春風亭昇太 じゅんぷうていしょうた

「春風亭昇太」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「春風亭昇太」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「春風亭昇太」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

春風亭昇太のプロフィール

春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた)
先代は前座の時に名乗っただけであるため、代数をつけて呼ぶことはない。
先代 - 現:3代目昔昔亭桃太郎。
当代 - 本項にて記載。

一門
師の春風亭柳昇は、自身の身体的特徴もあり(落語の道に入る前、兵役中の負傷で手の指を数本欠いていた)、新作落語専門で大成した人物であったが、弟子たちは新作派(昔昔亭桃太郎)、古典派(9代目春風亭小柳枝、瀧川鯉昇)とバラエティに富む。昇太は新作が売物であるが、古典もかなりの量を手掛けている。ただし、誰とも似ていない昇太流の強烈なアレンジが施されている。
また、もともとテレビの視聴者参加番組から出てきて弟子入りしたという経緯もあるが、テレビ活動に力を入れるところも師・柳昇譲りである。
昇太は前述のごとく6代目春風亭柳橋の一門で、柳派であってもルーツは春風亭柳枝(4代目とそれ以前の)。同じ春風亭であっても、春風亭小朝はその大師匠林家彦六の一門で、3代目柳家小さんの系統。彦六が小朝の師匠・5代目春風亭柳朝の真打昇進時に6代目柳橋から「柳朝」の名跡を譲り受けた経緯があるものの、昇太と小朝の間には一門の関係はない。

来歴・人物
東海大学第一高校を卒業。高校時代はソフトボール部に所属していた。1978年(昭和53年)東海大学文学部に入学し、ラテンアメリカ研究会に入ろうとして部室を訪ねたが、たまたま留守で、隣の部室だった落語研究部の先輩に「ここで待ってれば?」と声を掛けられて部室に招き入れられ、稽古等を見ていて「楽しそうなので」入部(同時に学生プロレスのリングアナ兼、実況として活躍)。落研時代の高座名は「頭下位亭切奴」(とうかいてい きりど)。名前の由来は、突然部室にやって来た一年生に上級生が「ドッキリした」ことから、「ドッキリ → きりどっ → きりど」となったという。学生時代にテレビ東京の『大学対抗落語選手権』にて優勝、落研の先輩のすすめでテレビ朝日の『ザ・テレビ演芸』に漫才コンビ、ザ・まんだらーずとして出演。初代グランドチャンピオンになったのを期に大学を中退し、1982年(昭和57年)、春風亭柳昇に入門した。
前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演している。なお、前座名の昇八は、柳昇の8番弟子であることから付けられている(林家彦六の9番弟子である林家九蔵とほぼ同様の理由)。師匠が新作落語の名手と謳われた柳昇ということもあり、同じく新作落語を活動の中心に置き、「悲しみにてやんでい」など型破りな新作落語で人気を得た。
1986年(昭和61年)に二つ目に昇進、春風亭昇太となった。
1989年(平成元年)にNHK新人演芸コンクール優秀賞受賞、1992年(平成4年)に席亭推薦による抜擢で真打に昇進した。7人抜きの昇進だった。
1998年(平成10年)に平成9年度の浅草芸能大賞新人賞受賞。
2000年(平成12年)の独演会「古典とわたし」など独自の解釈を加えた古典落語にも挑戦する(二つ目時代すでに独演会で古典落語に挑戦し、昇太風アレンジを加えた「初天神」を披露している)。同年国立演芸場花形演芸大賞、文化庁芸術祭大賞受賞。
2003年(平成15年)、柳家喬太郎らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「4」。同年、タレントの松尾貴史、マジシャンのパルト小石(ナポレオンズ)、コメディ作家の須田泰成らと、東京都世田谷区のバー「bar-closed」の共同経営をはじめた。
2005年(平成17年)には落語を題材にしたテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演し、自ら出演俳優らに落語の演技指導も行った。同年10月からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを務める。また伊東四朗と三宅裕司を中心に2004年に結成された演劇ユニット熱海五郎一座に参加、その後の作品に出演を続ける。
2006年(平成18年)1月8日には、毎日放送制作のドキュメンタリー番組『情熱大陸』で特集された。落語家によるデキシーバンド「にゅうおいらんず」でトロンボーンを担当(師匠・柳昇も、噺家になる前の会社勤めをしていた頃に、勤務先の吹奏楽団でトロンボーンを吹いていた)。SWA(創作話芸アソシエーション)の一員であると同時に、東西落語界の壁を超えた六人の会の一人である。
2006年5月より、日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーに加入した。4代目司会者の5代目三遊亭圓楽が勇退し、桂歌丸が回答者から5代目司会者になったため、歌丸の後継でレギュラーとなった。回答席は歌丸の後継だが、着物は歌丸が薄緑(後に濃緑)を続けたため銀鼠の着物を着用。歌丸休演時はレギュラー大喜利でも司会を務めたこともある。
2016年5月22日、『笑点』5代目司会者・桂歌丸の勇退により6代目司会者に就任することが発表された。
同年、第29回日本メガネベストドレッサー賞・文化界部門を受賞。

