる」千鳥ノブ・ブラマヨ吉田らお笑い芸人からも反響続々「いきなり泣いた」「凄い」

    モデルプレス

  2. 浅田真央、現役時代のお金事情は?一番思い出深い演技は?“直球”質問に答える

    モデルプレス

  3. 関ジャニ∞村上信五は「コンサートの時にちゃんと歌ってるのか」 真相に迫る?

    モデルプレス

  4. 高橋大輔、現役復帰の舞台裏明かす

    モデルプレス

  5. ももクロ百田夏菜子「手足が震える」初挑戦をブラマヨが絶賛

    モデルプレス

  6. ノンスタ井上裕介、元恋人・佐藤聖羅との出会いに言及 SKE48在籍中に「いい感じになって」

    モデルプレス

  7. EXILE NAOTO、関口メンディーの“新たな扉”に期待<モニタリング>

    モデルプレス

  8. バナナマン&ブラマヨに「関西が泣いた?」 設楽統「最高の状況です」

    モデルプレス

吉田敬のプロフィール

吉田敬(よしだ・たかし)

生年月日:1973年6月27日
出身地:京都府

日本のお笑い芸人であり、ブラックマヨネーズのボケ担当である。立ち位置は向かって右。相方は小杉竜一。吉本興業所属。
京都府京都市出身。身長173cm、体重63kg。既婚。

■プロフィール
趣味:パチンコ、読書、独り言、映画[1]、和歌山県の白浜(南紀白浜)旅行。
特技:野球・パチンコ(パチプロをしていた時期もあった)。
苦手:水泳
好きなアーティスト:THE YELLOW MONKEY
好物:すき焼き。得意料理はチャーハン。
アレルギー:犬、カニ、エビ、貝類、ソバ、金属
阪神タイガースファン。

■来歴
京都府京都市伏見区において、当時京阪電気鉄道社員(不動産部勤務)の父親と、看護師の母親との間に長男として生まれ育った。自分より9歳年下の弟がいる。中学1年生まで家庭の事情で親元を離れ、祖父母に育てられた。

少年野球をやっていた頃、ウォーレン・クロマティに憧れていた余り、打席でクロマティの物真似をしたところ、監督に怒られたということもあった。

中学は京都市立藤森中学校に進学する。

現在の顔のひどいブツブツは、当時中学生だった吉田がニキビに悩み、通販で「ニキビを消すローラー」を購入し、顔にローラーを押し当て顔中のニキビを一気に潰したからとのこと。

高校は京都市立日吉ヶ丘高等学校に進学し弓道部に所属していたが、男子部員6名中唯一の補欠だった。弓の弦でニキビを潰しながら、顔を血まみれにして練習をしていたという。弓道部入部のきっかけが、5日間の合宿の間に憧れの女子(滑り止め含め2人)とどうにかならないかという不純な理由だった。なお、高校の同級生に映画監督の中野量太がいる。

高校卒業後の2年間は大阪でフリーターとして生活しており、パチンコ屋の店員・古紙回収業者・新聞配達員・デパートで靴磨きスプレーの実演販売などさまざまな仕事を10件ほど渡り歩いた。

本来は高校卒業後すぐにお笑いをやる予定だったが、一緒にNSCに入るつもりだった同級生の和田義浩が芝居の学校に行くと言い出したため、しょうがなくフリーター生活を続けていた。その和田と共に「ツインテール」というコンビ名でデビューするもすぐに解散してしまった。ただし、和田は現在では放送作家としてブラックマヨネーズのライブに携わるなどしており、二人の関係は至って良好である。

その後、実家の京都に一時帰郷するが、1998年に前々から組みたいと思っていた元「関西キング」の小杉竜一と「ブラックマヨネーズ」を結成。2002年からラジオ番組『ブラックマヨネーズのずぼりらじお』の放送が開始される。2005年、第5回M-1グランプリで優勝。2011年1月6日『なるみ・ブラマヨの叫びまショウ!〜これを知らないなんて!どうかしてるぜ!〜』(ABCテレビ)で初のMC(普段コンビでは小杉が進行役を担当)を務めた。

2013年8月23日元看護師の一般女性と結婚。その一週間後の8月30日に、第一子となる男児が誕生。

2015年、「和歌山 白浜観光大使」に就任。

■エピソード
吉本ブサイクランキング最高2位(2007・2009年度)。

肌荒れは腹の方が酷い(金属アレルギーも持っているため、ベルトのバックルでも荒れる)しかも本人曰く「アレルギーに負けたくない」ため、つい掻き過ぎてしまい、よく腹と指先が血だらけになっている。故に裸での出演は原則NG。下述の通り吉田をかわいがっていた陣内智則は、そんな吉田を心配し、腹の部分まで隠れるロングトランクスをプレゼントした。喜んだ吉田は「一生このタイプしか履きません」と陣内に言った。

