有吉弘行 ありよしひろいき

「有吉弘行」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「有吉弘行」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「有吉弘行」に関連するモデルプレス記事

有吉弘行のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

有吉弘行のプロフィール

有吉弘行(ありよし・ひろいき)

生年月日:1974年5月31日
出身:広島県

■略歴
1993年3月2日放送分の『EXテレビ』(読売テレビ)の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に弟子入りする。しかし兄弟弟子と喧嘩をして相手に怪我を負わせてしまい、巨人から謹慎を言い渡される。

そのまま無断で巨人のもとを離れ上京した有吉は、1994年東京で森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー。太田プロダクションに所属。

1996年、『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題となりブレイク。

帰国後、CDや著書が爆発的に売れるも、肝心のお笑いで結果を残すことができず、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。本人によれば「天狗」になっており、あまり人に好かれていなかったようだと言う。そのためブームが去るとその後の転落速度は相当なものであったという。

それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がなく、経済的に自活することもできずに食事などは上島竜兵らの世話になっていた。仕事もなくほとんど家におり、ネタもない為、ブログには作り話を多く綴っていた。

2004年、猿岩石を解散、ピン芸人として活動を始める。このころから、『内村プロデュース』に度々出演するようになり(最初の内は猿岩石として、解散後には有吉が一人で)、これが久方ぶりの全国ネット番組への出演となり、復活へのきっかけとなった。有吉によれば、自身の復活は正しく「内Pのおかげ」であり、「内Pで再デビュー」と言った気持ちでもあったという。なお、内P出演時は基本的にリアクション芸、基本的に裸、であった(そのために、体力も錬成しダイエットも行ったと言う)。また、女性ファン層は諦め、同世代の男性に的を絞っていった。そしてダチョウ倶楽部の協力などもあり、それら一定の成果を収めた。有吉によれば、結果的には「裸」が功を奏したと言う。月収はいつしか30万円程度にまで回復していた。

2007年、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』で発生した「おしゃクソ事変」が話題を呼ぶ(詳しくは後述)。これは2007年8月23日放送回で、品川庄司の品川祐に対し世間が持っているイメージを「おしゃべりクソ野郎」と表現し、これが爆笑を呼んだと言うもの。このコメントは同番組の年間流行語大賞となり、有吉本人も「久々に爆笑と言う感覚を味わった」(有吉弘行 2012 『お前なんかもう死んでいる』p.134より引用)と言う。この後有吉はあだ名、毒舌芸人として人気を得ることとなる。

その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による「2011年テレビ番組出演本数ランキング」において、出演総本数499本で1位となった。

2012年3月、広島県観光大使に就任した。

2013年11月23日、第10回『IPPONグランプリ』初優勝。

2013年時点でテレビのレギュラー番組15本、そのうち8本が有吉の冠番組となっている。特に、2013年だけで5本のレギュラー番組が増え、そのうち4本が冠番組を占めるなど、2013年は仕事の幅を広げた。なお有吉が2010年に述懐したところによれば、決して自分から「再ブレイク」などと言って反感を買うようなことはせず、できるだけ目立たず、名誉より金、と言うことである。R-1ぐらんぷりにも興味はなく、太田プロのライブにも出ていないとのこと。

2014年11月8日、第12回『IPPONグランプリ』二度目の優勝。

■出演
【テレビ】
・現在の出演番組
レギュラー番組
ヒルナンデス!(2011年4月1日 - 、日本テレビ)金曜レギュラー
マツコ&有吉の怒り新党(2011年4月5日 - 、テレビ朝日)MC
金曜★ロンドンハーツ(2011年11月1日 - 、テレビ朝日)
有吉くんの正直さんぽ(2012年4月7日 - 、フジテレビ)MC
有吉ジャポン(2012年10月9日 - 、TBS)MC
有吉反省会(2013年4月7日 - 、日本テレビ)MC
有吉ゼミ(2013年10月7日 - 、日本テレビ)MC
有吉弘行のダレトク!?(2013年10月8日 - 、関西テレビ)MC
櫻井・有吉 THE夜会(2014年4月17日 - 、TBS)MC
有吉ベース(2016年1月12日 - 、フジテレビONE)MC
究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?(2016年5月6日 - 、日本テレビ)MC

