橋本梨菜(はしもとりな)

誕生日:
1993年9月13日
星座:
おとめ座
身長:
158cm
画像 記事 プロフィール

橋本梨菜の関連リンク

橋本梨菜に関する画像

橋本梨菜に関する記事

  1. 橋本梨菜「推しが見つかると思います」R・I・P×スピリッツ40周年メモリアルブックで圧巻美ボディ披露

    モデルプレス

  2. 森咲智美&犬童美乃梨、東京五輪での日本代表選手に感化「世界でグラビア頑張ります!」

    モデルプレス

  3. 水着と音楽の新夏フェス開催 橋本梨菜・CYBERJAPANら出演「Paradise BEACH Runway」

    モデルプレス

  4. 橋本梨菜 七夕の願い事に「子供の時は、石油王と結婚したい、と書いていた」

    東スポWeb

  5. 犬童美乃梨・橋本梨菜・青山ひかるら“sherbet”ツアー開幕に感慨「6年間の集大成を見せたい」

    モデルプレス

  6. 犬童美乃梨・橋本梨菜・青山ひかるら“sherbet”、結成6年で「大人になった」

    モデルプレス

  7. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、胸元ざっくりゴージャスドレスで登場<関コレ2021S/S>

    モデルプレス

  8. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、SEXYビキニ姿で登場「どんどん白くなっていく」悩みも告白

    モデルプレス

  9. 犬童美乃梨ら、クリスマス衣装で“新人巨乳グラドル”発掘に意気込み

    モデルプレス

  10. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、スケスケシャツ撮影秘話明かす 新境地の写真集に自信

    モデルプレス

  11. 犬童美乃梨、“なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜よりこんがりボディ “週1日サロ通い”明かす

    モデルプレス

  12. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、温泉で欲情MAX「気が付いたら脱いじゃってました」

    モデルプレス

  13. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、妖艶スタイルに釘付け

    モデルプレス

  14. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、水着&道着姿で登場 演じてみたいのは「結婚詐欺師」

    モデルプレス

  15. “日本一黒いグラドル”橋本梨菜、カメラを踏みつけるドSなSEXYショット挑戦を明かす

    モデルプレス

  16. 葉月あや、自粛期間に3キロ減 犬童美乃梨の“みのトレ”効果「すごい」

    モデルプレス

  17. “なにわのブラックダイヤモンド”橋本梨菜、映画初主演 AV出演命じられるアイドル役に

    モデルプレス

  18. 犬童美乃梨・橋本梨菜・青山ひかるら「sherbet」、ツアー初日が無観客開催に 心境語る「悔しくて泣いてしまった」

    モデルプレス

  19. グラドル25人、美ボディ全開で集結 橋本梨菜・犬童美乃梨が新年の抱負「いろんな隙間に入り込む」

    モデルプレス

  20. 犬童美乃梨、トレーニング動画が人気のYouTube「#みのトレ」100万人登録目指す「もっと力を入れて頑張りたい」

    モデルプレス

橋本梨菜のプロフィール

橋本 梨菜(はしもと・りな)

生年月日:1993年9月13日
出身:大阪府
血液型:A型
身長:158cm

アイドルグループsherbetの一員。リップ所属。通称「日本一黒いグラドル」、「なにわのブラックダイヤモンド」。

■経歴
7歳から子役でスタートし、その後大阪でアイドルユニットを結成。解散後グラビアを薦められ気が乗らずにいたが、2014年、汐留グラビア甲子園2014にて準グランプリを獲得する。

2015年、初のDVD作品『フェアリーナ』がイーネット・フロンティアより発売される。同年、『ミルキー・グラマー』が竹書房より発売される[12]。また、『恋して、りーりー』がラインコミュニケーションズより発売された。

■作品
・DVD
フェアリーナ(2015年3月20日 、イーネット・フロンティア)
ミルキー・グラマー(2015年6月19日 、竹書房)
恋して、りーりー(2015年10月20日 、ラインコミュニケーションズ)
りな恋(2016年1月22日、イーネット・フロンティア)
隣のりーりー(2016年6月22日、ラインコミュニケーションズ)
りなフェチ(2016年10月21日、竹書房)
恋は小麦色(2017年2月20日、ラインコミュニケーションズ)

■出演
・ラジオ
sherbet flavor(2016年10月2日 - 2017年3月26日、FM-FUJI)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.