アップアップガールズ(仮)(あっぷあっぷがーるず)

「アップアップガールズ(仮)」に関連するモデルプレス記事

  1. <モデルプレスあけおめ動画3>生駒里奈、深川麻衣、若月佑美、北野日奈子、京佳、生見愛瑠ら新年のメッセージ

    モデルプレス

  2. 全80曲7時間超のライブ…挑戦控えるアップアップガールズ(仮)を直撃!壮絶な過去のチャレンジ&美腹筋の秘訣も<モデルプレスインタビュー>

    モデルプレス

  3. STU48瀧野由美子、“エロすぎるグラビアアイドル”らとの初共演で「学んでいきたい」<OISOアイドルビーチ2018>

    モデルプレス

  4. 桜田ひより、岡崎紗絵ら「咲-Saki-」女子高生キャスト集結 撮影秘話を明かす

    モデルプレス

  5. 桜田ひよりがドラマ&映画初主演 「咲-Saki-」実写化第2弾、キャスト発表

    モデルプレス

  6. 元乃木坂46伊藤寧々、恐怖の撮影を明かす<劇場版ほんとうにあった怖い話2017>

    モデルプレス

  7. アプガ仙石みなみ、美背中披露の大胆露出 清純な姿からセクシーショットまで

    モデルプレス

  8. SUPER☆GIRLS&アップアップガールズ(仮)も登場 異色のアイドルイベント開催

    モデルプレス

  9. THE RAMPAGE from EXILE TRIBEらが出演 大阪夏フェス「MUSIC CIRCUS’17」開催迫る

    モデルプレス

  10. アプガ・LinQ・GEMら人気アイドル集結 怒涛の熱狂ライブで観客沸かす

    モデルプレス

  11. アプガ・LinQ・放プリら、4日間怒涛の豪華対バン祭り開催

    モデルプレス

  12. 高橋愛「アイドル時代の恋愛って…」後輩・仙石みなみとサシ飲みで“濃いバナ”

    キリンビール株式会社 PR

  13. アプガ新井愛瞳、会見に30分遅刻 理由は…

    モデルプレス

アップアップガールズ(仮)のプロフィール

アップアップガールズ(仮)(アップアップガールズかっこかり)
女性アイドルグループ。グループの略称は「アプガ」もしくは「アップアップ」。
2011年結成。翌2012年6月に代表曲[9]「アッパーカット!」を発表。同曲発表以降、楽曲やパフォーマンスが攻撃的な激しいスタイルとなっていった。同年12月にはタワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に移籍した。
2014年6月、目標としていた[13]中野サンプラザでの単独ライブを開催。その後翌2015年7月に中野サンプラザよりキャパシティーの大きい日比谷野外大音楽堂で単独ライブを行った。2016年4月にはシングル「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」がオリコン週間ランキング5位にランクインし、11月には日本武道館で単独ライブを実施した。
また、K-POPカバーダンスグループ『UFZS』や、チャオ ベッラ チンクエッティ・吉川友・アップアップガールズ(仮)の3組によるグループ『チーム・負けん気』としても活動している。

特徴
グループ名
「アップアップガールズ(仮)」というグループ名の意味は「毎日一杯一杯になりながらも“上へ上へ”を目指している」というものである。(仮)とは「まだ頑張ってる最中でいろいろな可能性もあるという」意味であり、(仮)まで含めて正式名称である。(仮)を取ることを目標としており、メジャーデビューの際に(仮)が取れる可能性が示唆されている。
しかし、タワーレコード代表取締役社長の嶺脇育夫はメジャーデビューの際に(仮)を取ることに対し懐疑的な見方を示している。メジャーデビューはそれほど難易度が高くないことなどから、(仮)を取る際のハードルをさらに高いところに設定したほうがよいと嶺脇は考えている。また、フリーライターの南波一海も(仮)を取ることに否定的な見方を示している。メンバーの森咲樹は(仮)について「もはや愛着が湧いてきてる(笑)」等発言しており、同じくメンバーの古川小夏も「なくなったら寂しい」としているが、メンバー全体としては(仮)を取りたいと考えている。

楽曲
アップテンポな楽曲が多い。南波一海は楽曲について「“前へ、前へ”というアグレッシヴな姿勢」と評し、土屋恵介は「歌もダンスもサウンドも攻めまくり」と評している。楽曲のジャンルはEDM、クラブミュージックが目立つが、その他幅広いジャンルの楽曲が存在する。楽曲を主に制作しているのはmichitomoで、初のオリジナル曲「Going my ↑」(2012年4月)を制作して以降、リミックス、アルバムのマスタリング、ライブ音源の制作にも携わっている。また、michitomoが制作した「UPPER ROCK」(2012年)は、「EDM」「攻撃的」といったグループの方向性を示すものとなった。土屋は、michitomoとPandaBoY(アッパーカット!他)・fu_mou(夕立ち!スルー・ザ・レインボー他)を合わせ「アプガ作家の3本柱」としている。また、NOBEも「バレバレI LOVE YOU」などアップアップガールズ(仮)の多くの楽曲で作詞を担当している。
ほぼ全ての楽曲の振り付けを竹中夏海が担当している。竹中は2011年夏以降開催された「黒船公演」のプロデュースを行い、「Going my ↑」以降、楽曲の振り付けを担当している。2016年現在では、メンバーの古川小夏が振りを付けることもある。

