Crystal Kay くりすたるけい

「Crystal Kay」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「Crystal Kay」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「Crystal Kay」に関連するモデルプレス記事

Crystal KayのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

Crystal Kayのプロフィール

Crystal Kay(クリスタル・ケイ)

生年月日:1986年2月26日
出身:神奈川県

■人物
外国人の両親を持つ。父親(幼少時に離婚)はアフリカ系アメリカ人のベーシスト、母親は在日朝鮮人3世のシンガーでグレートプロダクション(所属事務所)の社長をつとめるshunkay(シュンケイ。旧芸名:シンシア)。

小学校より横須賀のアメリカンスクールに通っていたため英語が堪能であるが、アメリカ合衆国には住んだことがない。

ピアノを3年間ほど習っていたことがある。

愛称は「クリちゃん」。「ケイ」はミドルネームなので、本来ならば「クリスタル」か「ウィリアムズ」で呼ばれるべきだが、付き合いの浅い人からは日本名と語感の近い「ケイちゃん」と呼ばれることもある。

米国籍を取得している。

■略歴
・1999年 - 2000年
初めての仕事は4歳のころで、PCエンジンDuoのCMソングである。後に、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」と「ピエヌ」のCMソングを歌う[4]。1999年、13歳の時に「Eternal Memories」(作曲・編曲:菅野よう子)でシングルデビュー。菅野美穂出演のサントリー「ビタミンウォーター」CMソングとして起用された。

その後、2000年頃は歌手としての目立った活動はなかったが、2001年に映画『サトラレ』主題歌「LOST CHILD」を歌ったことで、知名度を上げた。また同じ頃にm-floと知り合い、FMフェスティバル'01のファイナルライブに、TAKU (m-flo) meets Crystal Kay meets YOU THE ROCK☆として、m-floの「come again」をセッションして出演した。

・2002年 - 2003年
2002年8月にリリースした、m-floの☆Takuプロデュースのシングル「hard to say」がロングヒットとなった。同年10月に、T.Kuraなどを制作陣に加えた3rdアルバム『almost seventeen』がオリコン最高2位を記録。成長が期待される、若手女性アーティストの1人として注目された。

2003年、LISAの脱退によってボーカル不在となった、m-floのゲストボーカリストとして、シングル「I LIKE IT」(Crystal Kay loves M-FLO 名義)と、その客演返しとしてシングル「REEEWIND!」(M-FLO loves Crystal Kay 名義)を同時にリリース。2枚共にオリコン10位以内に入るヒットとなった。

2003年の4thアルバム『4 REAL』以降、R&B路線からポップスにシフトしていった。

元々、全米進出を希望しており、同年、世界進出を視野に入れた全英語詞曲収録の『NATURAL -World Premiere Album-』を発表し、アジア市場への進出を試みた。

2003年よりクリスマスコンサートを開催(2005年は完全招待制で行なわれた)。

・2004年 - 2005年
デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード「Motherland」を発売。人気アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす。 そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。

学業においては、アメリカン・スクールで就学後、2004年10月からは上智大学国際教養学部(旧比較文化学部)に進学。2008年9月卒業。BENIとはアメリカン・スクールからの同級生で親友でもあり、青山テルマは後輩にあたる。

『CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る。再来日後、同年11月にシングル「Bye My Darling!」、2005年1月には「Kiss」をリリース。そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録。 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル「恋におちたら」を発表。それまでのCrystal Kayの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する。このころ、歌唱法で悩み、2004年頃から始めていたボイストレーニングに集中する。幸い「恋におちたら」が比較的簡単な楽曲だったため、歌に自信を取り戻すための時間にはゆとりがあった。同年、CHEMISTRYとのコラボレーション曲「Two As One」が発表された。