準レギュラー番組 (または不定期出演)
雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!(テレビ朝日)

スペシャル番組 (最新出演から1年未満の間隔で継続出演している特別番組)
日テレ系人気番組No.1決定戦(2013年4月7日・10月6日・2014年4月6日・10月5日・2015年4月5日・10月4日・2016年4月3日、日本テレビ)
全国高等学校クイズ選手権(2013年9月4日・2014年9月12日・2015年9月11日、日本テレビ)メインパーソナリティー
有吉の夏休み(2013年9月7日・2014年9月6日・2015年9月18日、フジテレビ)MC
三村&有吉特番(2014年1月9日・3月28日・9月28日・2015年6月7日、テレビ朝日)MC
速報!有吉のお笑い大統領選挙(2014年12月29日・2015年4月26日・2015年12月29日、テレビ朝日)MC
クイズ☆正解は一年後(2014年12月30日・2015年12月30日・2016年12月30日、TBS)
有吉の壁(2015年4月7日・8月3日・12月28日・2016年3月28日、日本テレビ)MC
櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”(2015年4月9日・2016年2月11日、TBS)MC
有吉弘行の野球バカ~ん!(2015年9月5日、フジテレビ)MC
真夜中の保健室 有吉先生が誰にも言えない女性の体の悩みきいてあげます…(2015年9月22日・2016年2月29日、日本テレビ)MC
芸能界煩悩CUP(2015年9月29日・2016年1月2日、関西テレビ)MC
なるほど!ザ・ワールド2015秋(2015年10月10日、フジテレビ)MC
有吉弘行のドッ喜利王(2015年10月21日、TBS)MC
芸人キャノンボール2016 ~公道最速借り物レース~(2016年1月1日、TBS)
V字復活!有吉カンパニー~ホントにあった大逆転リアルストーリー~(2016年2月13日、RCCテレビ)MC