フィジカルトレーニング
アップアップガールズ(仮)は、2013年冬より定期的にフィジカルトレーニングを行っている。トレーニングを行うきっかけとなったのは、同年12月に行われたアップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA'~であった。同ライブのセットリストは、1時間以上パフォーマンスを連続して行うなどハードなものとなっており、それに耐えられる体作りをする必要があった。また、アップアップガールズ(仮)のスタッフは、パフォーマンス中にメンバーが怪我することをできるだけ防止したいと考えており、それもトレーニングを行う理由となっている。トレーニングを担当しているのは『ボディプラント六本木』代表の足立光である。

ライブ
ライブについて、土佐有明は「物語性の強い振り付けをアスリートばりの運動量で魅せる」と評価している。また、アップアップガールズ(仮)のメンバーはライブを戦いの場であると考えており、ライブのことを「決戦」と呼ぶことがある。
2時間ノンストップライブ
前述の2013年末開催のライブ「アプガ第二章(仮)大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA'~」で行われた1時間連続パフォーマンスを拡張した、2時間ノンストップライブ『アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム』が2014年に開催された。2時間ノンストップライブは2015年にも行われている。同ライブは1トラック2時間で、その間のMCや休憩時間がほぼ無いのが特徴。ライブは1日2公演行われるため、1日あたり4時間のノンストップライブが披露されることになる。同ライブについて原田和典は「熱く激しいアイドルとして名を轟かすアプガが、その熱さ激しさを極限まで表現する」と評価し、ファンドリーは「体育会系アイドルで圧倒的な体力を誇る、アプガだからこそできるライブ」と評価している。

衣装
衣装にはトレードマークである(仮)マークが入っている。

ハロー!プロジェクトとの関係
アップアップガールズ(仮)は、ハロプロエッグ出身だが、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)には所属していない。アップアップガールズ(仮)のチーフマネージャーはその理由について「ハロプロのお客さん以外を相手にビジネスできないかというのが出発点なので」と説明している。

メンバー
仙石みなみ せんごく みなみ 1991年4月30日(25歳) 宮城県 赤
古川小夏 ふるかわ こなつ 1992年6月5日(24歳) 神奈川県 ピンク
森咲樹 もり さき 1993年10月12日(23歳) 静岡県 Green
佐藤綾乃 さとう あやの 1995年1月7日(22歳) 神奈川県  紫
佐保明梨 さほ あかり 1995年6月8日(21歳) 東京都  黄色
関根梓 せきね あずさ 1996年6月14日(20歳) 長野県 オレンジ
新井愛瞳 あらい まなみ 1997年11月19日(19歳) 群馬県 青

リーダー
リーダーは決まっていない。仙石はリーダー(仮)と呼ばれることもあったが、仙石本人は2013年9月時点でリーダー(仮)であることを否定し「しっかり出来るまではリーダー(仮)とも名乗れません! 忘れ物も遅刻もなくなるよう、、がんばります!!」とコメントした。これは、仙石が同年4月に喉を痛め声帯結節と診断されたことによる。

センターポジション
仙石がセンターポジションであることが多いが、仙石がリーダー(仮)ではなくなって以降他のメンバーがセンターになることもある。たとえば、2014年2月時点でのアーティスト写真のセンターポジションは佐藤である。

エース
フリーライターの小野田衛は、アップアップガールズ(仮)にはエースはいないとしている。メンバーの古川・森は仙石にセンターもしくはエースになって欲しいと考えているが、仙石自身は喉を痛めたことを理由に「エースになれない」と考えている。

略歴
ハロプロエッグ時代
アップアップガールズ(仮)のメンバー7人(仙石みなみ・古川小夏・森咲樹・佐藤綾乃・佐保明梨・関根梓・新井愛瞳)はハロー!プロジェクト(ハロプロ)の研修生『ハロプロエッグ』出身である。仙石・古川・森・佐保・関根・新井は2004年にハロプロエッグのメンバーとなり、佐藤は2009年にハロプロエッグに加入した。
その後2010年にハロプロエッグの体制に大きな変更が入ることになり、同年7月にはハロプロエッグメンバーに対し「高1以上のメンバーは(ハロプロエッグに)残れない」「中3以下のメンバーは選抜で残るかどうか決められる」という通達があった。
2010年10月頃、中学校3年生以下のメンバーに対し、ハロプロエッグに残留するメンバーが発表された。関根・新井が残留出来なかった一方で佐保はこの時点では残留することになったが、結局は中学校卒業時にハロプロエッグを卒業することとなった。11月28日には、ハロプロエッグとして事実上最後となる新人公演『2010 ハロー!プロジェクト新人公演11月 ~横浜JUMP!~』が横浜BLITZにて行われた。
後のアップアップガールズ(仮)のメンバーはハロプロエッグ時代に、仙石が『音楽ガッタス』としてCDデビュー、佐保が『しゅごキャラエッグ!』としてメジャーデビューするなどの出来事があったが、ハロー!プロジェクトのメンバーとしてデビューするという目標を達成することはできず、ハロプロエッグから去ることになった。

