PRIZMAX ぷりずまっくす

「PRIZMAX」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「PRIZMAX」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「PRIZMAX」に関連するモデルプレス記事

PRIZMAXのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

PRIZMAXのプロフィール

PRIZMAX(プリズマックス)

4人組ダンス&ボーカルユニット。スターダストプロモーション制作1部[1]所属。
2013年3月27日に日本でデビュー。

■概要
2002年、Sugar&Spiceに所属していた小学生以下の男子4人組ダンスユニット「Wonder☆Wown」として結成。スターダストプロモーションの定期ライブイベント出演やハロー!プロジェクトのツアーダンサーとして活動。のちにPrizmaXと改名。

メンバーの入れ替わりや増員、弟分「PrizmaX Jr.」の結成や合流などを経て、10人組「平均年齢14歳のダンスユニット[2]」となる。代々木公園でのストリートライブを中心に活動。

2008年4月にメンバーの数名がNHK『みんなのうた』発のユニット「クリスタルズ」のCDに参加、11月には「クリスタルズ feat. PrizmaX」バージョンがCD化される。一方で同年からメンバーの脱退が相次ぐ。脱退ではなく活動休止(大半は受験など「学業に専念」という理由)としていたメンバーが復帰したケースはほとんどない。

2010年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。その中では「兄貴ユニット[3]」である。

2012年に3人組にまで人数が減るが、この年から所属事務所主宰以外のライブに出演する機会も増え、「本格的な始動は今年(2012年)から[4]」と宣言。

2013年、5人組としてシングル「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビュー。 2014年、4thシングルのREBORNが週間シングルランキングで7位を獲得し、初のトップ10入りを果たした。

2018年6月、リーダー・ティムが脱退し、4人組として活動を続けている。

■メンバー
福本有希
1990年5月12日生まれ。北海道出身。パフォーマー。
2011年6月に「役者として自分を表現していきたい」と脱退を発表[5]。
2013年に島田とともにサポートメンバーを経て再加入。
呼び名は「王子」、彼女は約30億人で「ハニー」と呼称する。

森崎ウィン
1990年8月20日生まれ。ミャンマー出身。メインボーカル。
2008年加入。日本語、ミャンマー語、英語が話せる。作曲を中心に作詞も担当。
2018年3月、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビュー。

清水大樹
1991年7月31日生まれ。大阪府出身。ラッパー。
PrizmaX Jr.からのメンバー。ラップを自ら作り、担当している。フリースタイルラップを披露することもある。
風邪を引きやすい、金属アレルギーである、などと体が弱い一面も持つ。
グループ内のまとめ役であり、MCでは進行やツッコミなども担当している。
あだ名は「大ちゃん」

島田翼
1996年5月18日生まれ。神奈川県出身。パフォーマー。
PrizmaX Jr.からのメンバー。2013年に福本とともにサポートメンバーを経て再加入。ダンスのリーダー。
祖父がフランス人のクオーター。
あだ名は「つばちゃん」

■略歴
2002年
結成。メンバーは杉山仁、ティム・レビット(現・黒川ティム)、ティラー・オリベット(後のテイラー)、ヒックリング亜多夢の4名。
SHIBUYA BOXXなどで行われていた事務所の定期イベント『MALE VOX』にオレンジプリズナーズ(山田孝之・田中幸太朗などが参加していた若手俳優ユニット)らとともに出演。

2003年
同年には既にPrizmaXと改名している。

2004年
定期イベント『STREET ACTOR』、『CLAP!』にJamming Flowらとともに出演。

2005年
冨浦智嗣・根本レンキ・福本有希・吉川昌孝が加入。この時点でヒックリングは脱退している。
9月28日、同日発売のマツリルカ&アリスのシングル「ラブ・リルカ」のPVにダンサーとして出演。同月30日放送のNHK『ポップジャム』にも出演した。
同年末頃に清水大樹・バーンズ勇気・麻田健人・島田翼が「PrizmaX Jr.」として加入。

2006年
吉川が脱退。以降2年半程メンバーの増減はなく、10人組として活動。活動の中心は『CLAP!』と代々木公園でのストリートライブ。メンバーの中に地方在住者が数名いたため、ライブに全員が揃わないことも多々あった。当時はオリジナル楽曲を持っておらず、「ラブ・リルカ」、ケツメイシ「さくら」、Backstreet Boys「Everybody」などを使用してパフォーマンスを披露していた。
01月18日、同日発売のマツリルカ&アリスのシングル「HUG ~抱きしめてください~」に黒川・テイラー・冨浦がラップで参加。
08月からGyaOにて映像ブログ『The PrizmaX Adventure』の配信を開始(2007年8月に終了)。
11月25日、『CLAP!』終了。