・過去の出演番組[編集]
レギュラー番組
KEN-JIN DX(1997年4月18日 - 2005年4月1日、中国放送)
ダチョ・リブレ「ばっかス」(2007年1月 - 2012年12月、テレ朝チャンネル)
ピエール靖子(2007年1月6日 - 3月24日、テレビ大阪)
AKB48ネ申テレビSeason1 - 3(2008年7月13日 - 10月12日・2009年7月10日 - 9月18日・10月9日 - 12月18日、ファミリー劇場)
世直しバラエティー カンゴロンゴ(2008年10月5日 - 2009年3月15日、NHK総合)
悪魔の契約にサイン(2008年10月29日 - 2009年2月18日、TBS)
○○の国の王子様(2009年4月4日 - 6月27日、NHK教育)
アイドルの穴~日テレジェニックを探せ!~(2009年4月11日 - 6月27日・2010年4月10日 - 6月26日・2011年4月2日 - 4月30日・2012年4月7日 - 6月23日、日本テレビ)MC
アイドル☆リーグ!(2009年7月5日 - 2013年3月28日、日本テレビ・NOTTV)MC
日テレジェニックの穴(2009年7月18日 - 9月26日、日本テレビ)MC
どれだけ食えスト(2009年8月1日 - 9月26日、日本テレビ)
崖っぷち~アラビアンサイトFEVER~(2009年10月6日 - 2010年3月23日、TBS)MC
100日劇場(2010年1月23日 - 3月20日、日本テレビ)MC
有吉AKB共和国(2010年3月29日 - 2016年3月28日、TBS)MC
DON!(2010年3月29日 - 2011年3月25日、日本テレビ)
ウケウリ!!(2010年4月2日 - 9月25日、日本テレビ)MC
世界笑える!ジャーナル(2010年4月21日 - 8月25日、TBS)
アイドルちん(2010年10月9日 - 2011年1月22日、日本テレビ)MC
爆問パニックフェイス! → 爆問パワフルフェイス!(2010年10月27日 - 2011年9月24日、TBS)
その顔が見てみたい(2010年10月27日 - 2012年2月3日、フジテレビ)
資格☆はばたく(2011年3月 - 4月、NHK教育)
スター☆ドラフト会議(2011年4月12日 - 2013年3月5日、日本テレビ)
バカなフリして聞いてみた(2011年4月19日 - 9月13日、日本テレビ)
キカナイトF(2011年7月5日 - 2012年9月21日、フジテレビ)MC
ブラっと嫉妬(2011年7月7日 - 9月29日、関西テレビ)MC
もてもてナインティナイン(2011年11月1日 - 2014年3月11日、TBS)
くりぃむクイズ ミラクル9(2012年1月11日 - 2014年3月30日、テレビ朝日)
オトナへのトビラTV(2012年4月5日 - 2014年3月27日、NHK教育)MC
ネプ&イモトの世界番付(2012年4月13日 - 2013年12月27日、日本テレビ)
ここ掘れ!ワンワン!(2012年8月12日 - 9月30日、日本テレビ)MC
ウーマン・オン・ザ・プラネット(2012年10月6日 - 2015年3月28日、日本テレビ)MC
有吉&ベッキーのクイズ80(2012年10月9日 - 12月11日、日本テレビ)MC
今、この顔がスゴい!(2013年4月11日 - 2014年3月20日、TBS)MC
ひろいきの(2013年10月15日 - 2014年9月16日、フジテレビ)MC
おーい!ひろいき村(2014年10月6日 - 2016年3月5日、フジテレビ)MC

準レギュラー番組
内村プロデュース(2001年5月12日 - 2005年9月12日、テレビ朝日)
神さまぁ~ず(2008年4月22日 - 9月16日、TBS)
とんねるずのみなさんのおかげでした(2008年6月5日 - 2014年9月14日、フジテレビ)
さまぁ~ず式(2008年10月7日 - 2009年2月10日、TBS)
アッコにおまかせ!(2009年5月31日 - 2013年11月24日、TBS)
ホリさまぁ~ず(2009年6月23日 - 2010年3月23日、TBS)
マルさまぁ~ず(2010年4月14日 - 8月25日、TBS)
クイズ☆タレント名鑑(2010年8月1日 - 2012年3月25日、TBS)
テベ・コンヒーロ(2012年4月17日 - 9月18日、TBS)