アップフロントガールズ(仮)結成へ
元スマイレージマネージャーで、アップフロントガールズ(仮)結成のキーパーソンとなったYは、かつて自社(アップフロントエージェンシー)のタレントである里田まいの才能について気づいていなかった。しかし里田はクイズ!ヘキサゴンIIへの出演をきっかけにブレイクしていった。Yはそのことに驚くとともに「タレントについて見えている部分が狭すぎた」と反省していた。そんな折にYはハロプロエッグのメンバーが研修課程を修了すると知り、同メンバー達のまだ気づかれていない才能を掘り起こしたいと考えた。
一方、当時のアイドルに関する環境としては、以下のような事項が挙げられた。
ソロ歌手にとって苦しい環境である。
激動の渦の中にあり「アイドル戦国時代」と呼ばれる時代であった。
1.のような理由から、ソロアイドルではなくアイドルグループを結成することにしたYは、メンバー構成も頭の中に描いていた。仙石・古川・森・佐保の4名については、研修課程を修了したハロプロエッグメンバーの中では知名度・イベント出演頻度が高かったことなどからメンバーに選んだ。佐藤・関根・新井の3名については最後の新人公演を見てメンバーに選んだ。
またYは、2.のような理由から、既存のアイドルグループとは別の売り出し方を考えていた。関根によれば、結成の際、所属事務所から「今までのハロプロとは全然違うことをやっていく」と言われたという。

