宮藤官九郎 くどうかんくろう

「宮藤官九郎」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「宮藤官九郎」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「宮藤官九郎」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

宮藤官九郎のプロフィール

宮藤 官九郎(くどう かんくろう)
1970年7月19日
脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、ミュージシャン、濡れ場評論家、似顔絵イラストレーター
宮城県出身
劇団大人計画所属
愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。
妻は振付師の八反田リコ。血液型はO型。身長176.5cm(宮藤官九郎の小部屋にて、「.5がミソです。つーかたぶん177です」と語っている)。2005年に第1子(長女)が誕生。

略歴
実家は文具店を経営、父は教師、校長を務めた。年の離れた姉が2人いる。幼少時から文才を発揮し、作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞する。
『ビートたけしのオールナイトニッポン』のヘビーリスナーであった。同番組で放送作家兼たけしのトークの相方役を務めた高田文夫に憧れ、宮城県築館高等学校時代には高田が司会をしていた宮城ローカルのTV番組『マル金ギャハハ倶楽部』の素人参加コーナーにも出演している。高校卒業後は、高田の母校でもある日本大学芸術学部放送学科に進学するが一身上の都合で中退している。中退した理由の一つに、友人がほとんどおらず、つまらなかったからだと語っている。しかし、親に学費を出してもらいながら大学を中退したことを悔やんでいる。
松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属。その後、バラエティ番組の構成作家としての活動も行う。大人計画の部分公演の作・演出をつとめるようになり、1996年から自身の公演を「ウーマンリブ」と名づけている。24歳のときに結婚。
1995年、暴動として、破壊(阿部サダヲ)、バイト君(村杉蝉之介)との3名でグループ魂を結成。2005年には、「君にジュースを買ってあげる♥」で第56回NHK紅白歌合戦出場。
『木更津キャッツアイ』や、『タイガー&ドラゴン』などテレビドラマの脚本家として有名であるが、その幅広い活動が評価され、2003年度第41回ゴールデン・アロー賞特別賞を受賞する。
2005年、しりあがり寿の漫画の映画化『真夜中の弥次さん喜多さん』で映画監督デビューを果たす。同年、第1子(長女)が誕生。
中学時代は河合その子と斉藤由貴のファンだった。2006年には、斉藤由貴を主演に起用した『吾輩は主婦である』で、はじめて昼ドラの脚本を手がけている。
2006年、アニメ映画『鉄コン筋クリート』に、声優として参加。舞台挨拶では「自分の声が嫌いである」と語った。
2006年11月に出版された枡野浩一の『ショートソング』に短歌を寄稿。
好きなミュージシャンはゆらゆら帝国。自身の作中でも楽曲を使用している。ボーカルの坂本慎太郎とは交流がある。
2013年上期の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当し、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞作品賞・脚本賞や2013年新語・流行語大賞のほか、複数の賞を受賞した。
2016年11月16日、2019年のNHK大河ドラマ(題名は未定)を手がけることが明らかにされた。

エピソード
ミステリー執筆中、犯人を簡単に見破られてしまって公園の噴水で頭を冷やしているのを妻に目撃される、街で見かけた変わった人を尾行する、など変わったエピソードは数多い。
執筆する作品には大人計画所属の劇団員(阿部サダヲを筆頭に池津祥子や猫背椿、平岩紙や皆川猿時など)を頻繁に起用。劇団とはマネジメント契約のみの星野源や小松和重、少路勇介なども舞台をはじめ、常連出演者。
他(主にテレビドラマの作品)には長瀬智也、尾美としのり、小泉今日子、高橋一生、酒井若菜、斉藤由貴、森下愛子、薬師丸ひろ子、古田新太、きたろうなどを多く起用している。

