安田章大 やすだしょうた

「安田章大」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「安田章大」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「安田章大」に関連するモデルプレス記事

安田章大のプロフィール

安田章大(やすだ・しょうた)

ジャニーズ事務所所属。関ジャニ∞のメンバー

生年月日:1984年9月11日
出身:兵庫県

■略歴
1997年9月、嵐の相葉雅紀(当時ジャニーズJr.)のファンであった姉が勝手に履歴書を送る。本人は乗り気ではなかったが「どうせ受からんから行くだけ行ってきたら?」という母親の言葉に反抗しオーディションを受け、ジャニーズ事務所に入所。同期に錦戸亮、丸山隆平、大倉忠義がいる。

Jr.時代は主に関西ジャニーズJr.の中心であった渋谷すばる、横山裕、村上信五のバックで活躍し、同期メンバーで組まれたユニット「BIGWEST」にも参加。後に内博貴、丸山隆平らと共に「V.WEST」というバンド形式のユニットを結成し、ギタリストとして活動。V.WESTではリーダーも務めていた。

2002年に関西Jr.のメンバーから関ジャニ∞を結成し、2004年9月22日、「浪花いろは節」でCDデビュー。

2006年12月13日 - 15日に大阪松竹座にてソロコンサートを行う。

2008年2月10日 - 26日まで一人舞台『818』を公演。一人五役に挑戦した。

2009年3月16日 - 4月19日、主演舞台『カゴツルベ』を東京・大阪で公演。

2011年7月9日 - 8月1日、主演舞台『トラストいかねぇ』を東京・大阪で公演。

2012年7月期のドラマ『ドラゴン青年団』で連続ドラマ単独主演。

2013年11月 - 映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』で単独初主演。

■人物
手話に興味を持ち、2011年3月に手話検定3級を取得した。関ジャニ∞がメインパーソナリティを務めた『24時間テレビ34』ではろう者の子どもたちとパントマイムショーを行った。

ダイビングが趣味で、小型船舶免許1級を所持している。ダイビングは2009年にCカードを取得、以降2011年11月時点でダイビング本数は150本。レスキュー・ダイバーのライセンスも持っており、ダイブマスターを目指している。

グループのツアーをはじめ、様々な場でグッズのデザインをしている。村上信五のキャラクター「バブーンマン」の衣装デザインも安田である。

動物好き。小さい頃は将来、絵描きや動物園の飼育員になりたかった。

【音楽活動】
今後やってみたいこととして、ジャニーズのグループへの楽曲提供を挙げている。

関ジャニ∞の中では主にリードギターを務めている。使用しているギターはGibson/ES-335 2006年製(赤)、Fender USA Custom Shop Master Build Jason Smith/Stratocaster Relic、Gibson/Les Paul Classic2000年製など複数。

■出演
【テレビドラマ】
七人のサムライ J家の反乱(1999年4月9日 - 2000年9月30日、ABC) - 城之内章大 役
怖い日曜日「アフリカより」(1999年)
怖い日曜日~2000~ 第10回「記憶からの使者~よみがえる過去の恐怖!!」(2000年9月10日、日本テレビ)
ショコラ(2003年5月 - 7月、TBS) - 中ノ島達人 役
自転車少年記(2006年11月23日、テレビ東京) - 昇平 役
ヤスコとケンジ 第5話(2008年8月9日、日本テレビ) - 山田幹夫 役
ROMES/空港防御システム(2009年10月 - 12月、NHK) - 砂村多駒 役
0号室の客 Second Story(2009年11月20日 - 12月4日、フジテレビ) - 主演・鈴木淳 役(丸山隆平とダブル主演)
24時間テレビスペシャルドラマ 生きてるだけでなんくるないさ(2011年8月20日、日本テレビ) - 清水弘樹 役
新春スペシャルドラマ・もう誘拐なんてしない(2012年1月3日、フジテレビ) - 白石浩太 役
パパドル!(2012年4月-6月、TBS)-安田章大 (本人)役
ドラゴン青年団(2012年7月19日 - 9月27日、毎日放送) - 主演・ヨシオ 役
夜行観覧車(2013年1月18日 - 3月22日、TBS) - 高橋良幸 役
なるようになるさ。(2013年7月12日 - 9月20日、TBS)- 大竹昇(しょう) 役
なるようになるさ。 第2シリーズ(2014年4月22日 - 6月24日、TBS)
フラジャイル 第5話(2016年2月10日、フジテレビ) - 小早川洋行 役