芸歴
1982年、春風亭柳昇に弟子入りし、春風亭昇八と名乗る(前座名は柳昇の8番弟子であることに由来)。
1986年9月、二つ目に昇進、春風亭昇太に改める。
1992年5月、席亭推薦により抜擢にて真打昇進。
2000年、独演会「古典とわたし」の成果が認められ、文化庁芸術祭大賞受賞。

エピソード
50代後半となった現在も結婚歴はなく、独身。出演番組でもそのことをネタにされることが多い。本人はしばしば「結婚はしない」と発言しており、弟子の春風亭昇也が同年5月6日に挙式をした際に、昇太は「仲人」「師匠」ではなく「友人代表」として出席した。
アジの干物まで作るほどの料理好き。
持っている着用メガネは50本以上。
自宅には、ダイヤル式テレビや蓄音機などレトログッズだらけの部屋がある。
いわゆる旧車好き。31歳でローバー・ミニを、35歳でトヨタ・パブリカ800を、37歳でダットサン・ブルーバード312を購入。2012年5月16日に「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ)に出演した際にマツダ・キャロルが欲しいことを明かしていたが、その後実際にマツダ・キャロル600(当時世界に3台しかなかった)を入手したという。本人曰く「一番の夢は平屋の家を建てて庭に置いたパブリカやダットサンを眺めつつ縁側でお茶を飲むこと」。
趣味は中世城郭めぐり。城関連の書籍を出したり、TV番組出演や講演活動も行っている。
ミドリフグやハムスター、モモンガを飼育している。
プロレス好きとしても知られ、ルチャリブレ観戦にわざわざメキシコまで行き、覆面をまとめ買いしたこともある。
東京ヤクルトスワローズのファンであり、『ウチくる!?』で間接的に高津臣吾についてコメントしたこともある。
サッカーでは、清水出身ということで、自他ともに認めるJリーグ・清水エスパルスのサポーターである。チーム会報「エスパルスニュース」で連載を持っていたこともある。
独演会の開演時には、「携帯電話撲滅キャンペーン」の自作映画を上映。さらに、噺と噺の間に行うステージ上での生着替えが定番となっている。
2007年に初めて直弟子を持った。オフィシャル本の中では、男同士でサシで向き合うのがこんなにも気恥ずかしいことなのかと感じ、柳昇への弟子入り当時のことを思い出しながら、どう稽古を付けたらよいか模索しているとのこと。また『笑点』に出演するようになってから地方のコンビニエンスストアでポルノ雑誌が買えなくなったため、せっかく取った弟子に買いに行かせることにしたと語っている。
1993年に高田文夫のラジオビバリー昼ズの企画で他の4名の若手(当時)落語家とともに立川談志に寝起きドッキリを仕掛けた際、「古典(落語)は上手にできないので新作をやっている」と聞いたところ、談志から「(古典も)できると思うよ、センスがあれば」と返された。

『笑点』の大喜利メンバーとして
2006年5月に、4代目司会者の5代目三遊亭圓楽が勇退、桂歌丸が回答者から5代目司会者になったことに伴い、歌丸の後継で大喜利レギュラーメンバーとなった。以後、10年間に渡ってレギュラー回答者を務めた。2016年5月の歌丸の司会引退に伴い、6代目司会者に抜擢された。
前述の通り結婚歴がなく独身であるが、これは『笑点』大喜利レギュラーメンバーでは唯一であり(共演する他の回答者および座布団運びの山田は全員が既婚者・子あり)、回答者時代よりたびたび攻撃材料とされている。2016年5月に新メンバーとなった二代目林家三平は番組加入時点では子どもがいなかったが、同年11月に第一子となる男児が誕生しており、再び唯一の「独身・子なし」キャラとなった。司会者となってからは回答者時代以上に他のメンバーからの攻撃材料(例として独身であるが故に「芝浜」が出来ないなど[7])となっているが、本人は「一人が楽でしょうがない」と開き直っている。

