東村芽依(ひがしむらめい)

誕生日:
1998年8月23日
星座:
おとめ座
身長:
153cm
画像 記事 プロフィール

東村芽依の関連リンク

東村芽依に関する画像

東村芽依に関する記事

  1. 日向坂46加藤史帆・佐々木美玲、気配斬り対決で連携プレイ 可愛らしい乱打戦に「面白すぎ」

    モデルプレス

  2. 日向坂46東村芽依、初水着&ランジェリー撮影は「本当に緊張」不安乗り越えられた理由と年長メンバーとしての“自覚”<見つけた>

    モデルプレス

  3. 日向坂46東村芽依、写真集の見どころは?加藤史帆お気に入りは「お風呂」「黒のランジェリー」カット

    モデルプレス

  4. 日向坂46東村芽依、24歳迎え“できるようになったこと”「1人でこっそり…」<見つけた>

    モデルプレス

  5. 日向坂46東村芽依、オードリーへ写真集を渡す心境は?「ひなあい」贔屓企画への本音も語る<見つけた>

    モデルプレス

  6. 日向坂46東村芽依“2~30cmカット”撮影中に大胆イメチェンした理由 写真集に抱いていた憧れも明かす<見つけた>

    モデルプレス

  7. 日向坂46東村芽依、ピンク一色のメルヘン空間でうっとり 1st写真集裏表紙4種公開<見つけた>

    モデルプレス

  8. 日向坂46東村芽依、プールで可愛らしい姿 1st写真集初版10万部決定<見つけた>

    モデルプレス

  9. 日向坂46東村芽依、ギンガムチェックビキニ・泡風呂で猫耳姿初解禁 1st写真集封入ポストカード全6種公開<見つけた>

    モデルプレス

  10. 日向坂46佐々木久美&東村芽依、ペアグラビア披露 渡邉美穂卒セレ・「W-KEYAKI FES」振り返る

    モデルプレス

  11. 日向坂46東村芽依、水着姿で寝そべるショットも 1st写真集先行カット「BRODY」独占公開

    モデルプレス

  12. 日向坂46東村芽依、初ランジェリーカット解禁 見せたことのない大人な表情<見つけた>

    モデルプレス

  13. 日向坂46東村芽依、初の水着カット解禁で“やんちゃ”な姿<見つけた>

    モデルプレス

  14. 日向坂46東村芽依、1st写真集タイトル決定 インパクト大の表紙4種も解禁<見つけた>

    モデルプレス

  15. 北川景子・戸田恵梨香・窪田正孝・INI藤牧京介・池崎理人…8月生まれの豪華芸能人

    モデルプレス

  16. 日向坂46齊藤京子、“マブダチ”減る「濱岸だけになりましたね…」

    モデルプレス

  17. 日向坂46金村美玖「一生忘れられない」ファンとの再会&グループ団結のきっかけ振り返る

    モデルプレス

  18. 日向坂46東村芽依、ファンタジー感満載衣装&自然体な姿も…1st写真集特典ポストカード13種公開

    モデルプレス

  19. 日向坂46東村芽依と夜の散歩 “やんちゃ感”溢れる1st写真集先行カット解禁

    モデルプレス

  20. 日向坂46潮紗理菜・東村芽依・高本彩花、ノースリーブ姿で密着「週刊SPA!」表紙登場

    モデルプレス

東村芽依のプロフィール

東村 芽依(ひがしむら・めい)

生年月日:1998年8月23日
出身:奈良県
血液型:O型
身長:153cm

■略歴
2016年
5月8日、「けやき坂46オーディション」の合格者として、ライブ配信サービスの「SHOWROOM」の配信でお披露目される。
5月14日、関西コレクションでランウェイモデルを務める。
8月10日、2枚目のシングル『世界には愛しかない』(通常盤)に収録された「ひらがなけやき」で、歌唱に初めて参加する。
9月5日、「欅って、書けない?」で、テレビ番組に初めて出演する。
10月28日、東京・赤坂BLITZで行われた「ひらがなおもてなし会」でステージデビュー。
11月30日、3枚目のシングル『二人セゾン』(TYPE-B)に収録された「誰よりも高く跳べ!」で、ミュージックビデオに初めて出演。
12月24日・25日、東京・有明コロシアムで行われた欅坂46初のワンマンライブで、コンサートに初めて出演する。

■参加曲
・シングルCD選抜曲
欅坂46
「世界には愛しかない」に収録
ひらがなけやき - けやき坂46名義
「二人セゾン」に収録
誰よりも高く跳べ! - けやき坂46名義
「不協和音」に収録
W-KEYAKIZAKAの詩 - 欅&けやき坂組名義
僕たちは付き合っている - けやき坂46名義

・アルバムCD選抜曲
欅坂46
「真っ白なものは汚したくなる」に収録
太陽は見上げる人を選ばない - 欅&けやき坂組名義
永遠の白線 - けやき坂46名義

出典:フリー百科事典『エケペディア』