2007年
05月05日、『CLAP!』に継ぐ事務所ライブ『POWER BOXX』(原宿アストロホール)に出演(冨浦は不参加)。
08月22日、『POWER BOXX Vol.2』に出演(冨浦・根本は不参加)。

2008年
冨浦・根本が脱退、麻田・杉山が活動休止。別ユニット(DAKARA☆S!!)に所属していた森崎ウィンが新メンバーとして加入する。
04月01日、携帯版公式サイトが開設される。
04月23日、クリスタルズのシングル「CRYSTAL CHILDREN」が発売される。
05月、冨浦が脱退。麻田が活動休止を発表。
07月30日、『POWER BOXX Vol.3』に出演。
08月09日、下北沢GARDENで行われたイベント『クリスタルズ1万人化計画 クリスタルズと踊ろう!』に出演。
11月05日、クリスタルズ feat. PrizmaXのシングル「CRYSTAL CHILDREN ~眩い未来へ~」が発売される。
11月10日、大阪・大阪駅前でストリートライブを行う。同月から代々木公園での路上ライブが禁止となり、ストリートライブはこれ以降長期間行わていない。
12月30日、『POWER BOXX Vol.4』に出演。

2009年
02月22日、仙台・Zepp Sendaiで行われたライブ『ROCK'N ROLL COVER GIRLS IV』に出演。
09月、テイラーが活動休止を発表。
10月01日、PC版公式サイトが開設される。
10月03日、国立代々木競技場でのJBL公式戦ハーフタイムイベントに出演。

2010年
01月30日、『ROCK'N ROLL COVER GIRLS VI』に出演。
02月14日、国立代々木競技場でのJBL公式戦ハーフタイムイベントに出演
08月12日、EBiDANが本格的に始動。同月27日-29日開催の『恵比寿学園男子部』に出演。これ以降暫くは「EBiDANの一員」という括りになる。
08月20日、島田を除く5名が所属事務所の枠を超えた俳優集団NAKED BOYZの結成メンバーとなる。同年末付で福本以外の4名は脱退した[6]。
11月22日、『EBiDAN THE LIVE アフタースクール Vol.1』に出演。

2011年
06月04日、『EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.2』に出演(福本は不参加)。
06月13日、福本が脱退を発表。グループで初めて「卒業」という表現を用いた[5]。
06月25日、イベント『次世代アイドルお台場サミット in MEGA WEB』に出演。
07月08日、『EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.3』に出演。
08月21日、島田がブログの休止を発表[7]、同日以降活動も休止。
08月24日 - 29日、EBiDAN夏公演『嵐の臨海学校』に出演。「原宿分校」と称したストリートライブにも出演した。
09月01日、公式ブログをアメーバブログに移転。
10月16日、KDDIデザイニングスタジオで行われたライブ『原宿ミュージックジャンボリー vol.14』に出演。
12月25日、EBiDANのクリスマスイベント『ワンマンSHOW』に出演。

2012年
03月20日、『EBiDAN THE LIVE 春の陣』に出演(バーンズは不参加)。「これからは(黒川・森崎・清水の)3人で頑張っていく」と表明する[8]。
03月24日、バーンズが活動休止を発表[9]。
04月29日、ライブ『SWISH』に出演。以降2ヶ月に1度のペースで出演する。
05月04日、こどもの城で行われたイベントにゲスト出演。
05月12日、『EBiDAN THE LIVE 風林火山 応-WESTの乱』に出演。
07月19日、morph-tokyoで行われた『CANDY☆PANTS』に出演。以降、morph-tokyoでのライブに月1ペースで出演。
08月10日、よみうりランド・WAIでのイベントに出演。
09月02日、Shibuya O-WESTで行われたライブ『Catch the Wind』に出演。
09月08日、 aube shibuyaで行われたライブ『シロセ塾TV・笑っていいけど!! 1周年記念 ~MU送別会~』に出演。
10月09日、渋谷Star loungeで行われたライブ『MINICOLLE'Vol.35』に出演。
11月03日・04日、東京タワー特設ステージで行われたライブ『東京タワーエンタメ祭 MUSIC CREATE in TOKYO TOWER』に出演。

2013年
02月09日、柏PALOOZAで行われたライブ『palooza 4th. Anniversary~みなさんのおかげです~』に出演。
02月23日、よこはまコスモワールドで行われたフリーライブにて、サポートメンバーとして出演した福本・島田の加入とインディーズからのCDデビューを発表[10]。
03月27日、インディーズデビューシングル「Mysterious Eyes/GO!」を発売。
10月23日、2ndシングル「Ready」発売。

2014年
03月12日、3rdシングル「take me」発売。
09月10日、4thシングル「REBORN」を発売。週間シングルランキングで7位となり、初のトップ10入りを果たした。
12月10日、冬のボーナス盤「FANTASISTA」発売。