脚本作品
映画
GO(2001年、金城一紀原作) - 2002年読売文学賞(戯曲・シナリオ賞) 受賞作品、2002年第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞 受賞作品
ピンポン(2002年、松本大洋原作)
木更津キャッツアイシリーズ
木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年) - 2003年芸術選奨新人賞 受賞作品
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年)
アイデン&ティティ(2003年、みうらじゅん原作)
ドラッグストア・ガール(2004年)
ゼブラーマンシリーズ
ゼブラーマン(2004年)
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-(2010年)
69 sixty nine(2004年、村上龍原作)
真夜中の弥次さん喜多さん(2005年、しりあがり寿原作、監督も) - 2005年度新藤兼人賞金賞 受賞作品
舞妓Haaaan!!!(2007年) - 2008年第31回日本アカデミー賞優秀脚本賞 受賞作品
少年メリケンサック(2009年、監督も)
カムイ外伝(2009年、白土三平原作)
鈍獣(2009年、自身の舞台作品が原作)
なくもんか(2009年)
中学生円山(2013年、監督も)
謝罪の王様(2013年)
土竜の唄 潜入捜査官REIJI(2014年、高橋のぼる原作)
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2016年、監督も)

テレビドラマ
演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る(1992年、日本テレビ) - 第3・4話松尾スズキと共同脚本、最終話脚本助手
コワイ童話「親ゆび姫」(1999年、TBS)- テレビドラマ初単独執筆作
悪いオンナ「占っちゃうぞ」(2000年、TBS)
池袋ウエストゲートパーク(2000年、TBS、石田衣良原作)- 連続ドラマデビュー作
池袋ウエストゲートパーク スープの回(2003年、TBS、石田衣良原作)
ロケット・ボーイ(2001年、フジテレビ)
木更津キャッツアイ(2002年、TBS) - 芸術選奨文部科学大臣新人賞 受賞作品
ぼくの魔法使い(2003年、日本テレビ)
マンハッタンラブストーリー(2003年、TBS)
ドラマスペシャル タイガー&ドラゴン(2005年、TBS)
タイガー&ドラゴン(2005年、TBS) - 第43回ギャラクシー賞大賞 受賞作品
吾輩は主婦である(2006年、TBS)
ガンジス河でバタフライ(2007年、メ~テレ、たかのてるこ原作)
未来講師めぐる(2008年、テレビ朝日)
流星の絆(2008年、TBS、東野圭吾原作)
うぬぼれ刑事(2010年、TBS) - 第29回向田邦子賞 受賞作品
11人もいる!(2011年、テレビ朝日)
あまちゃん(2013年、NHK連続テレビ小説) - 東京ドラマアウォード2013脚本賞 受賞作品
ごめんね青春!(2014年、TBS)
ゆとりですがなにか(2016年、日本テレビ)

舞台
ウーマンリブシリーズ(作・演出)
vol.1 ナオミの夢(1996年)
vol.2 ずぶぬれの女(1997年)
vol.3 ニッキー・イズ・セックスハンター(1998年)
vol.4 ウーマンリブ発射!(1999年)
vol.5 グレープフルーツちょうだい(2000年)
vol.6 キラークイーン666(2001年)
vol.7 熊沢パンキース03(2003年)
vol.8 轟天VS港カヲル~ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ(2004年)
vol.9 七人の恋人(2005年)
vol.10 ウーマンリブ先生(2006年)
vol.11 七人は僕の恋人(2008年)
vol.12 SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER(2011年)
vol.13 七年ぶりの恋人(2015年)
大人計画本公演(作・演出)
春子ブックセンター(2002年)
ドブの輝き(2007年)より『涙事件』 ※三作品のうちの一つを担当
外部公演(戯曲のみ)
鈍獣(2004年) - 第49回岸田國士戯曲賞 受賞作品
メタルマクベス(2006年) - 劇団新感線へ提供 原作はウィリアム・シェイクスピア
蜉蝣峠(2009年) - 劇団新感線へ提供
大パルコ人「メカロックオペラ『R2C2』~サイボーグなのでバンド辞めます!~」(2009年) - パルコプロデュース公演 演出も担当
歌謡バラエティーショー『あべ一座』(2009年) - NHK 構成・演出を担当
印獣(2009年) - パルコプロデュース・「ねずみの三銃士」第二回公演
大パルコ人(2) バカロックオペラバカ 『高校中パニック! 小激突!!』(2013年) - 作・演出も担当
大パルコ人(3)『ステキロックオペラ サンバイザー兄弟』(2016年) - 演出も担当