2011年
3月または4月、仙石・古川・森・佐藤・関根・新井の6名により、更なるステップアップを目指すために『アップフロントガールズ(仮)』が結成された。
4月2日、レギュラー番組『アップフロントガールズ』の放送が開始され、5月1・3日には、アップフロントガールズ(仮)としての初のイベント公演を開催。5月3日、同イベントの第4回公演において、佐保の加入がサプライズで発表された。佐保の加入により「グループの雰囲気が結構ガラッと変わりました」と森は評価している。その後2015年にメンバーは5月3日を結成記念日とした。
夏、音霊 OTODAMA SEA STUDIOで行われた『こんなにも近いのか!?2011海の日週末』に出演した際、グループ名が「アップアップガールズ(仮)」と誤って記載された。その後、2011年6月27日に行われたUSTREAMの生放送中に『アップフロントガールズ(仮)』から『アップアップガールズ(仮)』に改名されることが発表され、誤って記載されたものが正式名称となった。
7月21日には[78][89]ハロー!プロジェクトの楽曲などをカバーする『アップアップガールズ(仮)レギュラー公演』を開始した。同公演は翌2012年4月27日までに74回行われた。
この頃はオリジナル曲が無く「ハロプロ関係の楽曲をライヴで披露するのがアップアップ最大の特徴」とされていた。よってライブでの観客の盛り上がりは、グループではなくカバー曲の力によるものだと古川・新井などのメンバーは考えていた。仙石は後に以下のように述べている。
ハローの曲をやることが悔しいとかじゃなくて、ハローを辞めさせられたのにハローの曲をお借りして、ライブをやったら、やっぱりハローの曲だから盛り上がっちゃうっていうところがすごい悔しかった
— 仙石みなみ、
その後、12月15日に初のオリジナル曲(仮)が制作されていることが発表された。
2012年
3月31日、初のインディーズCDシングル「Going my ↑」をアップフロントワークスより発売した。
6月、後に代表曲と評されるようになった「アッパーカット!」を発表。同曲はアップテンポでハイテンションな曲調で、パフォーマンスも激しいものとなっている。フリーライターの南波一海は同曲リリース以降に「認知度が一気に上がったように思える」としている。また、グループの方向性が「“前へ、前へ”という」攻撃的なものに変化し、楽曲のテンポが速くなり、パフォーマンスについても「よりダイナミック」になったとしている。仙石は「この曲から私たちの攻撃態勢が始まったんじゃないかな」としている。また、11月発売の「UPPER ROCK」は「アプガ=EDM」「アプガ=攻撃的」といったイメージの起源となり、アップアップガールズ(仮)の独自路線をより確立していくこととなった。
8月4日・5日、2011年には出演できなかった『TOKYO IDOL FESTIVAL』(TIF)に初めて出演した。続いて8月11日には国立代々木競技場第一体育館で行われたIDOL NATIONに出演し、これまでで最大規模の会場でのライブイベント参加となった。古川によると、2012年の夏は「アッパーカット!」「対バンライブ」への出演という要素により、グループとしての特徴が表れ始め「グループのあり方が見えてきた」という。
9月2日、初の単独ライブ『アップアップガールズ(仮)1st LIVE 代官山決戦(仮)』が代官山UNITにて行われた。同ライブでは、年末よりタワーレコードのアイドル専門インディーズレーベル「T-Palette Records」に参加(移籍)することがサプライズで発表され、12月5日、同レーベルに参加後初のCDシングルを発売した。CDのリリースは8ヶ月連続となった。
T-Palette Records代表の嶺脇育夫は、アップアップガールズ(仮)が同レーベルに参加することになった経緯について、以下のように説明している。ハロー!プロジェクトのファンである嶺脇は、アップアップガールズ(仮)のメンバーがハロプロエッグの研修課程を修了した際「どうなっちゃうんだろう」と気にかけていた。その後、アップアップガールズ(仮)がマップ劇場でレギュラー公演を行っていたころ、嶺脇はT-Palette Recordsを立ち上げ、アップアップガールズ(仮)と仕事できないかと考えていた。さらにその後、2012年4月にアップアップガールズ(仮)が自社レーベルから「Going my ↑」をリリースしたため、嶺脇は「ウチと組めば流通の広がりが持てる」と考え、親交のあるアップアップガールズ(仮)マネージャーのYにオファーし、T-Palette Recordsへの参加が決まった。
2013年
1月6日、中野サンプラザで行われたハロー!プロジェクトのコンサートにゲスト出演した。同公演では「ハロプロエッグを辞めさせられて」という仙石の一言が観客の笑いを呼ぶ一幕もあった。1月30日には、初のアルバム『ファーストアルバム(仮)』をリリースした。
2月24日から4月6日まで、TOWER RECORDS Presents アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)開催。これは、ローカルアイドルと対バンし、3回目の単独ライブを成功させるための試練であった。また、土屋恵介によれば「スキルも身につけたテクニカルなグループへと成長していく」きっかけとなったという。
4月13日、3回目の単独ライブ『アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE 横浜BLITZ大決戦(仮)』が横浜BLITZにて行われた。横浜BLITZはハロプロエッグとして事実上最後の公演となる新人公演が2年半前に行われた場所であり、メンバーにとって思い入れのある会場である。同ライブ以降、アップアップガールズ(仮)は「第二章」として、攻撃的な面だけでなく、表現力・技術力を上げることを目標とするようになった。
7月27日・28日に行われた『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013』(TIF2013)・8月10日に行われた『IDOL NATION 2013』に昨年に引き続き出演。TIF2013では、昨年出演できなかったHOT STAGE(メインステージ)に出演し、IDOL NATION 2013では、オープニングアクトではなくメインアクトとして出演した。さらに、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013』(8月3日)・『SUMMER SONIC 2013』(8月11日)といったロック・フェスティバルにも出演した。
アップアップガールズ(仮)の2013年の夏も参照
8月13日から9月16日まで、初の単独ライヴハウス・ツアー開催。同ツアーの中で、8月31日に行われた横浜BLITZでの公演は「横浜リベンジ決戦」というサブタイトルを冠して開催した。横浜リベンジ決戦は、4月に行われた横浜BLITZでの公演でチケットが完売しなかったため開催されたものだが、横浜リベンジ決戦では会場が満員となった。
2013年はシングルを合計8枚リリースし「今年もハイペースなリリース」となった。また、ライブの出演回数は2012年を上回るものとなった。
2014年
2月19日、2枚目のアルバム『セカンドアルバム(仮)』発売。同アルバムには「チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ」から「Starry Night/青春ビルドアップ」までのシングル8枚の曲の他、初回限定盤にはこれまでCD音源化されていなかった楽曲等が収録されている。
3月21日から5月25日まで、全国ツアー『アップアップガールズ(仮)1st全国ツアー アプガ第二章(仮)進軍~中野に向かって~』を開催。続く6月1日には、同全国ツアーのまとめという位置づけの単独ライブ「アップアップガールズ(仮)1st全国ツアー アプガ第二章(仮)進軍~中野サンプラザ 超決戦~」が、ハロー!プロジェクトの聖地中野サンプラザで行われた。アップアップガールズ(仮)のメンバーはハロプロエッグに所属していた当時、バックダンサーとして同会場で行われたハロー!プロジェクトのコンサートに出演しており、メンバーは同会場で単独ライブを行うことを目標としてきた。同公演では、メンバーの森・佐保・新井が日本武道館でのライブ開催を目指すと宣言した。
7月1日から始まった2014年の夏は、8月31日に横浜アリーナで行われたアイドルフェス『@JAM EXPO 2014』で終了した。その間『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014』など計52本のライブに出演し、中でも、8月6日から7日にかけては、富士登山を決行し山頂で「全力!Pump Up!!」を披露した。
11月4日に発売されたT-Palette Records参加後12枚目のシングル「Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!」では、オリコン週間ランキング10位以内・売上枚数1万枚以上を目標として設定したところ、7位(売上枚数は約1.5万枚)にランクインしグループ史上最高位を記録した。
2015年
3月17日、3枚目のアルバム『サードアルバム(仮)』を発売した。同アルバムには、「虹色モザイク/ENJOY!! ENJO(Y)!!」から「Beautiful Dreamer/全力!Pump Up!! -ULTRA Mix-/イタダキを目指せ!」までの4枚のシングル曲と、新曲4曲・リミックスが収録されている。続いて、3月26日からは同アルバムを引っ提げて『アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015 RUN!アプガRUN! ダッシュ』が行われた。同ツアーは、6月14日に下記の日比谷野外大音楽堂でのライブ前ラスト公演を行った。一方5月には、2チームに分かれてホノルル駅伝に参加し、2チームとも約42キロメートルを完走した。ホノルル駅伝には翌2016年も参加し完走している。
7月5日、日比谷野外大音楽堂で「アップアップガールズ(仮)47都道府県ツアー ~RUN!アプガRUN!ダッシュ アプガの夏!野音の夏!」が行われた。同会場のキャパシティは、前年に公演が行われた中野サンプラザを超え、グループにとって最大となる3000人超である。全国47都道府県ツアーはセットリストを変更して7月22日に再開され、11月15日に2015年分の公演が終了した。
2016年
1月16日に再開された全国47都道府県ツアーは、3月13日に全公演が終了した。同ツアーの公演数は80公演となった。続いて3月26日から6月19日までツアー『アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2016 “The Seven LIVE Alien”』が行われた。4月24日に新宿BLAZEで行われた同ツアーの公演では、11月8日に日本武道館で単独公演を行うことが発表された。さらに、6月12日から7月3日までツアー『アップアップガールズ(仮)Zepp ツアー “The Seven PARTY LIVE Alien”』が行われた。
一方、4月5日にはシングル「パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース」を約1年半ぶりにリリースし、オリコンデイリーランキング1位を獲得。同週間ランキングでは5位で、順位・枚数とも自己最高を記録した。「パーリーピーポーエイリアン」のミュージック・ビデオ(MV)は「人類パリピ化計画」を遂行するという設定で撮影され、MV公開後も、明石家さんま、堀内孝雄、土屋アンナなど多様な人々を巻き込み「アプガ人類パリピ化計画」が行われた。
10月5日から27日まで、日本武道館前の単独ライブ『アップアップガールズ(仮)Road to 武道館 LIVE!LIVE!LIVE!』を東京、宮城、大阪、愛知にて開催。11月8日、東京・日本武道館にて単独公演「アップアップガールズ(仮) 日本武道館超決戦 vol.1」を開催し、公演中“アップアップガールズ(2)”(あっぷあっぷがーるずかっこにき)と称したオーディションを開催することを発表した。オーディション合格者はアップアップガールズ(仮)の妹分ユニットのメンバー・ライバルユニットのメンバー・追加メンバーとなる可能性が示されている。

