音花ゆり おとはなゆり

「音花ゆり」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「音花ゆり」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「音花ゆり」に関連するモデルプレス記事

音花ゆりのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

音花ゆりのプロフィール

音花 ゆり(おとはな ゆり)
12月16日
女優、元宝塚歌劇団星組の娘役

来歴
兵庫県宝塚市出身。愛称は「ゆり」「ころ」「ポチ」。母は宝塚OGの朱穂芽美、実妹はタレント・女優の相武紗季。小学校高学年から宝塚を志す。
1999年4月、宝塚音楽学校入学。第87期生。
2001年3月、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は42人中6位。宙組公演「ベルサイユのばら2001-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」にて初舞台。
同期に龍真咲(元月組トップスター)、晴華みどり、沙央くらま、早霧せいな(雪組トップスター)らがいる。
同年5月15日に星組に配属。
新人公演で娘役スターの役を複数回与えられたほか、歌手としての起用が多い。2006年には童謡CD『Quatre Saisons』のメンバーに選抜され、同年のショー「ネオ・ダンディズム」にて初めてエトワール(ソロ)を与えられた。
2008年『スカーレット・ピンパーネル』、2009年『太王四神記』、2010年『BOLERO―ある愛―』においてもエトワールを務めた。
また『TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)』の挿入歌「終章~Finale~」を担当し、『Tribute to STUDIO GHIBLI』のCDでは、「愛は花、君はその種子」と「風のとおり道」(晴華みどり・透水さらさ・花愛瑞穂・百千糸・七瀬りりこと共同)をカバーした。
2010年、テレビ朝日とのコラボレーションで発売された「le sac des TAKARASIENNES(ル サック デ タカラジェンヌ)」のプロデュースメンバーに選ばれた。
2015年5月10日、『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き -』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
星組時代
2004年2月、「1914/愛/タカラヅカ絢爛」新人公演:大公夫人(本役:朝峰ひかり)
2004年5月、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」(博多座)新人公演:秦国夫人(本役:仙堂花歩)
2005年9月、「龍星」(梅田芸術劇場・日本青年館)狄妃
2006年1月、「ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編ー」女官長、新人公演:カトリーヌ(本役:百花沙里)
2006年5月、「Young Bloods!!」(バウ)ミス・コローネ
2006年8月、「愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!」新人公演:ドリー・マコーミック(本役:陽月華) *初エトワール
2007年3月、「さくら/シークレット・ハンター」新人公演:アナ・マリア(本役:南海まり)
2007年9月、「Kean」(日生劇場)キャロライン
2008年1月、「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス―蘭の星―」ロサ、新人公演:女王エリザベス(本役:星風エレナ)
2008年4月、「ANNA KARENINA」(バウ)ベッツィ・トヴェルスコイ公爵夫人
2008年6月、「THE SCARLET PIMPERNEL」ジュリー *エトワール
2008年11月、「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・バウ)フローラ
2009年2月、「My dear New Orleans/ア・ビヤント」ベッシー
2009年6月、「太王四神記 Ver.II」ムーニョ、メファ *エトワール
2009年10月、「再会/ソウル・オブ・シバ!!」(全国ツアー)ポーレット
2010年1月、「ハプスブルクの宝剣/BOLELO」 *エトワール
2010年5月、「リラの壁の囚人たち」(日本青年館・バウ)ルイズ
2010年7月、「ロミオとジュリエット」(梅田芸術劇場)キャピュレット夫人
2010年10月、「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」バーニー
2011年1月、「メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-」(日本青年館・バウ)華山リカ
2011年4月、「ノバ・ボサ・ノバ」マダムガード/「めぐり会いは再び」リゲル *エトワール
2011年8月、「ノバ・ボサ・ノバ」マダムガード/「めぐり会いは再び」(博多座、中日劇場)アルビレオ *エトワール
2011年11月、「オーシャンズ11」サファイア
2012年3月、「天使のはしご」(日本青年館・バウ)シャーロット
2012年5月、「ダンサ セレナータ/Celebrity」イザベル
2012年9月、「ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-」(バウ・日本青年館)ヴィジェ・ルブラン
2012年11月、「宝塚ジャポニズム~序破急~」 /「めぐり会いは再び 2nd 」リゲル/「Étoile de TAKARAZUKA」第11場/ヴァルゴファム(歌手)
2013年4月、「宝塚ジャポニズム~序破急~」/「怪盗楚留香外伝-花盗人-」蘇蓉蓉/「Étoile de TAKARAZUKA」(台湾公演)
2013年5月、「ロミオとジュリエット」キャピュレット夫人
2013年10月、柚希礼音スペシャルライブ「REON!!II」(博多座)
2014年1月、「眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-」テレーズ
2014年5月、「かもめ」(バウ)アルカージナ
2014年7月、「The Lost Glory -美しき幻影-/パッショネイト宝塚!」エマ
2014年12月、「アルカサル〜王城〜」(バウ)エレーネ
2015年2月、「黒豹の如く」ソニア/「Dear DIAMOND!!- 101カラットの永遠の輝き -」 *退団公演、エトワール

宝塚歌劇団退団後の主な活動
舞台
SUPER GIFT!(2015年9月 - 10月、東京国際フォーラムホールC 梅田芸術劇場メインホール) 
柚希礼音ソロコンサート『REON JACK』(2016年3月、梅田芸術劇場メインホール・東京国際フォーラムCホール)
CHICAGO THE MUSICAL 宝塚歌劇OGバージョン(2016年7月 - 8月、神奈川芸術劇場、ディヴィッド・H・コーク劇場、東京国際フォーラムCホール、梅田芸術劇場メインホール)レディース 役
ミュージカル『グレート・ギャツビー』(2017年5月 - 7月、日生劇場、中日劇場、梅田芸術劇場メインホール、博多座) - キャサリン 役

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
音花ゆりを「ウィキペディア」で参照する