歌舞伎
大江戸りびんぐでっど(2009年) - 作・演出も担当。2010年にシネマ歌舞伎上映
天日坊(2012年、河竹黙阿弥原作「五十三次天日坊」)
地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)(2015年)

監督作品
映画
ティンポン(2002年) - 『ピンポン』DVD映像特典として制作された短編映画
木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年) - 部分演出
真夜中の弥次さん喜多さん(2005年) - 長編劇場映画デビュー作。新藤兼人賞2005金賞受賞
少年メリケンサック(2009年)
中学生円山(2013年)
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2016年)

テレビ
木更津キャッツアイ 第7話(2002年) - 映像作品監督デビュー作
うぬぼれ刑事 第1話・第2話・最終話(2010年) - チーフ演出

出演作品
オリジナルビデオ
痴漢白書2(1995年11月10日)

映画
愛の新世界(1994年)
キッズ・リターン(1996年7月)
CROSS(2001年12月)
日雇い刑事(2002年4月)
ロックンロールミシン(2002年)
13階段(2003年2月)
福耳(2003年9月) - 映画初主演作品
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年5月)
この胸いっぱいの愛を(2005年)
嫌われ松子の一生(2006年)
鉄コン筋クリート(2006年)
大帝の剣(2007年)
クワイエットルームにようこそ(2007年)
魍魎の匣(2007年)
インスタント沼(2009年)
色即ぜねれいしょん(2009年)
ゲゲゲの女房(2010年)
忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~(2011年)
大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇](2012年) - 鷹司信平 役
バクマン。(2015年) - 川口たろう役
ガメラ生誕50周年記念映像『GAMERA』(2015年10月、KADOKAWA)
ぼくのおじさん(2016年) - 春山定男 役

テレビ
デカメロン(1997年、TBS) - 構成
さるしばい(1998年、フジテレビ) - 構成
ロクタロー(1998年 - 1999年、フジテレビ) - 構成
笑う子犬の生活(フジテレビ) - 構成
笑う犬の冒険・発見・情熱・太陽(フジテレビ) - 構成・出演(出演は、太陽から)
TV's HIGH(フジテレビ) - 構成・出演
ワンナイR&R(フジテレビ) - ワンナイTHURSDAY時代から2003年7月まで構成を担当。2006年1月には、出演者として番組に登場した。
感じるジャッカル(2001年 - 2002年、フジテレビ) - 構成
いま何待ち?(フジテレビ) - 脚本
氣志團(2003年、フジテレビ) - 脚本
ロバートホール水(フジテレビ) - 構成(代表作「四MEN楚歌」等)
リチャードホール(フジテレビ) - 構成
探偵!ナイトスクープ(朝日放送) - 顧問として出演
ホレゆけ!スタア☆大作戦 ~まりもみ危機一髪!~(2007年、読売テレビほか)
「ガンジス河でバタフライ」ができるまで~宮藤官九郎 史上最悪のインド・シナハン旅~(2007年、メ~テレ)
少年メリケンサックを探せ!(テレビ東京) - 構成・出演
シロウト名鑑(2011年1月14日 - 9月23日、テレビ東京) - 構成・出演
おやすみ日本 眠いいね!(2012年 - 、NHK) - 進行役