シングル
アップフロントワークス
1 Going my ↑ 先行 2012年3月31日
        一般 2012年4月25日 UFCW-1025 
2 バレバレI LOVE YOU 先行 2012年6月3日
            一般 2012年6月27日
3 アッパーカット!/夕立ち!スルー・ザ・レインボー 先行 2012年6月30日
                         一般 2012年7月25日
4 メチャキュン♡サマー ( ´ ▽ ` )ノ 先行 2012年8月4日
                   一般 2012年8月29日 
5 なめんな!アシガールズ/マーブルヒーロー 先行 2012年9月2日
                      一般 2012年9月26日 
6 End Of The Season 先行 2012年9月23日
           一般 2012年10月3日
7 UPPER ROCK/イチバンガールズ! 先行 2012年10月28日
                 一般 2012年11月7日

T-Palette Records
1 チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ 2012年12月5日 
2 リスペクトーキョー/ストレラ!~Straight Up!~ 2013年2月20日 
3 SAKURADRIVE/Dateline 2013年3月13日 
4 Next Stage/あの坂の上まで、 2013年4月10日 
5 銀河上々物語/Burn the fire!!/
  ナチュラルボーン・アイドル 2013年6月5日 
6 サマービーム!/アップアップタイフーン 2013年7月24日 
7 SAMURAI GIRLS/ワイドルセブン 2013年9月4日 
8 Starry Night/青春ビルドアップ 2013年10月30日 
9 虹色モザイク/ENJOY!! ENJO(Y)!! 2013年12月25日 
10 (仮)は返すぜ☆be your soul/
   Party! Party!/ジャンパー! 2014年4月9日 T 
11 全力!Pump UP!!/このメロディを君と 2014年7月1日 
12 Beautiful Dreamer/
  イタダキを目指せ! 2014年11月4日
  パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース 2016年4月5日
  !!!!!!!!/君という仮説 2016年10月11日

参加シングル
Bad Blood/Hereafter(2013年8月21日) - T-Palette Records所属のメンバーによるユニット『T-Palette mini All Stars』のシングルで、同ユニットの一員として参加。両楽曲ともアップアップガールズ(仮)のメンバーが出演する映画『讐 ~ADA~』の主題歌である。