【映画】
エイトレンジャー(2012年7月28日公開、東宝)- 安原俊 (ブルーレンジャー)役
ばしゃ馬さんとビッグマウス (2013年11月2日公開、東映)- 主演・天童義美 役
エイトレンジャー2(2014年7月26日公開、東宝)- 安原俊 (ブルーレンジャー) 役
スキャナー 記憶のカケラをよむ男(2016年4月29日公開) - 佐々部悟 役

【舞台】
818(2008年2月10日 - 2月20日、東京グローブ座・2月23日 - 2月26日、大阪厚生年金会館芸術ホール)
カゴツルベ(2009年3月16日 - 3月31日、青山劇場・4月16日 - 4月19日、NHK大阪ホール) - 佐野次郎左衛門役
トラストいかねぇ(2011年7月9日 - 8月1日、東京グローブ座・8月4日 - 8月7日、シアター・ドラマシティ) - 野森正役
ジュリエット通り(2014年10月8日 - 10月31日、シアターコクーン・11月20日 - 11月22日、コスモスシアター・11月27日 - 11月30日、シアターBRAVA!) - 田崎太一役

【バラエティ番組】
ありえへん∞世界(2008年4月15日 - 、テレビ東京)
爆笑 大日本アカン警察(2011年4月24日 - 2013年9月8日、フジテレビ)※準レギュラーとして不定期出演
教訓のススメ(2013年11月3日 - 2015年3月20日、フジテレビ)※準レギュラーとして不定期出演
トーキョーライブ24時 ~ジャニーズが生で悩み解決できるの!?~(2014年4月4日、2014年4月11日、テレビ東京)
トーキョーライブ22時 ~ニチヨルまったり生放送中~(2014年10月19日 -2015年9月27日 テレビ東京)※週替わりで出演
~突撃!はじめましてバラエティ~イチゲンさん (2015年10月18日- テレビ東京)※週替わり 「トーキョーライブ22時」後続番組

【CM】
ヤン坊マー坊天気予報「放送開始40周年記念」Ver. (ヤンマー、1999年) - 錦戸亮との共演
ハウス食品 焙りコーン(2001年9月 - (関西地区限定)・2002年1月 - (全国)) - V.WESTとして
アサヒビール「スタイルフリー」(2011年 - )
森永製菓 ICE BOX「熱くなった後に篇」(2013年4月29日 - )丸山隆平、錦戸亮との共演
大阪メトロポリス OMPタワー(2013年7月26日 - (関西地区限定))村上信五、錦戸亮との共演
Wii U マリオカート8(使用キャラクターは、キノピオ)

■作品
【ソロ曲】
君と僕
それぞれの君と
人様の光
わたし鏡(2007年)
アイライロ(2009年)
TOPOP(2010年)

【作詞・作曲】
※すばるBANDまたは三兄弟についての活動も含む。
ONE
High Position
Down up↑
Soul way
いずれもすばるBAND内の曲。作詞は渋谷。
アメちゃん
オニギシ
プリン
みかん
いずれも三兄弟内の曲。作詞は長男であるユウ(横山)。
desire(TOUR 2008での渋谷とのユニットにて披露。作詞は渋谷)
Kicyu(アルバム『PUZZLE』にPVが収録。横山とのユニットで、作詞は横山)
Snow White(シングル『GIFT~緑~』に収録。関ジャニ∞として披露。錦戸との合作)
cHocoレート (『横山YOUがヤっちゃいます 第3弾コンサート 2010春』で披露。横山裕のソロ曲。作詞は横山)
『って!!!!!!!』(アルバム『8UPPERS』Disc2に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は大倉との合作)
Eightopop!!!!!!!(シングル『365日家族』に収録。ソロ曲『TOPOP』を自身でアレンジしなおし関ジャニ∞として披露。作詞・作曲ともに担当)
Dye D? (アルバム『FIGHT』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞・作曲ともに担当)
夜な夜な☆ヨーNIGHT (アルバム『FIGHT』に収録。村上、大倉とのユニット。作詞は村上・大倉との合作)
クルトン(ベストアルバム『8EST』に収録。初回限定盤BにPV収録。関ジャニ∞として披露。作詞は横山)
Your WURLITZER(アルバム『JUKE BOX』に収録。曲は錦戸亮との合作。作詞は錦戸亮)
All is well(アルバム『JUKE BOX 通常盤』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は関ジャニ∞)
ゆ(アルバム『関ジャニズム 』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は渋谷)
アイスクリーム(アルバム『関ジャニズム 』Disc2に収録。初回限定盤BにPV収録。錦戸とのユニット。錦戸との合作)
バリンタン(アルバム『関ジャニ∞の元気が出るCD‼』に収録。関ジャニ∞として披露。作詞は村上)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
安田章大を「ウィキペディア」で参照する