蛯原友里 えびはらゆり

「蛯原友里」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「蛯原友里」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「蛯原友里」に関連するモデルプレス記事


蛯原友里のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

蛯原友里のプロフィール

蛯原友里(えびはらゆり)
プロフィール
愛称 エビちゃん
生年月日 1979年10月3日
出身地 日本・宮崎県宮崎郡佐土原町(現宮崎市)
血液型 O型
公称サイズ
身長 / 体重 168 cm / 48 kg
BMI 17(低体重)
スリーサイズ B82 W56 H84
股下 / 身長比 80 cm / 47.6 %
靴のサイズ 24.5 cm
デビュー 2002年
出身高校 宮崎県立佐土原高等学校産業デザイン科
出身大学 九州産業大学芸術学部デザイン学科
所属事務所 パール

■人物
・1979年(昭54)10月3日、宮崎県生まれ。福岡の九州産業大学時代にモデルとしてスカウトされる。卒業後の2002年4月に上京。スタイル維持法は「食べ過ぎた日の夜は野菜だけ」。肉より魚中心。エビも好物だが、実家から送られる米が大好き。得意料理は宮崎名物の冷や汁とチキン南蛮。家族は両親と妹弟。

・高校時代はバスケットボール部のキャプテンを務めていた。また当時はラグビー部に所属していた先輩と交際していたが、後に遠距離恋愛となって疎遠となり別れたという。(2008年1月6日日本テレビ「おしゃれイズム」より)

・特技は水泳。父親の厳しい指導を受け、小学校時代は地区大会の頂点に立ったほどの実力の持ち主。幼少期は父親より腹筋、背筋、腕立て、スクワット、庭5週などのトレーニングメニューを課せられていた。 父親は水泳の元国体選手。本人も小学校時代、県で有名な水泳選手だった。

・愛称は「エビちゃん」。新聞のテレビ欄などでは「エビ」と省略されることもある。ゆりっぺや、ゆりちゃん、エビ(押切もえや、山田優が呼ぶ)、エビユリとも呼ばれる。

・家族構成は両親と妹、弟。妹は本人との一卵性双生児で既婚の看護師だったが、姉が有名となったため職務に支障が出てしまい転職した。

・目標の人物はモデルのSHIHO。

・両手の親指を人並み以上に外側に反らすことができるため、この反りを利用して指でハートの形を作るのが特技。

・O脚気味(本人談)。その為O脚に見せない立ち方を研究しているという。

・現在は双子の妹英里とその夫・亮と共に3人暮らしをしている。妹の夫とは2人で遊びに行くほど仲がよく、彼は自分の好きな人(英里)と同じ顔の人が2人いる(友里)環境で暮らせて「俺はすごい幸せ者だ」と語っていると言う。妹の夫については「あまりカッコよくない」と暴露した。またスポーツマン・アーティスト・ビジネスマン・お笑い系、の4つのタイプではアーティストタイプでセンスが良く亭主関白な人が好みとアンケートに答えている。(2008年12月7日「誰だって波瀾爆笑より)

・父は厳格な人物と語っており、妹が結婚前、婚約者である現在の夫を連れてきた時は帰り際に「もう来んでいいぞ」と言ったり、友里が学生時代に交際相手を連れてきた時も終始無言で帰宅後に交際相手にイチャモンをつけていたりしたという。現在は父と妹の夫とは非常に仲が良い。

・吉野家やCoCo壱番カレーなども食べる、と語った際はモデルなのに意外、と驚かれていた。

・同級生は彼女を「オールマイティで何でもできる人」「水泳部のマドンナ」などと語る反面、「怒ると凄くコワイ」とも言っている。友里自身も弟を蹴ったりするほど怒る時はがむしゃらに怒ったと認めているが、最近はあまり怒らなくなったという。

・美容のために心がけていることは、2日に1回ダンベル体操を行い、二の腕、ウエストなどを引き締めている。寝る3時間前にはたべないこと、和食中心の食事などをしている。