アルバム
1 ファーストアルバム(仮) 2013年1月30日 アップフロントワークス 
2 セカンドアルバム(仮) 2014年2月19日 T-Palette Records
3 サードアルバム(仮) 2015年3月17日

参加アルバム
戦国鍋TV ミュージック・トゥナイト
なんとなく歴史が学べるCD 再出陣!編 2013年1月9日
Disney Rocks!!! Girl's Power! 2014年1月22日 Walt Disney Records

その他のCD
アップアップガールズ(仮)のオールナイトニッポンモバイル総集編CD(2013年12月) - インターネットラジオ番組『アップアップガールズ(仮)のオールナイトニッポンモバイル』のラジオCD。

映像作品
UP UP GIRLS(仮)がUP FRONT GIRLS(仮)だった頃のイベントが
DVDになりました! 2011年8月10日 2011年5月1・3日に行われた初のイベントの模様を収録。
アップアップガールズ(仮)の夏のイベントのDVDを冬に発売
しちゃいます!!年末っぽいおまけ付き!(仮)THE DVD Part.2 2011年12月
アップアップガールズ(仮)がGoing my ↑を初披露した
ライブのDVD!(仮)THE DVD Part.3 2012年4月30日
アップアップガールズ(仮)1st LIVE 代官山決戦(仮) 2012年12月12日
アップアップガールズ(仮) 2nd LIVE 六本木決戦(仮) 2013年4月3日
アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE 横浜BLITZ大決戦(仮) 2013年7月31日
アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)~Official Bootleg BOX~ 2013年8月
アップアップガールズ(仮) THE DVD ~ミニMV集 おまけつき~ 2013年8月28日
アップアップガールズ(仮) 1st ライブハウスツアー
アプガ第二章(仮)開戦 2013年12月18日
アップアップガールズ(仮)1st全国ツアー アプガ第二章(仮)進軍
~中野サンプラザ 超決戦~ 2014年9月30日
上々少女's Vol.1(仮)/Vol.2(仮)/Vol.3(仮) 2014年12月3日
アップアップガールズ(仮)富士山山頂 頂上決戦(仮)THE DVD 2015年1月28日
アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015
~RUN!アプガ RUN!ダッシュ~ 2015年8月18日
アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015
RUN!アプガRUN!ダッシュ アプガの夏! 野音の夏! 2015年12月23日

参加映像作品
Blu-ray Disc.
Hello! Project 誕生15周年記念ライブ2013冬
~ビバ!・ブラボー!~完全版 2013年4月24日
戦国鍋TVライブツアー
~武士ロックフェスティバル2013~ 2013年5月8日 キングレコード
Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2013
~GOOD BYE & HELLO!~ 2014年5月14日
Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2014
~ GOOD BYE & HELLO ! ~ 2015年4月29日
Hello!Project ひなフェス 2015
~満開!The Girls' Festival~
<アンジュルム&Juice=Juice プレミアム> 2015年7月29日
その他、The Girls LiveのVol.2[201]以降のDVDの内、いくつかのDVDに映像が収録されている。

単独ライブ
アップアップガールズ(仮)レギュラー公演(2011年7月21日 - 、恵比寿LIVE GATE・マップ劇場他) - 2012年4月27日までの公演回数は74回。
2012年
『アップアップガールズ(仮)1st LIVE 代官山決戦(仮)』(9月2日、代官山UNIT)
『アップアップガールズ(仮) 2nd LIVE 六本木決戦(仮)』(12月15日、ラフォーレミュージアム六本木)
2013年
『アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE 横浜BLITZ大決戦(仮)』(4月13日、横浜BLITZ)
アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦前夜(8月13日 - 23日、7箇所7公演)
アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦(8月31日 - 9月16日、開戦前夜と合わせて11箇所12公演)
アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)クリスマスイブイブイブ決戦 ~横浜赤レンガ~(12月22日、横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール)
アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA'~(12月28日、CLUB CITTA')
2014年
アップアップガールズ(仮)アプガ第二章(仮)2014年元日決戦 ~赤坂BLITZ~(1月1日、赤坂BLITZ)
アップアップガールズ(仮)1st全国ツアー アプガ第二章(仮)進軍~中野に向かって~(3月21日 - 5月25日、14都市14公演)
アップアップガールズ(仮)1st全国ツアー アプガ第二章(仮)進軍~中野サンプラザ 超決戦~(6月1日、中野サンプラザ)
アップアップガールズ(仮)富士山 山頂頂上決戦(仮)(8月6日 - 7日、富士山頂)
アップアップガールズ(仮)2014 Summer Live Tour Hot! Hot! Hot!(8月11日 - 28日)
アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム(11月30日 - 12月28日)
2015年
アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015 RUN!アプガRUN! ダッシュ(2015年3月26日 - 2016年3月13日[209]、80公演)
アップアップガールズ(仮)全国47都道府県ツアー2015~RUN!アプガRUN!ダッシュ アプガの夏!野音の夏!~(7月5日、日比谷野外大音楽堂)
アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2015ハイスパート RAVE FESTIVAL(11月23日 - 12月6日、3都市6公演)
アップアップガールズ(仮) CD/J 15-16 カウントダウンジャンパー!(12月31日、DIAMOND HALL) - アップアップガールズ(仮)にとって初の単独カウントダウンライブ
2016年
アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2016 “The Seven LIVE Alien”(3月26日 - 6月19日)
アップアップガールズ(仮)Zeppツアー “The Seven PARTY LIVE Alien”(6月12日 - 7月3日)
アップアップガールズ(仮) Road to 武道館 陸の孤島 秘境決戦(9月22日、西伊豆某所)
アップアップガールズ(仮) Road to 武道館 LIVE! LIVE! LIVE!(10月5日 - 10月27日)
アップアップガールズ(仮) 日本武道館超決戦 vol.1(11月8日、日本武道館)