スペシャル番組
ものまねバトル → ものまねグランプリ(2005年10月3日 - 2012年12月25日、日本テレビ)
相談バカ一代(2008年12月29日・2012年1月3日、テレビ東京)
IPPONグランプリ(2009年12月27日・2010年10月5日・2011年1月4日・6月11日・10月22日・2012年4月7日・2013年5月25日・11月23日・2014年11月8日、フジテレビ)
俺たちが司会者!(2011年7月8日・2011年10月14日・2012年10月5日、テレビ朝日)MC
世の中のデマを一挙撲滅 特命任務DEMA-TRIX(2011年9月10日・2011年12月29日、関西テレビ)MC
真実を追求せよ 踊る!デマ捜査官(2012年4月15日、関西テレビ)MC
ホントにそれでイイの?!(2012年1月4日、フジテレビ)MC
ふわふわトーク こんな感じでどうですか? (2012年3月23日・7月20日・10月7日・12月7日・2013年2月8日・4月19日・7月19日・12月14日、フジテレビ)
ミズトアブラハイム(2012年4月5日、TBS)MC
Calcolon(カルコロン)(2012年6月23日・9月28日・12月1日、2013年1月19日・3月16日・7月13日、フジテレビ)MC
幸せあやかりバラエティ バナナ・有吉のどハッピーポー(2012年6月26日、テレビ東京)MC
最強一休王決定戦 THE TONCHI(2012年7月15日、フジテレビ)MC
有吉弘行のヘベレケ(2012年7月22日・12月30日、東海テレビ)MC
芸能人パワー注入(2012年9月25日・2014年9月30日、TBS)MC
有吉×大木の人生告白劇場結局どうなったんだ!?(2012年12月29日、フジテレビ)MC
有吉ひとり土田@竜兵会プレゼンツ!超超!無礼講な宴SP(2012年12月29日、日本テレビ)MC
ビバ!!竜兵会システム ぜ~んぶ忘れてイイ宴 2(2013年12月30日、日本テレビ)MC
東野・有吉のどん底(2012年12月30日・2013年3月16日・7月4日・10月3日、TBS)MC
感動の神対応バラエティ おお!Myゴッド(2013年1月1日、フジテレビ)MC[65]
人間性カジノ カスベガス(2013年1月3日・8月6日・8月13日・8月20日・8月27日・12月29日、関西テレビ)MC
有吉vs花の熟女バトル!アリババ(2013年1月6日、フジテレビ)MC
有吉のバカだけど…ニュースはじめました(2013年4月2日・10月1日・2014年2月7日・10月10日・2015年4月17日、テレビ東京)MC
有吉弘行の信じる者はバカを見る!?(2013年6月4日 - 25日、関西テレビ)MC
天才リトル(2013年6月14日・10月13日・2014年3月30日、フジテレビ)MC
有吉・バカリズムの蜜室&毒室 ~芸能人裏の顔のぞき部屋~(2013年7月2日、関西テレビ)MC
有吉・真夏のアブナイ話(2013年7月28日、フジテレビ)MC
有吉×独身さん芸能人 結婚偏差値㊙チェック 新春早々大きなお世話だよSP(2014年1月2日、関西テレビ)MC
有吉ポンコツ隊(2014年4月11日、テレビ朝日 )MC
有吉の!モノシリはナカヨシ(2014年6月21日、フジテレビ)MC
アリさん 有田哲平×有吉弘行(2014年8月13日、フジテレビ)MC
有吉でら実験(2014年9月3日、CBCテレビ)MC
有吉VSミジメちゃん(2015年1月2日、関西テレビ)MC
チーム有吉(2015年1月9日、TBS)MC
有吉!謎解き物語(2015年2月14日、RCCテレビ)MC
歌う!苦労人(2015年2月28日、テレビ朝日)MC

【ラジオ】
・現在の出演番組
有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(2010年4月4日 - 、JFN)

・過去の出演番組[編集]
春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ(2006年5月 - 6月、ニッポン放送)
オールナイトニッポンGOLD(スペシャルパーソナリティとして一日のみの出演、2012年6月14日、ニッポン放送)

【インターネット配信】
竜兵会の約束(BeeTV)
Dr.有吉の密着治療室(BeeTV)
竜兵会(GyaO、2006年)
有吉弘行のおそらく一番安くて安全な世界一周の旅ガイド (goomo)
電波少年2010 人はつぶやきだけで生きていけるか? 有吉vsTプロデューサー~日本縦断四角系男子を探せ~(第2日本テレビ)

【ドラマ】
愛なんていらねえよ、夏 Last10(第1話)(2002年、TBS)
温泉へ行こう5(2004年、TBS)
弁護士のくず -NINE HEAD OF LAWYER- 第5話(2006年、TBS) - 小塚新平 役
吾輩は主婦である(2006年、TBS) 柴田 役
おちゃべり 第16話(2009年、毎日放送)
陽炎の辻3 第1話(2009年、NHK総合) - 安五郎 役
業界 LOVE STORY~だからテレビはおもしろい~(2011年、東海テレビ)

