CL(しーえる)

「CL」に関連するモデルプレス記事

  1. 平昌五輪閉会式、EXO&CLが圧巻の生パフォーマンス

    モデルプレス

  2. EXO&CL、平昌(ピョンチャン)五輪閉会式に出演へ 開会式出演アーティストは?

    モデルプレス

  3. BIGBANG・SOL挙式、新婦とのダンス動画話題に T.O.Pらメンバーが集結

    モデルプレス

  4. CL(元2NE1)、ファンと急接近の迫力のステージ アジア熱狂のパフォーマンス <ASIA FASHION AWARD 2017>

    モデルプレス

  5. 【写真特集】大政絢、河北麻友子、emmaらが台湾水上ランウェイに集結 miwa、小室哲哉も盛り上げる<ASIA FASHION AWARD 2017>

    モデルプレス

  6. 大政絢、河北麻友子、emmaら台湾降臨 空港は歓迎ムード一色に<ASIA FASHION AWARD 2017>

    モデルプレス

  7. CL、小室哲哉、miwa、大政絢、河北麻友子ら参戦決定 台湾水上ランウェイに豪華集結<ASIA FASHION AWARD 2017>

    モデルプレス

  8. ローラ、極上ミニスカでCL(from 2NE1)と豪華コラボ「東京ガールズコレクション」開幕<TGC2016 A/W>

    モデルプレス

CLのプロフィール

CL(シーエル)

生年月日:1991年2月26日
出身:韓国

韓国の女性ラッパー、歌手、ダンサーである。

彼女はソウル市で生まれた。幼少期のほとんどは韓国で過ごさず、フランスと日本に住んでいた。2009年にYGエンターテインメントからパク・サンダラ、コン・ミンジ、パク・ボムと共に、アイドルグループ「2NE1」としてデビューした。

彼女はこれまでにBIG BANG、オム・ジョンファ、テディ・パクなどと共演した。2009年11月に発売されたミンジとのシングル「Please Don't Go」はガオンチャートで最高5位を記録した。

■人物と歌手経歴
・生い立ち
イ・チェリンは韓国ソウル特別市で生まれた。物理学教授だった父親の仕事の都合で、幼少期は様々な場所に引っ越した。過去に日本、フランス、アメリカ合衆国で暮らしたこともある。そこで彼女は日本語、フランス語、英語を学んだ。10代の時に彼女の家族はYGエンターテインメントの2006年のオーディションの為に再び韓国で暮らし始めた。

・2007年 - 2008年:初期の経歴
CLの最初のレコーディングはBIG BANGの2007年の曲「Intro (Hot Issue)」でのフィーチャリングアーティストとしての参加だった。同年、YGエンターテインメント所属のアーティスト全員が参加したSBS『歌謡大典』でステージデビューを果たした。2008年にオム・ジョンファの曲「DJ」にラッパー参加。ヒップホップデュオYMGAの「What」にYGファミリーの一員として参加。

・2009年 - 現在:2NE1のデビューと「Please Don't Go」
2009年、同じYG所属のパク・サンダラ、コン・ミンジ、パク・ボムと共に2NE1として、BIG BANGとのコラボ曲「Lollipop」でデビューした。曲は商業的に成功を収めたが、グループが単独で存続することが出来るかどうかの疑問が噴出した。同曲の後でグループは公式デビューシングル「Fire」を発表し、5月度の1位を獲得した。2枚目のシングル「I Don't Care」、EP『2NE1』も同様の成功を収めた。

「I Don't Care」のプロモーションの後、グループは一時的に活動を停止した。そして、メンバーそれぞれがソロ活動を開始した。最初にCLはダラとのシングル「Kiss」を発表した。シングルは韓国のガオンチャートで最高5位を記録した。次にミンジとのシングル「Please Don't Go」を発売、11月末までに同チャートで最高6位に入った。2010年2月13日、シングル「Follow Me」でグループ活動を再開。同年9月にグループ初のスタジオアルバム『To Anyone』を発売。アルバムは5日で10万枚を売り上げるなど商業的に大きな成功を収めた。

■音楽性と影響
彼女は2NE1の楽曲では主にラップを担当している。2NE1のプロデューサーである1TYMのリーダーテディ・パクとかつて共演したオム・ジョンファ、アメリカの歌手マドンナ、ローリン・ヒルを自身のインスピレーションとして挙げている。

■ディスコグラフィ
・シングル
2009年
"Please Don't Go" (with ミンジ)
Kiss (ダラ feat. CL) - フィーチャリング

・その他
BIG BANG – 「Intro (Hot Issue)」
オム・ジョンファ featuring CL – 「DJ」
YMGA featuring YGファミリー and DJ レックスン– 「What」
BIG BANG featuring CL - 「A Good Man」
G-Dragon featuring テディ・パク and CL – 「The Leaders」
ダラ featuring CL – 「Kiss」
G-Dragon featuring テディ・パク and CL – 「The Leaders (Live版)」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

CLを「ウィキペディア」で参照する