黒船公演
2011年に開始した、振付師の竹中夏海のプロデュースによるアップアップガールズ(仮)の公演である。竹中は当公演開始当初、外部の振付師(黒船)だったが、アップアップガールズ(仮)の楽曲の振り付けをしていることから、黒船とは言えなくなり、2012年8月27日の公演がファイナルとなった。

その他
2012年
第2回 アイドル横丁祭!!(4月8日、SHIBUYA-AX) - 初めてグループのオリジナル曲(Going my ↑・Rainbow・お願い魅惑のターゲット)のみでセットリストを組んだ。
TOKYO IDOL FESTIVAL 2012(8月4日・5日、お台場・青海特設会場)
IDOL NATION(8月11日、国立代々木競技場第一体育館) - これまでで最大規模の会場でのライブに出演。オープニングアクトとして出演。
2013年
Hello! Project誕生15周年記念ライブ2013冬~ブラボー!~(1月6日、中野サンプラザ・1月20日、日本特殊陶業市民会館)
TOWER RECORDS Presents アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)(2月24日 - 4月6日、6公演)
TOKYO IDOL FESTIVAL 2013(7月27日・28日、Zepp Tokyo他お台場地区)
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013(8月3日、国営ひたち海浜公園)
IDOL NATION 2013(8月10日、国立代々木競技場第一体育館)
SUMMER SONIC 2013(8月11日、幕張メッセ)
横浜BLITZ THE FINAL THE ポッシボー×アップアップガールズ(仮)2マンライブ 2013「聖地横浜BLITZ」(10月7日、横浜BLITZ) - 2011年・2012年に続く3回目のジョイントライブ。アップアップガールズ(仮)にとって最後の横浜BLITZでの公演。
2014年
TOKYO IDOL FESTIVAL 2014(8月2日・3日、青海・お台場地区)
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014(8月9日、国営ひたち海浜公園)
@JAM EXPO 2014(8月31日、横浜アリーナ)
2015年
TOKYO IDOL FESTIVAL 2015(8月1日・2日、青海・お台場地区)
@JAM EXPO 2015(8月29日、横浜アリーナ)
2016年
Good Vibrations(3月31日 - ) - 日本武道館公演を目標としているアップアップガールズ(仮)による主催ライブ(対バン形式)
TOKYO IDOL FESTIVAL 2016(8月5日 - 7日、青海・お台場地区)
@JAM×ナタリー EXPO 2016(9月24日・25日、幕張メッセ)

主なイベント
『アップフロントガールズ(仮)』イベント 第1回公演 - 第4回公演(2011年5月1日・3日、TOKYO FM HALL)
以降、TOKYO FM HALL、AKIBAカルチャーズ劇場等で定期的にイベントが行われている。2016年9月17日時点での公演数は107回。

テレビ番組
アップアップガールズ(仮)(2011年4月 - 2015年6月、アイドル専門チャンネルPigoo)
カミスン!(2012年3月26日、TBSテレビなど)[234] - iカメラワークの紹介
新進気鋭(2012年8月4日、日本テレビ) - グループとして初の地上波での歌(アッパーカット!)パフォーマンスとされている。
戦国鍋TV ~なんとなく歴史が学べる映像~(2012年8月18日 - 9月1日、テレビ神奈川・千葉テレビ放送・テレビ埼玉・サンテレビジョン 他) - 7人組女性ユニット『時代劇少女 奥カラ』としての出演。
アイドルお宝くじ(2014年10月11日 - 2015年2月7日・2015年10月17日 - 2016年1月9日など、テレビ朝日等)
The Girls Live(テレビ東京) - 2016年現在準レギュラー