・ストレス解消方法は、友達とのおしゃべり、ショッピング。友だちと一緒にいると辛いことも苦しいことも忘れられる。

・出身大学の九州産業大学は、タレント松村邦弘の出身大学でもある。松村邦弘も蛯原のファンと公言している。

■来歴
・大学でスペースデザインを専攻し、卒業研究は老人福祉施設のデザインを同級生と共同で発表した。

・大学時代に福岡のあるデパートのセール用のチラシのファッションモデルのアルバイトを機に本格的にモデル業に目覚め、オーディションなどに参加。

・2002年4月に上京。「CanCam」2002年10月号より専属モデルデビュー。

・ゼスプリゴールドキウイCMオーディションでグランプリ受賞。坂口憲二とキウイを取り合う女子役で注目を集める。

・ファッション誌「CanCam」の専属モデルとして6年間活動。エビちゃんが登場するファッションページは多くの女性たちを魅了。エビちゃん流の「愛されコーディネート」は女子大生・OLを中心に一大ブームを巻き起こした。

・「AERA」2006年4月10日号では、他のOLと同じ「ハズレ」のない無難な格好で、会社の先輩受けも上司受けも男受けも良く、友達の中で悪目立ちしないファッションとして、エビちゃんOLファッションが好まれていると分析されている。「エビちゃんOL」は、山田優を象徴としたキレイ系コーディネート「優OL」と好んで比較対照される。2008年12月号をもって同誌を卒業。

・2009年1月号より「AneCan」専属モデルスタート。 Anecanでの初ロケは、イタリアのローマとミラノでの撮影だった。

・「エビちゃんカレンダー」は2006年の登場以来、女性カレンダー部門で売上げ4年連続1位を記録。2010年版からは「蛯原友里BOX」というタイトルになり、初版限定特別付録として「エビちゃんmonthlyカレンダー 2010」が付くというスタイルになった。(これを含めると5年連続1位を記録した。)

・マクドナルドのえびフィレオのCMに出演していた当時、この商品は2005年10月末からの1ヶ月間限定の商品だったが、「エビちゃん効果」のおかげか4週間で1,000万食を売り上げる大ヒット商品となり、ついには2006年1月にレギュラー商品となった。2007年3月には1億食を突破した。

・2006年4月スタートのドラマ「ブスの瞳に恋してる」では、稲垣吾郎扮する主人公の構成作家の恋人役(彼女とは一文字違いの名前の人気モデル役・蛯原友美)を演じる。彼女曰く「本人役でもよかったかもしれない。」とのこと。

・彼女が身につけている服や雑貨、出演しているCMの商品がよく売れているために「エビ売れ」という言葉が生まれている。

・初めてマスコミ関係で「エビちゃん」という愛称で呼んだのは、毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」総合司会の角淳一で、本家とされているCanCamよりも2ヶ月早い。(最初の表記方法は平仮名で「えびちゃん」であった。)このことは、蛯原本人が同番組2006年6月27日放送分でのインタビューで承認している。

・CanCam2007年1月号の撮影で人生初めてのサーフィンに挑戦し、抜群のバランス感覚を披露した。

・新人の頃から出演している「ゼスプリゴールドキウイ」のCMと「特命係長・只野仁」は現在も深く関わっており、後者は2008年冬に劇場版が公開されたが、彼女も出演している。

・2009年5月、RIP SLYMEのメンバー・ILMARIとの交際が明らかになった。6月16日、ブランドショップ「サマンサタバサDELUXE表参道GATES店」にスペシャル店長として来場した際に、交際を認めている。

・2010年5月9日、同日にILMARIと結婚した旨をマスコミ向けFAXにて公表。

・2009年10月7日より「AneCan」オフィシャルサイト「AneCan.TV」にて「YURISM online」がスタート。このサイトが事実上オフィシャルブログの代わりとなるもので、本人コメントや活動情報を発信している。

出演
■雑誌
・CanCam(小学館 2008年12月号で卒業)
・AneCan(小学館 2009年1月号より専属モデル)
・週刊朝日・2006年5月5-12日合併増大号・表紙
・ザテレビジョン(月刊)
 その他、多数の通販雑誌でモデルを務める。