ブラックマヨネーズを結成した当初、スキンヘッドにしていたことがある。無理矢理個性を付けようとしたということからであり、スキンヘッドにする前はデニス・ロッドマンのように髪をカラフルに染めたり全身にタトゥーを入れようとしたが、小杉に止められて断念した。

M-1グランプリ優勝した当日に当時付き合っていた彼女を振った。その数年後、その彼女から結婚の報告が入った。吉田が語ったところによると、優勝決定後は打上げ等が全て終了したのが深夜2時で、すぐに彼女に優勝報告の電話をしたが、「電話が遅い。何してたん? どうせ私のことなんてすぐに捨ててアイドルとかと付き合うんでしょ」とネガティブな発言をされたため、その電話で別れを決意した。

家で飲んでいる時にイタズラ電話が掛かってきて、酒の勢いで「文句があるなら家まで来い。住所は○○や!」と本当の住所を言ってしまい、すぐに我に返って恐怖のあまり110番に電話する練習をしながら震えていた。

上京してマンションを借りる際、実際には彼女はいないのだが「自分の彼女は車で遊びに来るに違いない」と考え、車も持っていないのにマンションの駐車場を2年間借り続けた。更に、「その彼女は小型犬を飼うに違いない」とペットOKのマンションを選んだが、吉田自身が犬アレルギーのため、部屋の窓を開ける度に息苦しくなった。

ブラックマヨネーズとしての方向性などを決めているのは基本的に吉田の役割。結成当初、吉田のツッコミに関する細かい指示に小杉は鬱陶しさを感じていたが、指示通りにやった方が、客の反応が良くなることに気づき、指示を受け入れるようになる。また、小杉は吉田の番組や舞台に対する意気込みを、「お笑い根性がある」と評している。

小杉が結婚した際、婚姻届の証人になった。

まだ訪れた事のない父方の墓参りに自主的に行こうと墓の場所を母親に尋ねた際、父方の祖母がまだ生きている事を聞かされそこで初めて知った。2011年当時はまだ生きていたが、その後亡くなった。なお、吉田は幼少の頃は両親の事情から主に祖母に育てられた。その後両親と一緒に住むようになってからは祖母とは疎遠になっていった。その後、久しぶりに母方の祖母に会いに行った時に、自分の名前を間違えて言われてしまい「もう会いに来るか」と腹を立ててその場を去った。その後は一度も会うことの無いまま母方の祖母は亡くなった。吉田は葬式の場で親戚に「おばあちゃんはその時にたまたま名前が思い出せなかった。後でかわいそうなことをしたと泣いていた。見えにくい目でテレビを視て『あれは敬だよね』と繰り返し言っていた」と言ったことを言われ、非常に済まないことをしたと心が揺れ、心から謝りたいと思い続けているという。

■受賞歴
1996年 第17回 「今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」香川登枝緒賞(「ツインテール」時代)
2002年 第23回 「ABCお笑い新人グランプリ」新人賞
2002年 第37回 「OBC上方漫才大賞」新人賞
2002年 第17回 「NHK新人演芸大賞」演芸部門大賞
2003年 第32回 「上方お笑い大賞」最優秀新人賞
2005年 第5回 「オートバックスM-1グランプリ」優勝

■主な出演
<テレビ>
ブラマヨ吉田のガケっぱち!(2012年 - 、パチ・スロ サイトセブンTV) - MC
好きか嫌いか言う時間(2015年 - 、TBS) - MC
ブラマヨ吉田とういちの男舟(2016年 - 、日本レジャーチャンネル) - MC
コロムビアアイドル育成バラエティ14☆少女奮闘記! 〜メジャーデビューへの道〜(2016年、Kawaiian TV) - MC [33]

<映画>
岸和田少年愚連隊
日常(2006年)
日常〜恋の声〜(2007年)
デリバリー?(監督として)

<CM>
ドウシシャ ROBRO-TV「ROBROの小杉」(2010年3月)
ひらかたパーク 「ひらパー兄さん」 (2010年4月 - 12月)
エイチ・アイ・エス 「海外行きたいっすわぁ~」(2010年11月)
サントリー 金麦 「それぞれの金麦 第1話「花見」」(2011年3月‐)

<イメージキャラクター等>
日本回胴王決定戦・スペシャルサポーター(2013年 - )

<PV>
キンモクセイ「金木犀の花」(金木犀e.p.収録曲)

■著書
ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ
新書版(ISBN 4847018281、ワニブックス、2009年2月)
文庫版(ISBN 4344419456、幻冬舎、2012年11月)
人生は、パチンコで教わった。(ISBN 4847092201、ワニブックス、2014年3月)

吉田敬を「ウィキペディア」で参照する