樋渡結依(ひわたしゆい)

「樋渡結依」に関連するモデルプレス記事

  1. AKB48樋渡結依、卒業を発表<コメント全文>

    モデルプレス

  2. AKB48樋渡結依、活動休止を発表

    モデルプレス

  3. AKB48高橋朱里、メンバーが素顔を暴露<曖昧な自分>

    モデルプレス

  4. AKB48小栗有以ら、美肌際立つ“おフェロ”ショット公開 世界選抜総選挙「超注目の100人」が話題

    モデルプレス

  5. AKB48パーツコンテスト“美脚1位”が決定

    モデルプレス

  6. AKB48「次世代の前田敦子と大島優子」がWセンター 平均年齢16歳“最注目の若手”選抜公演開幕<「世界は夢に満ちている」公演レポ・セットリスト>

    モデルプレス

  7. <AKB48グループ選抜総選挙投票前企画>モデルプレスが推したい“モデルプレス選抜20人”を発表

    モデルプレス

  8. 小嶋陽菜が注目するAKB48グループ次世代メンバーは?「心奪われた」「めちゃくちゃ可愛い」<若手メンバー5人プロフィール>

    モデルプレス

  9. AKB48、ドラフト指名候補生を家庭訪問

    モデルプレス

樋渡結依のプロフィール

樋渡 結依(ひわたし・ゆい)

生年月日:2000年4月30日
出身:埼玉県
血液型:A型

■略歴
2006年から2007年にかけて、ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」のCMに出演。

2007年にロッテ「キシリトールガム」のCMに仲間由紀恵と出演。

2013年12月17日より、アイドルグループ「からっと☆」に加入して活動を開始。2014年8月17日に「からっと☆」を卒業。

2015年5月10日に開催された第2回AKB48グループドラフト会議において、第1巡目に3チーム(AKB48チームA・NMB48チームN・NMB48チームBII)から指名され、抽選によりAKB48チームAが交渉権を獲得した。翌6月23日にチームA公演で前座デビューした。

2015年9月17日、同年9月12日から始まったAKB48劇場での春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」特別公演に初出演する。同年11月8日、AKB48劇場での田中将大「僕がここにいる理由」特別公演に初日メンバーとして出演する。

2016年2月10日、チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」初日公演において、正規メンバーへの昇格が発表される。同年6月1日発売のAKB48の44枚目のシングル「翼はいらない」で初めて選抜メンバーに入った。

■AKB48での参加楽曲
・シングル選抜楽曲
「君はメロディー」に収録
M.T.に捧ぐ - 「横山Team A」名義
翼はいらない
Set me free - 「Team A」名義
「ハイテンション」に収録
抑えきれない衝動 - 「ウェイティングサークル」名義
「シュートサイン」に収録
アクシデント中 - 「AKB48 U-19選抜」名義
「願いごとの持ち腐れ」に収録
前触れ

・劇場公演ユニット曲
チームA「恋愛禁止条例」公演
ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」
制服ビキニ
夢でKiss me !(宮脇咲良のユニットアンダー)

■出演
・テレビドラマ
上を向いて歩こう~坂本九物語~(2005年、テレビ東京)
メッセージ~伝説のCMディレクター・杉山登志~(2006年、MBS)
MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!(2007年、テレビ東京) - 近衛木乃香(幼少) 役
斉藤さん(2008年、日本テレビ) - あやめ組園児 役

・映画
のんちゃんのり弁(2009年)

・CM
ベネッセ こどもちゃれんじEnglish(2006年 - 2007年)[2]
ライオン バルサン(2006年)
京都銀行(2007年)
ロッテ キシリトールガム(2007年)[2]
ジョンソン・エンド・ジョンソン バンドエイド・素肌フィット(2007年)
外為どっとコム(2009年)
日本マクドナルド SOFT TWIST(2009年)
スマイルプリキュア!(2012年)
フジッコ おまめさん「いただきますの心」篇・ふじっ子煮「いただきますの心」篇(2013年)[14]
ドキドキ!プリキュア(2013年)
ハピネスチャージプリキュア!(2014年)
明石スクールユニフォームカンパニー(2016年)

■書籍
・雑誌連載
LOVE berry(2015年12月25日 - 、徳間書店) - モデル

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

樋渡結依を「ウィキペディア」で参照する