石橋貴明(いしばしたかあき)

「石橋貴明」に関連するモデルプレス記事

  1. とんねるず復活!石橋貴明のYoutube「24分間テレビ」に木梨憲武が初登場「10か月ぐらい会ってないね!」

    東スポWeb

  2. 田中みな実、石橋貴明も手玉に取る!?おぎやはぎ小木が目撃した驚きの瞬間…「あの短時間で」

    COCONUTS

  3. 「侍ジャパン」金メダル、芸能界も興奮&祝福 佐藤隆太・間宮祥太朗・里田まい…

    モデルプレス

  4. 松本人志 石橋貴明と鈴木保奈美の離婚に「ちょっとだけうらやましい」「男のロマン」

    東スポWeb

  5. 石橋貴明と鈴木保奈美が離婚…「別れても同じ事務所」に見える利害関係の一致

    SmartFLASH

  6. 鈴木保奈美 深夜帰宅NG、豪邸に自室なし…苦悩した石橋貴明の“束縛”

    女性自身

  7. 木梨憲武、石橋貴明の離婚にコメント「新しいシリーズが始まった」

    モデルプレス

  8. 石橋貴明&鈴木保奈美、離婚を発表

    モデルプレス

  9. 石橋貴明、カジノで“気を失う”くらい負ける ラスベガスは「地獄」

    ABEMA TIMES

  10. 白石麻衣と対面で絶賛 石橋貴明「まいやんカワイイ」

    モデルプレス

  11. 石橋貴明サプライズ登場で「うたばん」11年ぶり復活 中居正広「おれがまだSMAPだと思ってます!?」

    モデルプレス

  12. 永野、石橋貴明のドッキリで“ラッセン風”金髪パーマに変身

    モデルプレス

  13. 櫻井翔「うたばん」下剋上コントの裏側明かす 10年ぶり石橋貴明と共演

    モデルプレス

  14. 元乃木坂46中田花奈“公式お兄ちゃん”設楽統と卒業後初共演

    モデルプレス

  15. 石橋貴明「新しい地図」3人とコラボライブ 10年ぶり歌唱共演で香取慎吾「生放送、何が起きるかわかりません」

    モデルプレス

  16. 「ねるとん復活」と話題 石橋貴明が“恋愛バラエティ”挑戦「大どんでん返しはあるのか!?」

    モデルプレス

  17. 石橋貴明、野猿メンバーと18年を経て新ユニット「B Pressure」結成 「待っててよかった」とファン歓喜

    モデルプレス

  18. インスタ開設の石橋貴明、“1人目のお友達”みちょぱと2ショット公開

    モデルプレス

  19. 「細かすぎて伝わらないモノマネ」復活 “主宰”石橋貴明「ご期待下さい」

    モデルプレス

  20. 中居正広&石橋貴明「うたばん」コンビ復活 名シーン再現で“うたばん世代”歓喜

    モデルプレス

石橋貴明のプロフィール

石橋 貴明(いしばし・たかあき)

生年月日:1961年10月22日
出身:東京都
血液型:A型

お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダーである。相方は木梨憲武。芸能事務所・アライバル代表取締役社長兼タレント。

■略歴
高校の同級生の木梨憲武と貴明&憲武を結成。所ジョージ司会の『ドバドバ大爆弾』に出場するも、あと一息のところで賞金72万円を獲り逃がす。その後も木梨と共にコンビとして『お笑いスター誕生』など素人参加番組に出演。単身で『TVジョッキー』の「ザ・チャレンジ」という素人参加コーナーにも出演。

1982年4月、「お笑いスター誕生!!」で念願の10週勝ち抜きでグランプリを獲得した。プロデビュー後2、3年は下積みの日々を過ごしたが1985年頃から売れはじめる。

1988年、元モデルの前妻と入籍。妻との間に1989年には娘で今は女優の石橋穂乃香をもうける。

1998年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」で共演した女優の鈴木保奈美と再婚、後に鈴木との間に娘を3人もうける。

2005年、『MLB主義』で共演した牛島和彦監督が率いる横浜ベイスターズのエグゼクティブ・アドバイザーに就任(以前は読売ジャイアンツのファンだったが、妻の鈴木が横浜のファンなので気持ちが変わった)。

2008年8月28日、MCを担当していたTBSの『うたばん』が1996年10月15日の放送開始以来500回の節目を迎える。番組はその後2010年3月23日まで13年半続き、2010年4月から9月まで放送された後続の音楽番組である『ザ・ミュージックアワー』を含めて丸14年務めあげた。

2010年、コンビ結成30周年を迎える。

2012年秋、憧れの先輩でもあるビートたけしと『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』でレギュラー番組初共演した。現在もソロの番組やCMに出演中。