テレビドラマ
ヘルプ!(1995年、フジテレビ)
噂の探偵QAZ(1995年、日本テレビ)
おいしい関係
ギフト 最終話
踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル - 柏田郁夫 役
走れ公務員! 第7話(1997年、フジテレビ)
金翅雀の群れ(1999年、NHK教育テレビ)
シネマ・カクテル(1999年、関西テレビ)
世にも奇妙な物語
秋の特別編「モザイク」(1999年)
秋の特別編「ママ新発売!」(2001年)
ABC…XYZ(1999年、フジテレビ)
悪いオンナ「占っちゃうぞ」(2000年、TBSテレビ)
二千年の恋 第1話・最終話(フジテレビ)
池袋ウエストゲートパーク 最終話(士<サムライ>の回) タイトルバック(2000年、TBS) - サムライ 役
マッチポイント! ~女が勝負をかける時~(2000年、NHK総合テレビ)
恋は余計なお世話(2001年、フジテレビ) - 松尾スズキ脚本
コウノトリなぜ紅い(2001年、NHKハイビジョン)
夢のカリフォルニア(2002年、TBSテレビ)
蝉しぐれ(2003年、NHK総合テレビ)
ドラマW ご近所探偵TOMOE(2003年3月29日、WOWOW)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第3話(2009年8月15日、TBS) - 日暮熟睡男 役
Wの悲劇(2010年、TBSテレビ)
極悪がんぼ(2014年、フジテレビ) - 豊臣嫌太郎 役
BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 第5話(2014年、テレビ朝日) - 岡部義剛 役
カルテット(2017年、TBSテレビ) - 巻幹生 役

ラジオ
キック・ザ・カンクロー(2003年10月 - 2007年3月、TBSラジオ)
カンクロード☆ヴァンダム(2007年4月 - 2008年9月、TOKYO FM)
宮藤官九郎のナイタースペシャル(2013年5月21日、ニッポン放送)
宮藤官九郎の"俺のmyミュージック"(2013年7月 - 、NHK-FM - 病気療養のため『ラディカルアワー』を降板した星野源の後任)
宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD(2013年10月10日 -、ニッポン放送)

CM
シノブフーズ「おにぎりQ 」
石川銀行
リコー「イプシオ」
ぴあ
任天堂「ゲームボーイミクロ」
大塚製薬「ネイチャーメイド」
サッポロビール「サッポロ雫〈生〉」
キリンビール「キリン 杏露酒 ひんやりあんず」(2016年)

連載
週刊文春「いまなんつった?」※現在も連載中。
TV LIFE(学習研究社)
週刊プレイボーイ「ビガーパンツはもう穿かない ~スッポン官太くんの14歳で美女対談~」(2005年6月で終了)

CD
バンドグループ魂に、ギタリスト「暴動」として参加し、全作詞、一部作曲、コント構成などを手がけている。
1stアルバム『GROOPER』
2ndアルバム『Run魂Run』
3rdアルバム『荒ぶる日本の魂たち』
4thアルバム『TMC』
5thアルバム『ぱつんぱつん』
6thアルバム『1!2!3!4!』
マキシシングル『竹内力』
セカンドマキシシングル『本田博太郎 ~ magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!! ~』
サードシングル『君にジュースを買ってあげる♥』
2011年2月2日にはニューシングル『だだだ』をリリース
外部アーティストに詞を提供した楽曲
TOKIO『ラブラブ♥マンハッタン』(グループ魂として、セルフカバーも)
SMAP『BANG! BANG! バカンス!』
高見沢俊彦『騒音おばさんVS高音おじさん』
ゼブラクイーン『ゼブラクイーンのテーマ』
『みいつけた!』のリトミックコーナー内楽曲『なんかいっすー』『すわるぞう』『おっす!イスのおうえんだん』
など。

著書
宮藤官九郎の小部屋 宮藤官九郎と母(2007年5月、角川書店)
俺だって子供だ!(2008年、文藝春秋)
きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)(2009年、太田出版) ※小説
うぬぼれ刑事(2010年、角川書店) ※シナリオ集
いまなんつった?(2010年、文藝春秋)
え、なんでまた?(2013年、文藝春秋)
WASIMO(2013年、小学館)※絵本
妄想中学ただいま放課後
宮藤官九郎 最強説~オールナイトニッポン始めました~(2016年3月17日、宝島社)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
宮藤官九郎を「ウィキペディア」で参照する