2015年
05月15日・16日、Novotel Yangon Max Hotel ボールルームにて行われた『Gorgeous Japan(ゴージャスジャパン)』に出演。初の海外ライブとなる。
05月27日、5thシングル「OUR ZONE」発売。
09月21日-10月04日、渋谷「L.LovesR.」とのコラボレーションカフェを開催。
09月30日、6thシングル「Lonely summer days」発売。

2016年
04月06日、7thシングル「UP 06月06日、森崎のハリウッド映画出演を発表。撮影の為に以降秋頃まで森崎以外の4人体制での活動を発表した。

2017年
03月29日、1stアルバム「Gradually」発売。
08月30日、8thシングル「Orange Moon」発売。

2018年
02月14日、9thシングル「yours」発売。
06月25日、黒川ティムが脱退。
09月05日、メンバープロデュース楽曲第一弾 大樹プロデュース「Candy」配信。
10月03日、メンバープロデュース楽曲第二弾 翼プロデュース「rewind」配信。
11月07日、メンバープロデュース楽曲第三弾 有希プロデュース「South Cross」配信。

2019年
1月1日、新メンバーオーディション決定
3月4日、新メンバー小川史記、ケビン、森英寿の3人が加入と共に「PrizmaX」から「PRIZMAX」へと改名。

■過去のメンバー
(「事務所」はすべてスターダストプロモーションを指す)

ヒックリング亜多夢
Wonder☆Wownからのメンバー。2005年にメンバーが増員された頃には既に脱退している。

吉川昌孝
2005年末頃に活動休止・脱退。

冨浦智嗣
在籍時から個人でのテレビドラマ・映画の仕事が最も多く、2008年5月に脱退。以降は俳優として活動。

麻田健人
PrizmaX Jr.からのメンバー。
2008年5月に活動休止を発表。その後事務所を離籍。

根本レンキ
2008年に活動休止・脱退。

杉山仁
Wonder☆Wownからのメンバー。
大学受験を理由に2008年に活動休止。その後事務所を離籍。

テイラー
Wonder☆Wownからのメンバーで、初期は「オリベット・テイラー」名義。
2009年9月に活動休止を発表。その後事務所を離籍。

バーンズ勇気
PrizmaX Jr.からのメンバー。
2012年3月に「アメリカでダンスの勉強をする」と活動休止を発表[9]。のちに事務所を離籍。

黒川ティム
PrizmaX 初期メンバー。
2018年6月に脱退。

■出演
テレビ番組
恵比寿ケチャッピュ(2013年4月8日、TOKYO MX)
超D.プリカスZ (2014年7月5日-2016年6月26日、BS朝日)
フォンデュ! (2016年3月29日、TOKYO MX)
プレミアMelodiX! (2016年4月11日、テレビ東京系)
音流~ONRYU~ (2016年5月20日、テレビ東京)
スター☆ドリーマーズ (2016年7月3日- 、BS朝日)
Win's Shooow Time! (2018年11月17日- 、mntv) - レギュラー

配信
夜遊びキャデラック (2016年5月13日-2017年7月25日 、LINE LIVE・YouTube LIVE・FRESH)
だんぜん!!LIVE (2015年3月3日- 、ニコニコ生放送) - レギュラー
横浜ウォーカーゼミvol.72 (2017年4月27日-、ニコニコ生放送) - 黒川ティム・島田翼

ラジオ
EBi-Dunk!! (2016年4月7日- 、FM-FUJI) - レギュラー 毎週木曜日
E★K radio『WINのMAXで行こう!』(2015年4月6日 - 、Fm yokohama) - 森崎ウィン 毎週月曜日

雑誌連載
Shore(2015年10月創刊 - )

■脚注
[1] STARDUST WEB
[2] Sony Music Shop > マツリルカ&アリス「HUG ~抱きしめてください~」
[3] EBiDAN(恵比寿学園男子部) - PrizmaX
[4]“いくぞー!”. PrizmaXオフィシャルブログ「PrizmaX A GOGO」. (2012年8月26日)
^ a b “卒業”. 月曜の丑三つ時になまら元気でおばんです!*福本有希. (2011年6月13日)
[5]“今年の温かいご声援に心から感謝をこめて。”. NAKED BOYZ スタッフブログ. (2010年12月31日)
[6]“愛”. 日曜日は最年少のボクの出番ですっ!!*島田翼. (2011年8月21日)
[7]“ライブ終了”. PrizmaXオフィシャルブログ「PrizmaX A GOGO」. (2012年3月20日)
[8] a b “バーンズ勇気”. PrizmaXオフィシャルブログ「PrizmaX A GOGO」. (2012年3月24日) 2012年8月18日閲覧。
[9]“重大発表の発表 大樹”. PrizmaXオフィシャルブログ「PrizmaX A GOGO」. (2013年2月23日)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PRIZMAXを「ウィキペディア」で参照する