【映画】
一生、遊んで暮らしたい(1998年1月)
中国放送大パニック(2000年11月) - 本人役で友情出演
TRICK劇場版2(2006年6月)
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007年2月)
The焼肉ムービー プルコギ(2007年5月)
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE(2008年1月)
まぼろしの邪馬台国(2008年11月)
上島ジェーン(2009年5月)
BECK(2010年9月) - 特別出演
テッド 日本語吹替版(2013年1月18日公開、東宝東和) - 主演:テッド 役
上島ジェーンビヨンド(2014年)
テッド2 日本語吹替版(2015年8月28日) - 主演・テッド 役

【舞台】
シンドバッドの大冒険(2000年7月22日-30日、博品館劇場 7月31日-8月1日、かめありリリオホール)主演:シンドバッド役

【CM】
『レギオン (映画)』(ナレーション)
ソフトバンクモバイル 『白戸家「選挙カー」』篇(2010年) - 対立候補役
広島ガス 「エネファームあだ名」篇よくばり野郎(2010年)
サントリーフーズ BOSS レインボーマウンテンブレンド 「奥の細道」篇(2011年)
セガ『リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産』(2012年)- 東国原英夫、上島竜兵、榮倉奈々と共演
DeNA(モバゲー)『大冒険!シスタークエスト』(2012年)- 関西ローカル放送
DMM.com
半額キャンペーン(2013年8月、2014年8月、2015年8月)
アフラック
「ちゃんと応える医療保険EVER」(2013年 - )・ブラックスワン声
マイナビ
「マイナビ2015」(2013年)
「マイナビ2016」(2015年)
ニチレイ
「本格焼おにぎり」(2014年4月)
「本格炒め炒飯」(2015年)
ハウスウェルネスフーズ「ウコンの力」(2014年5月 - )
エスエス製薬「エスタックイブファインEX」(2015年 - )

【CD】
猿岩石
『猿岩石#猿岩石名義』 (1996年-1999年)を参照。
KEN-JIN BAND
『KEN-JIN#ディスコグラフィ』 (2001年-2004年)を参照。
マンクマン
劇団ひとりとのユニット
最新J-POP MEGA HITS! BEST40 (2003年2月21日、Mankman Records)

【DVD】
死球 ~dead ball~ vol.2(2005年)
オレがやるよ!それだったらオレがやるよ!じゃあオレがやるよ!どうぞ!どうぞ!どうぞ! ~ダチョウ倶楽部のリアクション祭り~(2005年)
その時…上島が動いた(2007年)
我々は有吉を訴える ~謎のヒッチハイク全記録~(2008年)
ノーマニフェスト for UESHIMA(2008年)
ものまねプロレス祭2008 まねんのか!(2009年)
イツザイ 「インディーズ芸人スペシャル」(2009年)
大輔宮川のすべらない話2(2009年)
ギョーカイ騒然! ~ココロにのこらない話~(2009年)
リアクションの殿堂(2009年)
我々は有吉を再び訴える ~沖縄ヒッチハイク殺人未遂事件の全真相~(2009年)
リアクションの殿堂 ~遺作~(2010年)
竜兵会の約束(2010年)
我々は有吉を訴えるべきかどうか迷っている(2011年)
ふわふわトーク こんな感じでどうですか?(2013年)
有吉の夏休み 密着100時間inハワイ もっと見たかった人のために放送できなかったやつも入れましたDVD(2014年)
ほか

【書籍】
オレは絶対性格悪くない!(2008年9月、太田出版)
怒りオヤジ 愛の説教BOOK (2009年3月、太田出版)
竜兵会 僕たちいわばサラリーマンです。~出世術のすべてがここに~(2009年4月、双葉社)
嫌われない毒舌のすすめ(2009年7月、KKベストセラーズ)
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則 (2010年6月、双葉社) 2012年4月、文庫化(双葉文庫)。
毒舌訳 哲学者の言葉(2012年4月、双葉社) 2013年5月、文庫化(双葉文庫)。
現代用語のクソ知識(2013年10月、双葉社)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
有吉弘行を「ウィキペディア」で参照する