ラジオ番組
アップアップガールズ(仮)のRoad to 武道館ラジオ!(2016年10月7日 - 、ラジオ日本) - 『60TRY部』内のコーナー

インターネット配信
上々少女's(2012年1月25日 - 2015年3月26日、毎週水曜日配信、テレ朝動画)
アップアップガールズ(仮)のオールナイトニッポンモバイル(2013年5月29日 - 、毎週水・木曜日配信、ニッポン放送モバイル1242)
アップアップガールズ(仮)の戦場(仮)[249](2014年5月13日 - 、毎週火曜日配信、SHOWROOM)
アップアップガールズ(仮) アイドルが武道館 借りてみた、けど…(2016年8月10日 - 11月4日[252]、毎月1回放送、AbemaTV)

WEB連載
アップアップガールズ(仮)バトルリレー 1st season(2011年6月9日 - 2011年9月15日、ワニブックス@モバイル)
雑誌『UTB』でのソログラビア掲載を目指す戦い。アクセス数1位の関根が11月発売の『UTB+』vol.5に掲載された。
アップアップガールズ(仮)バトルリレー 2nd season(2011年12月 - 2012年2月、ワニブックス@モバイル)
関根を除く6名の戦い。仙石が1位となり、2012年4月発売の『UTB』vol.208に掲載された。

CM
剣と魔法のログレス(2016年5月、マーベラス)

キャンペーン
とくとくBB公式サポーター(仮)(2012年12月 - 2013年2月、GMOインターネット)
ARROWS × アップアップガールズ(矢) CALL!アプガCALL! キャンペーン(2015年5月 - 7月、富士通)
YOSAKOIソーラン祭り「応援アイドル」(2015年6月・2016年6月)
アヴァベル総選挙(2015年6月 - 7月、アソビモ)
「国勢調査2015」公式応援団(2015年4月 - 9月)
おかやま晴れの国大使(仮)(2015年11月 - 、岡山県) - 岡山県のキャンペーン『もんげー岡山!』の第3弾として、アップアップガールズ(仮)が「もんげー岡山!ダンスプロジェクト」を実施。具体的には、楽曲「もんげー岡山!ダンスバージョン」の振付をメンバー自身が考え、プロモーションビデオを作成し公開した。
ローソン公認つばめ女子(2016年3月22日 - 4月11日、ローソン) - 東京都限定「東京ヤクルトスワローズ×ローソン つばめ進化応援キャンペーン」のキャンペーンキャラクター。6月4日には明治神宮野球場でミニライブ・始球式を行った。
日本ホームパーティー協会・オフィシャルアンバサダー(2016年4月14日 - 、日本ホームパーティー協会)

アプリケーション
iカメラワーク(2012年4月6日、TBSテレビ)

書籍
背景資料集1 学校・教室(マンガ×アニメ これ1冊!)(2012年6月20日、パイインターナショナル)
佐藤・佐保・関根・新井掲載
RUN! アプガ RUN!(仮)(2013年5月31日、音楽出版社、撮影:SUSIE)
「1stドキュメント・フォトブック」という位置付けで、TOWER RECORDS Presents アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)・『アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE 横浜BLITZ大決戦(仮)』の写真が収録されている。また「メンバー・ソロ・インタビュー」(約3万字)等も収録されている。
“7 LIVES” アップアップガールズ(仮)の生き様(仮) UP UP GIRLS kakko KARI official documentary book(2017年1月30日、KADOKAWA)

雑誌連載
Top Yell「アップアップガールズ(仮)の学んでみた」(2012年1月号 - 2015年1月号、竹書房) - トップアイドルを目指すために、ゲストを招いて様々なことを学んでいく連載
アニカンRヤンヤン!!「ヤンヤン!! コラムストリート」(2013年4月(vol.5) - 、エムジーツー)
Top Yell「なぜそれでも少女たちはアイドルを目指すのか?~真説・アップアップガールズ(仮)物語~」(2015年1月号 - 2017年1月号)

UFZS
UFZS(ゆーえふじーえす)は、女性自身がプロデュースする日本のK-POPカバーダンスグループ。女性アイドルグループ『アップアップガールズ(仮)』としても活動している。グループ名は、所属事務所の頭文字である「UF」と、韓国語の「自身」のローマ字の頭文字である「ZS」を組み合わせたものである。
2010年、女性自身副編集長(当時)の田原章雄は、日本でK-POPカバーダンスイベントを開催した際、K-POPが日本の音楽界で流行するという確信を持った。そこで田原が日本の芸能事務所にK-POPのカバーダンスチームを立ち上げる意思があるかどうか打診したところ、アップフロントが「まずは5人で、いずれは7人でやってみたい」と具体的に返答し『UFZS』として活動することが決まった。
2011年2月22日、ハロプロエッグの研修課程を修了したメンバー5名、古川・森・佐藤・関根・新井によりUFZSが結成された。同年5月1日、アップフロントガールズ(仮)のイベント内でステージデビューし、5月17日に仙石・佐保の2名がメンバーとして加わり、以降7名で活動している。UFZSのメンバーはアップアップガールズ(仮)のメンバーと同一になった。2012年8月14日には、古川がリーダーとなることが発表された

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

アップアップガールズ(仮)を「ウィキペディア」で参照する