・2006年 - 2008年
2006年2月8日に17枚目の両A面シングル「Kirakuni/Together」を発表。大人のチルアウト・チューンと銘打たれたジャム&ルイスプロデュースのダンスナンバー「Kirakuni」のPVでは、和をモチーフにした世界観に和服姿で登場し、久々にダンスも披露した。カップリングの「Together」は テレビ東京系『トリノ2006』テーマソングとなった。このシングルリリースから2週間後には、「恋におちたら」や「Kirakuni」を収録した6thアルバム『Call me Miss...』をリリースし、5作連続でオリコン初登場2位を記録した。
2007年、1月17日に約1年ぶりとなるシングル「きっと永遠に」(映画『僕は妹に恋をする』エンディング・テーマ)、2月28日にアニメ『のだめカンタービレ』エンディングテーマ「こんなに近くで...」を2か月連続リリース。さらに、先行シングル「あなたのそばで」を経て、6月20日に7thアルバム『ALL YOURS』を発売。全曲ラブ・アンセムと銘打った作品で、デビュー以来初めてのオリコン初登場1位を記録した。同年10月2日よりJ-WAVEのラジオ番組『THE UNIVERSE』で毎週火曜日のナビゲータ(DJ)を担当。同年11月28日に初のミニアルバム『Shining』をリリースする。同ミニアルバム収録曲の「Shining」はPARCO X'masのCMソングに起用され、自身もイメージキャラクターとなり、CMや広告など各種媒体に登場した。

2008年3月4日に『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ』の主題歌に、Crystal Kayの未発表の新曲「ONE」が決定する。これはCrystal Kay初のアニメ映画主題歌となる。また、同映画では声優としてラッキーの声を担当。同年3月15日に「SPACE SHOWER Music Video Awards 08」にて、同アワードでは新設となるBEST ONLY SSTV EDITIONを「あなたのそばで "for SPACE SHOWER TV"」で受賞。6月11日にシングル「涙のさきに」をリリースしたのを皮切りに7月16日には前述の未発表の新曲であった「ONE」をリリース。さらには8月6日には前作より1年2か月ぶりとなるアルバム『Color Change!』と3か月連続でリリース。10月からは約1年ぶりの全国ツアーを開催した。

・2009年 - 2014年
2009年7月1日にデビュー10周年を迎え、それを記念した自身初となるベストアルバム『BEST of CRYSTAL KAY』を9月2日に発売する。2010年、日本テレビ系ドラマ『左目探偵EYE』でドラマに初出演した。

2011年2月に予定していたツアー『Crystal Kay Live Tour 2011 Spin The Music』は本人の体調不良のため全公演中止となった。10月にユニバーサルインターナショナル内の邦楽レーベルDelicious Deli Recordsに移籍することを発表。

2012年6月に出身地の神奈川県横浜市で開催されるイベント「横浜セントラルタウンフェスティバルY153」のシンボルアーティストを務める。

2013年1月16日、舞台『DANCE EARTH~生命の鼓動~』のメインキャストで結成したユニットDANCE EARTH PARTYとして「イノチノリズム」をリリース。