■TV
ドラマ
・特命係長・只野仁(2003年~、テレビ朝日系列)(山吹一恵役)
・サラリーマン金太郎4(2004年、TBS系列)(相川雅美役)
・スローダンス(2005年、フジテレビ系列)(園田雪絵役)
・資生堂スペシャル「Tokyo美人物語~本当のキレイを探す旅~」(2005年、日本テレビ)
・MAQuillAGEドラマスペシャル「ウーマンズ・アイランド~彼女たちの選択~」(2006年、日本テレビ)
・ブスの瞳に恋してる(2006年、フジテレビ系列)(蛯原友美役)
・鬼嫁日記 いい湯だな(2007年4月~、フジテレビ系列)

バラエティ番組
・恋するハニカミ!(長谷部瞳とともに2代目アシスタント。2004年4月2日~12月17日)
・プレミアの巣窟(フジテレビ系 2004年4月~9月)
・愛のエプロン(中エプ-下エプ)
・有名人が集まる結婚相談所(日本テレビ 2009年7月21日)
・王様のブランチ(TBS 2009年8月8日)
・真夏の嵐ちゃん!!嵐vs15人の美女SP(TBS 2009年8月21日)
・ズームイン!!SUPER(日本テレビ 2009年8月21日)
・5LDK(TBS 2009年11月26日)
・スペシャルギフト(2009年12月10日)

■映画
・特命係長 只野仁 最後の劇場版(2008年12月公開、松竹)

■その他のテレビ番組
・F1グランプリ(フジテレビ、サポーターズとして)
・新春SP!押切もえ&エビちゃん…恋と友情二人旅!(2007年1月)

■CM
・花王 - 「リーゼ つるんとパサパサ直しワックス」
・小学館 - 「CanCam」(年度により異なるが一般に山田優、押切もえを筆頭とする専属モデルらと共演)
・ゼスプリ - 「ゴールドキウイ」(2005年度を除く)
・アビバ(RAG FAIRと共演)
・資生堂 - 「マキアージュ」「アネッサ」
・マクドナルド - 「えびフィレオ」「焙煎ごま えびフィレオ」「きのこクリーム えびフィレオ」「マックラップ 黒酢チキン」
・JT - 「飲茶楼」(金子絵里と共演)
・ネクソンジャパン - 「アイピ」
・ゼイヴェル - 「fashionwalker.com」、「girlswalker.com」
・富士フイルム - 「FinePix」
・明治製菓 - 「フランエクストラ(極みの森いちご)」(相沢紗世と共演)、「KAON - 果音 -」
・セガ - 「ぷよぷよ!」
・大和証券 - 「個人向け国債」
・富士重工業 - 「スバル・レガシィ」、「スバル・インプレッサ」、「スバル・ステラ」(スバル創立50周年記念モデル)、「スバルDEX」(DEXデビュー編)
・H.I.S(2007年 押切もえと共演)
・福助 - 「f・ing BIZWALK」(2009年)
・三井製糖(2009年)
・ワーナーホームビデオ - 「ゴシップガール」イメージキャラクター(2009年)

作品
■書籍(すべて小学館)
・「CanCam 増刊 エビちゃんシアタースペシャル版 2006年 06月号」
DOUBLE FANTASY-写真とセリフで彩られた雑誌史上初のPHOTOラブストーリー、開演/蛯原友里主演 感動の物語全13話収録-今、ここでしか見ることのできない“エビちゃん”の笑顔、涙・・・すべての表情がこの中にある!!/ここだけの特別袋とじ 本編とは異なる最終回 もうひとつのエンディング。(amazon商品説明より)

・「エビちゃん (蛯原友里) 2006年カレンダー」
・「エビちゃん (蛯原友里) 2007年カレンダー」
・「エビちゃん (蛯原友里) 2008年カレンダー」
・「エビちゃん (蛯原友里) 2009年カレンダー」
・「AneCan×ebichan 1st Anniversary 蛯原友里BOX」 初版限定特別付録:エビちゃんmonthlyカレンダー 2010

■デザインプロデュース
Samantha Thavasa Deluxe by Ebihara Yuri (2004年~WWCITY)
・ウェディングドレス「ア・リリアーレ」(2006年ベストブライダル)
・[fing「モテスト」|http://fukuske-webshop.com/fukuske/9.3/44541/}(2007年~福助)
王様のブランチコラボバッグ(2007年)

■DVD
押切もえ&エビちゃん 最初で最後の恋と友情二人旅!

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 Text is available under GNU Free Documentation License.
蛯原友里を「ウィキペディア」で参照する