2013年頃からは老眼鏡をかけていることが多い。

2016年秋にTBSテレビで放映された『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』の放送内容について視聴者から抗議の声が大きく、放送倫理・番組向上機構(BPO)が同年10月25日に審議入りしたことが報道された。

■出演番組
・現在の出演番組
石橋貴明のスポーツ伝説…光と影(2014年4月6日・9月17日・2016年5月18日・2017年4月5日、TBS)
オール芸人お笑い謝肉祭'16秋 (2016年10月9日、TBS)

・過去の出演番組
テレビ
レギュラー番組
石橋貴明・男塾(1996年5月28日 - 1996年9月17日、TBS)
うたばん(1996年10月15日 - 2010年3月23日、TBS)
第四学区(1999年4月- 9月・2000年4月- 9月、フジテレビ)
イシバシ・レシピ(第1期2003年10月 - 2004年3月、TBS)
MLB主義 (2004年、TBS)
イシバシ・レシピ2(第2期2005年1月 - 3月、TBS)
MLB主義'05(2005年、TBS)
イシバシ・レシピ(第3期2005年10月3日 - 2006年3月27日、TBS)
メジャーシーズン中は『MLB主義』、シーズンオフには『イシバシ・レシピ』というローテーションで交互に放送されていた。
MLB侍(2008年7月26日 - 9月28日、TBS)
ザ・ミュージックアワー(2010年4月20日 - 9月14日、TBS)
日曜ゴールデンで何やってんだテレビ(2012年10月21日 - 2013年3月3日、TBS)
TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回(2012年10月13日 - 2013年4月2日、TBS)
リシリな夜 (2013年10月20日 - 2014年3月24日、TBS)

スペシャル番組
判明分のみ(ゲスト出演番組除く)
第四学区スポーツ(2000年12月29日、フジテレビ)
ブレインサバイバー(2002年1月12日、TBS)
ブレインサバイバーII(2002年4月5日、TBS)
ブレインサバイバーIII(2002年9月21日、TBS)
石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜(2002年12月30日、テレビ朝日)
石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳2〜(2003年3月31日、テレビ朝日)
斬られてチョンマゲ!石橋新鮮組が行く(2003年10月2日、テレビ朝日)
ナンバー2 〜一番になれなかった天才達の物語〜(2008年4月4日、TBS)
フジ家の流儀(2012年9月27日、フジテレビ)
石橋かずこのブラブラTVコメンテーターは君だ!(2015年12月30日、フジテレビ)

テレビドラマ
PUFFYのドラマ ワイルドでいこう(1997年9月30日、日本テレビ)
今夜、宇宙の片隅で(1998年7月 - 9月、フジテレビ) - 樋口紀人 役
レッツ・ゴー!永田町(2001年10月 - 12月、日本テレビ) - 筒井五輪 役
ブラックジャックによろしく(2004年1月3日、TBS) - 宇佐美孝志 役
星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉〜(2005年1月2日、TBS) - 星野仙一 役
まるまるちびまる子ちゃん(2007年9月27日、フジテレビ) - ダーイシ男 役

映画
そろばんずく(1986年8月、東宝) - 春日野八千男 役
メジャーリーグ2 (1994年6月、東宝東和、ハリウッド映画) - タカ・タナカ 役
悪魔たち、天使たち (1995年5月、東宝東和、ハリウッド映画)- ヨシ・タカムラ 役
ウルトラマンゼアス (1996年3月、松竹) - 大河内神平隊長 役
ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影 (1997年4月、松竹) - 大河内神平参謀長 役
メジャーリーグ3 (1998年6月、東宝東和、ハリウッド映画) - タカ・タナカ 役
銃声 LAST DROP OF BLOOD(2003年6月14日、ザナドゥー) - 萩原正一 役
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007年、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) - 弁慶 役

ラジオ
石橋貴明のレディオイシバシーノ(仮)(2001年10月7日 - 3月25日、ニッポン放送)
石橋貴明のレディオイシバシーノ2(仮)(2002年10月11日 - 3月21日、ニッポン放送)

CM
大塚製薬「UL・OS(ウル・オス)」(2012年4月21日 - )
『ウルオス知ってるか?』篇
『うるおいのあるお肌』篇
『好きよ!ウォッシュ』篇
『今だよ!スカルプ』篇
『日やけ止めな男たち』篇
『大人たちのリフレッシュ』篇
『ウルオスたちと旅に出よう』篇
『ウルオスライフ始まる』篇
『俺たちの冷やしウルオス』篇
『お疲れ顔にピュッ』篇
『朝ウルオス』篇
『泡ウルオス』篇
DMM.com証券「DMM FX」(2014年11月14日 - )ローラと共演。
『世界第2位ベッド』編
『世界第2位散歩』編
『世界第1位CM』編

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

石橋貴明を「ウィキペディア」で参照する