2014年7月1日、デビュー15周年。11月よりマネージメントを LDHに移籍。

・2015年
2015年6月3日、LDH移籍後初のシングル「ワイルド・ヒーローズ」の主題歌、「君がいたから」をリリース。

■ディスコグラフィ
・シングル
1st 1999年7月1日 Eternal Memories
2nd 1999年9月8日 TEENAGE UNIVERSE~Chewing Gum Baby
3rd 1999年11月3日 こみちの花
4th 2000年3月22日 Shadows of Desire
5th 2001年5月9日 Girl's Night
6th 2001年7月4日 Ex-Boyfriend
7th 2001年11月28日 think of U
8th 2002年8月7日 hard to say
9th 2002年10月23日 Girl U Love
10th 2003年1月22日 Boyfriend -partⅡ-
11th 2003年6月18日 I LIKE IT
12th 2003年10月22日 Candy
13th 2003年11月27日 Can't be Stopped
14th 2004年5月12日 Motherland
15th 2004年11月17日 Bye My Darling!
16th 2005年1月26日 Kiss
17th 2005年5月18日 恋におちたら
18th 2005年10月5日 Two As One
19th 2006年2月8日 Kirakuni/Together
20th 2007年1月17日 きっと永遠に
21st 2007年2月28日 こんなに近くで...
22nd 2007年5月16日 あなたのそばで
23rd 2008年6月11日 涙のさきに
24th 2008年7月16日 ONE
25th 2009年8月13日 After Love -First Boyfriend- feat. KANAME(CHEMISTRY)/Girlfriend feat. BoA
26th 2010年11月24日 Journey ~君と二人で~
27th 2011年12月14日 Superman
28th 2012年3月14日 デリシャスな金曜日/ハルアラシ
29th 2012年6月6日 Forever
30th 2015年6月3日 君がいたから
31st 2015年9月16日 REVOLUTION
32nd 2016年3月23日 サクラ
33rd 2016年9月14日 Lovin' You

・配信シングル
2013年2月27日 My Heart Beat / 風の彼方
2017年2月17日 Faces

・アルバム
1st 2000年3月23日 C.L.L ~CRYSTAL LOVER LIGHT~
2nd 2001年8月22日637 -always and forever-
3rd 2002年10月23日 almost seventeen
4th 2003年11月27日 4 REAL
5th 2005年3月2日 Crystal Style
6th 2006年2月22日 Call me Miss...
7th 2007年6月20日 ALL YOURS
8th 2008年8月6日 Color Change!
9th 2010年12月8日 Spin The Music
10th 2012年6月27日 VIVID
11th 2015年12月16日 Shine

・ミニアルバム
1st 2007年11月28日 Shining
2nd 2010年6月16日 FLASH

・その他のアルバム
アジア
2003年11月7日 Crystal Kay

セレクション
2004年6月30日 CK5

ベスト
2009年9月2日 BEST of CRYSTAL KAY

リミックス
2009年12月16日 THE BEST REMIXES of CK

セレクション
2011年12月14日 LOVE SONG BEST

■出演
・ラジオ
Boys & Girls Night
きいてミルク!!(InterFM、「SOUL BLENDS」内)
濱LOVE(FMヨコハマ、2006年 - 2007年)
アーティスト・プロデュース・スーパー・エディション(JFN、2007年6月)
THE UNIVERSE(J-WAVE・Brandnew J、2007年 - 2008年])
STANDBY OH! MY RADIO(Brandnew J、2008年 - 2009年)
OH! MY RADIO (J-WAVE・Brandnew J、2008年 - 2009年)

・CM
SONY「MDウォークマン」(2002年 - 2003年)
東京モード学園(2003年)
NTTドコモ「Music PORTER」(2004年 - 2005年)
伊藤園「TULLY'S BARISTA'S SPECIAL」(2007年 - 2010年)
パルコ「地球がいちばん輝く日。PARCO X'MAS」(2007年)
DeNA「戦国コレクション」(2013年)
カゴメ「カゴメトマトジュースプレミアム」(2016年)※山下久美子の楽曲『赤道小町ドキッ』を歌唱。ボイスパーカッションも本人の声である。

・イメージモデル
クリスタ長堀(2012年)

・テレビドラマ
左目探偵EYE(2010年、日本テレビ) - 黒晶晶 役
ノンママ白書 第4話(2016年9月3日、東海テレビ・フジテレビ) - バーの女性客 役

・映画
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ(2008年、東宝) - ラッキー 役
山形スクリーム(2009年、ギャガ・コミュニケーションズ) - ケイシー・千尋・セバスチャン 役
ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊(2011年、ワーナーブラザーズ) - グローリア 役(吹き替え)

・舞台
DANCE EARTH ~生命の鼓動~(2013年2月)

・ミュージック・ビデオ
EXILE THE SECOND「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」(2016年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Crystal Kayを「ウィキペディア」で参照する