井上咲楽(いのうえさくら)

誕生日:
1999年10月2日
星座:
てんびん座
身長:
151cm
画像 記事 プロフィール

井上咲楽の関連リンク

井上咲楽に関する画像

井上咲楽に関する記事

  1. ゆうちゃみ&井上咲楽、“異性に冷めてしまう瞬間”が一致「まじでやめたほうがいい」

    モデルプレス

  2. 宮根誠司&宮司愛海、選挙特番で5年ぶりタッグ 井上咲楽も出演

    モデルプレス

  3. 「GiRLS by PEACH JOHN」井上咲楽&なえなのが着こなす新コレクション登場

    マイナビウーマン

  4. 井上咲楽&なえなの、ランジェリー姿でふっくら美バスト披露

    モデルプレス

  5. 「トイ・ストーリー」コラボ!GiRLS by PEACH JOHNの限定コレクションが可愛い

    lamire〈ラミレ〉

  6. 井上咲楽、黒髪ヘアにイメチェンでファン絶賛「美人すぎる」「似合ってる」と反響

    モデルプレス

  7. 井上咲楽・山之内すず・百田夏菜子、ドリフの“体張った”コントに挑戦「100%で叩いちゃいました」

    モデルプレス

  8. 「GiRLS by PEACH JOHN」新ミューズに井上咲楽&なえなの

    マイナビウーマン

  9. 「ガールズ・バイ・ピーチ・ジョン」新ミューズに井上咲楽さん、なえなのさん

    繊研plus

  10. 井上咲楽、ランジェリー撮影はジム通いで体作り 驚きの食生活も明かす「お米4合とかお寿司60貫」

    モデルプレス

  11. 【撮影現場に潜入】井上咲楽&なえなの「PEACH JOHN」妹ブランドのミューズ就任 下着選びのポイント・美容事情をインタビュー

    モデルプレス

  12. 井上咲楽&なえなの、ランジェリー姿で美ボディ披露

    モデルプレス

  13. FANTASTICS中島颯太・犬飼貴丈・ゆうちゃみら、フジ新番組「ポップUP!」レギュラーメンバー8人決定

    モデルプレス

  14. 井上咲楽、クールビューティー水着グラビアで大人の魅力

    モデルプレス

  15. 井上咲楽「新婚さん」新アシスタント決定「温かくにこやかに迎えられるように」

    モデルプレス

  16. 石原さとみ・武井咲・小松菜奈・宮脇咲良…弘中綾香アナ、井上咲楽ら10人が“なりたい顔ランキング”発表

    モデルプレス

  17. 円形脱毛症告白の井上咲楽、原因は?“ウエスト10cm減”美ボディの秘訣も明かす

    モデルプレス

  18. 井上咲楽、円形脱毛告白も「違うんです」心配の声に釈明

    モデルプレス

  19. 太眉カットの井上咲楽、脱色にも挑戦「美人度アップ」「さらに垢抜けた」の声

    モデルプレス

  20. 井上咲楽、実家公開に反響「別荘みたい」「ロケーション最高」

    モデルプレス

井上咲楽のプロフィール

井上 咲楽(いのうえ さくら)
1999年10月2日
タレント
栃木県出身
ホリプロ所属

来歴
2015年、第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン #kawaii でソフトバンク賞を受賞し、デビュー。9月23日に行われた決選大会では、一人漫才やMr.ビーンのものまねを披露した。
10月24日、Twitter、Instagramを始める。
芸名を決めるにあたっては、ソフトバンク社のTwitterや「NEXTSTAR」のLINE@にて「芸名投票」が行われ、本人が候補に挙げた「ブリンブリン咲楽」など五つの名前から、「エンジョイ・ガール」と「井上咲楽」(本名の旧字の「樂」を「楽」に替える)の二つに絞られ、最終的に「井上咲楽」に決定した。この様子は『決め方TV』(テレビ朝日)の密着取材を受け、11月2日に放送された。

人物
身長151cm(2015年現在)。
実家は「イノシシが出る」というほどの山の中で、父親が山のてっぺんを切り拓いて作った家で小学1年生ごろから育つ。
負けず嫌いな性格で、学校の教室で男の子と取っ組み合いの喧嘩をしたこともある。
中学時代はバレー部。長距離走は得意だが、短距離は苦手。
運動会では応援副団長を務めた。学級委員も3年連続で担当。
憧れの女優は石原さとみ、有村架純。中学時代に好きだったお笑い芸人ははんにゃ。

テレビ
決め方TV(2015年11月2日、テレビ朝日)

広告
ソフトバンク - ソーシャルメディアのPRキャラクター

イベント
めざましテレビ PRESENTS T-SPOOK 東京お台場ハロウィーン パレード(2015年10月24日) - 「御伽ねこむ」を囲む「NEXTSTAR」の一員として参加。仮想のテーマはソフトバンクのお父さん犬。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.