正式加入前
演芸コーナーで若手大喜利を放送していた頃には大喜利メンバーの1人として出演していたことがあり、1990年代後半に入ってからは大喜利下剋上(若手大喜利)の司会を務めるようになった(『BS笑点』→『笑点Jr.』での総合司会につながる)。
5代目三遊亭圓楽とは1999年1月1日放送の師弟大喜利で昇太が司会者で5代目三遊亭圓楽と三遊亭洋楽が師弟で回答者、林家こん平とは同師弟大喜利で林家こん平と林家たい平が師弟で回答者として出演して共演している。

回答者時代
大喜利メンバー加入のオファーがあった際には、『笑点』でのキャラクターがせっかくうまくいっている落語の仕事の邪魔になるのではないかと考えていたが、落語家の親に孝行したいという思いでオファーを引き受けた。メンバーが前座時代から一緒にいる人達で、後輩の林家たい平が先に大喜利メンバー入りしていることが昇太にとっては楽であったという。自身の「嫁いないキャラ」が定着したきっかけは6代目三遊亭円楽が「昇太には嫁がいない」などというようなことを最初にいったのがウケたことであり、周りの人がそれに乗っかっていつの間にかそうしたキャラが出来上がった。
大喜利メンバーの新加入年齢では、4代目三遊亭金馬の41歳を抜いて歴代最高齢である(46歳)。また1988年に三遊亭好楽が復帰して以来長らくメンバーはほぼ不変(林家こん平の病気によって、その弟子の林家たい平が代理出演していた時期もあった)であったが、その三遊亭好楽以来18年ぶりとなる新メンバーとなった(同時に林家たい平も、正式に新メンバーとなった)。
加入して日が浅い頃には奇をてらうことのない答えが多く、答えた後に会場が一瞬沈黙状態になることもあった。喋る途中で呂律が回らない、舌を噛むという師匠柳昇と同様の欠点があり、「カミカミ王子」を自虐ネタとしている。歌丸司会時代の10年間では座布団10枚を4回経験している一方で、6代目円楽(前名楽太郎)が率いるブラック団の一員として団長の6代目円楽以上に毒のきつい、歌丸罵倒ネタを時折言い放つこともあり、歌丸司会時代に「一度に9枚座布団を剥奪された」不名誉な記録を持っている。
兄弟番組の『笑点Jr.』では、『BS笑点』としてスタートしてから放送終了に至るまで総合司会を務め、ハキハキと取り仕切る様が映っていた。大喜利でも司会を務めるが威厳を敢然と振りかざすには至らず、メンバーに振り回される様子もしばしば見られた。本家『笑点』の大喜利でも代理司会を務めたことがあるが、たい平以外のメンバー全員が先輩だったことから、『Jr.』に輪をかけて振り回されていた。

司会者時代
2016年5月22日、桂歌丸の司会引退に伴い6代目司会に抜擢された。その起用理由はプロデューサーから「消去法」と冗談めかして語られた。
司会就任当初は後輩にあたるたい平、2代目三平を指名するときは、君付けで、逆に先輩の小遊三、好楽、木久扇、6代目円楽は師匠付けで呼んでいた(歌丸時代に代理司会を務めた時も同様)が、2016年6月19日(第2518回)放送分以降は「さん」付けで統一された。一方で座布団運びの山田隆夫についても、当初は山田の方が先輩であることから「さん」付けで呼んでいたが、山田本人から「山田君で良い」と言われたことから、過去の司会者(五代目圓楽、歌丸)と同様に「山田君」と呼ぶようになった(2016年5月29日放送分より)。

主な新作落語
『悲しみにてやんでい』
『ワシントン伝』
『力士の春』
立川藤志楼・演によるリニューアル作品『力士の春'08』もあり
『ストレスの海』
『宴会の花道』
『リストラの宴』
『愛犬チャッピー』
『お父さんの決断』
『夫婦に乾杯』
『吉田さんのソファー』
『マサコ』
『遠い記憶』
『人生が二度あれば』
『花粉寿司』


ラジオ
春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ(1989年12月-、ニッポン放送、水曜)

テレビ
笑点(2006年5月14日-、日本テレビ)BS日テレの笑点 特大号など含む 。2016年5月29日より6代目司会者。レギュラー出演以前は1998年から『若手大喜利』(不定期)の司会として出演。
Beポンキッキ(2008年4月7日-、BSフジ) - コーナーアニメ「いじいじくん」声の出演
あなたが主役 50ボイス(2008年11月-、NHK)
CS放送旅チャンネル 09年4月~9月の特集「ディスカバー・ニッポン!」の応援団として
房の駅せいたの天気予報(千葉テレビ)

過去
春風亭昇太のスーパーギャング(1991年7月 - 1992年3月、TBSラジオ)
春風亭昇太と大川興業のパックインミュージック21(1992年4月 - 1992年12月、TBSラジオ)
春風亭昇太のオールナイトニッポン(2005年10月 - 2006年12月、ニッポン放送)
春風亭昇太の千客万来(綜合放送製作、全国AMラジオ数局)

TV
朝です!しずおか (1989年 - 1992年、静岡けんみんテレビ) - レポーター
平成名物TV ヨタロー(1989年、TBSテレビ) - 「芸協ルネッサンス」として出演
生活情報クイズ 知って得Q便!(1990年10月6日 - 1992年9月26日、中京テレビ)
日立 世界・ふしぎ発見!「爆笑・東海道五十三次物語」(1991年、TBS) - レポーター
タミヤRCカーグランプリ(1992年4月 - 1999年3月、テレビ東京)
たまにはキンゴロー(1992年4月 - 9月、フジテレビ)
夜鳴き弁天(1992年10月 - 1993年3月、フジテレビ)
ピロピロ(1993年4月 - 9月、フジテレビ)
落語のピン(フジテレビ)
1993年5月12日:お父さんの決断
1993年6月9日:へっつい盗人
1993年7月14日:看板のピン
1993年8月11日:Jリーグの悲しみ
1993年8月18日:権助魚
1993年9月22日:ちりとてちん
1993年9月29日:悲しみにてやんでぃ
1993年12月29日:愛犬チャッピー
1995年1月2日:宴会の花道
ビッグトゥデイ(1995年10月2日 - 1999年3月31日、フジテレビ) - コーナー出演
夢見る小犬ウィッシュボーン(1998年4月 - 1999年3月、NHK) - 海外ドラマ主役(犬)の吹き替え
噂の!東京マガジン(TBS)
初笑い東西寄席(2000年、2001年、2003年 - 2008年、2011年、2014年、NHK)
土曜スペシャル(2000年6月 - 、テレビ東京)
出没!アド街ック天国(2001年4月14日、2005年12月10日、2006年11月4日、2007年3月3日、2009年5月2日、2009年6月20日、2010年3月27日、2013年7月13日、テレビ東京)
てれび博物館 それってホント!?(2002年4月 - 2006年3月、東海テレビ)
情熱大陸(2002年8月25日、2004年9月24日、2006年1月8日、2007年1月7日、2009年1月4日、TBS)
BS笑点(2003年10月 - 2007年3月、BS日テレ)
ウォッチ!(2004年、TBS) - コメンテーターとして出演
発見ふるさとの宝(2005年3月29日 - 2006年3月14日、NHK総合テレビ) - 司会 = ふるさとの宝を考える会長
第1回輝け!オールスター合唱コンクール(2006年9月16日・テレビ東京) - 落語家合唱団として参戦、バリトン担当
笑点Jr.(2007年4月 - 2011年3月、日テレプラス)
ぶらり途中下車の旅(2008年9月27日、2009年4月4日、日本テレビ)
ソロモン流(2008年9月29日、2009年1月4日、2012年7月1日、テレビ東京)
ザ・ノンフィクション「投げ出せないそば人生~5年間の記録~」(2008年10月5日、フジテレビ)
あなたが主役 50ボイス(2008年11月、2009年4月 - 2009年9月、2010年1月 - 9月、2011年4月 - 10月、2012年10月 - 2013年3月、NHK総合テレビ) - 小池栄子と共に司会
秘密のケンミンSHOW(2010年2月4日、2011年11月10日、2013年8月29日、2014年1月16日、読売テレビ) - 静岡県ケンミンスター
しずおか情報ランチ(2011年4月- 、NHK静岡放送局)月1で「春風亭昇太とゆく!しずおか城めぐり」

ドラマ
はぐれ刑事純情派PART VI(1993年、テレビ朝日) - 落語家 役
相棒 Season1 第3話(2002年、テレビ朝日) - 落語監修
タイガー&ドラゴン(2005年4月15日 - 6月24日、TBS) - 林屋亭どん吉 役
誰(タレ)よりも君を愛す!(2011年4月17日、テレビ静岡・フジテレビ系列) - 本人役
カウンターのふたり 第9話「米粒の鼓動」(2012年8月18日、TwellV) - 貸山笹夫 役
月曜ゴールデン「船上パーサー・氷室夏子 豪華フェリー殺人事件」(2012年8月6日、TBS) - 氷室浩太 役
大河ドラマ NHK総合テレビ
軍師官兵衛(2014年12月7日) - 毛屋主水 役
花燃ゆ(2015年1月25日) - 平六 役
おんな城主 直虎(2017年) - 今川義元 役
下町ロケット(2015年10月18日 - 、TBS) - 柳井哲二役
TBS年末スペシャルドラマ「赤めだか」(2015年12月28日、TBS) - 本人役

映画
免許がない!(1994年、東宝) - 諸星 役
東京★ざんすっ「優しさ」の國(2001年2月10日公開、東映) - 押し合いする男 役
忘れられぬ人々(2001年9月15日公開、ビターズ・エンド/タキコーポレーション) - 八百屋の店員 役
落語娘(2008年8月23日公開、日活) - 漫画喫茶の男 役
エクレール・お菓子放浪記(2011年5月21日公開、マジックアワー) - メガネの中年男 役
映画館落語 かもめ亭 第二弾(2012年10月20日公開、マイシアター) - 本人 役
ふしぎな岬の物語(2014年10月11日公開、東映) - 柴本孝夫 役

CM
はあといん魚勝
キリンビール『秋味』(2006年)
ピエトロ『ピエトロドレッシング』(2006年)
サントリー「笑点キャンペーン」(2007年 - 2010年)
AJOC(オールジャパンメガネチェーン)イメージ・キャラクター
キクチメガネ
富士メガネ(2008年 - )
メガネの相沢
春華堂『うなぎパイ』(2011年)
ヤマダイ『ニュータッチ』(ラジオCM、2012年5月頃から12月末まで高田文夫休養中の間出演)
かんぽ生命保険『企業』(2012年)
財務省『個人向け国債』(2013年)
山本山『山本山のお茶と海苔』(2014年)
高橋書店『手帳は高橋』(2017年版)
マルハニチロ『新中華街シリーズ』「横浜あんかけラーメン「落語」篇・「あおり炒めの焼豚炒飯「弟子に振る舞う」篇・「炒飯の極み〈えび五目XO醤〉「感極まる」篇(2017年2月 - )

書籍
ぼくがモスラを好きなわけ(1992年、立風書房)
楽に生きるのも、楽じゃない(1997年、東京書籍、のち新潮OH!文庫)
はじめての落語。春風亭昇太ひとり会(2005年、糸井重里監修 東京糸井重里事務所) 
城あるきのススメ(2011年、小学館)

共著・監修
楽しんだ者勝ち(2002年、インフォバーン) - 林家たい平と共著
落語って、こんなハナシ 知らないなんてもったいない!(2005年、ブックマン社) - 監修
楽語・すばる寄席(2006年、集英社) - 夢枕獏・林家彦いち・三遊亭白鳥・神田山陽・柳家喬太郎共著
楽語 席亭夢枕獏・爆笑SWAの会(文春文庫) 

CD
ぞろぞろ(2004年7月7日、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
春風亭昇太1(2005年5月18日、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
春風亭昇太2(2009年4月22日、ソニー・ミュージックダイレクト)
春風亭昇太3(2009年5月27日、ソニー・ミュージックダイレクト)
春風亭昇太4(2010年11月24日、ソニー・ミュージックダイレクト)
落語 The Very Best 極一席1000:春風亭昇太 ストレスの海/力士の春(2009年12月9日、ソニー・ミュージックダイレクト)
ざぶとんとおたまじゃくし(2012年4月25日、ソニー・ミュージックダイレクト)

DVD
落語
春風亭昇太 十八番シリーズ-動-(2010年3月29日、ソニー・ミュージックダイレクト)
SWAのDVD -古典アフター-(2011年3月9日、ソニー・ミュージックダイレクト)

OV出演
金なら返せん!(2007年10月1日)
兵庫のおじさん(2008年4月2日、日本コロムビア) - 青野(ブルー) 役
囚われつかじ(2008年9月17日、ポニーキャニオン)

配信
「超城合体タメノブーンV」(歌:水木一郎)2016年6月15日 - 作詞を担当。

一門弟子
春風亭柳太郎(※元は弟弟子だが師の柳昇の死により移門)
春風亭昇々
春風亭昇吉
春風亭昇也
春風亭昇吾
春風亭昇羊
春風亭昇市
春風亭昇りん
春風亭昇咲

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
春風亭昇太を「ウィキペディア」で参照する