リース・ウィザースプーン りーすうぃざーすぷーん

「リース・ウィザースプーン」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「リース・ウィザースプーン」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「リース・ウィザースプーン」に関連するモデルプレス記事

リース・ウィザースプーンのSNSリンク

リース・ウィザースプーンのプロフィール

本名:Laura Jean Reese Witherspoon
生年月日:1976年3月22日
出生地:アメリカ合衆国・ルイジアナ州ニューオーリンズ
民族:スコットランド系アメリカ人
職業:女優・プロデューサー
活動期間:1990年 - 現在
配偶者:ライアン・フィリップ (1999年 - 2006年)
    ジム・トス(2011年 - 現在)

リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon, 1976年3月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優、映画プロデューサー。 
リーズ・ウィザースプーンと表記されることもあるが、リースが最も近い発音。
アメリカ独立宣言署名者ジョン・ウィザースプーンの子孫である。

◆生い立ち◆

本名はローラ・ジーン・リース・ウィザースプーン(Laura Jeanne Reese Witherspoon)。ミドルネームのリースはオランダ系の母親の旧姓。
ルイジアナ州ニューオリンズにて、外科医の父親と看護学の博士号を持つ母親の間に生まれる。兄がいる。
ウィザースプーン家はアメリカ独立宣言書にサインをした名家でもある。
幼少の頃にドイツ・ヴィースバーデンで過ごし、テネシー州ナッシュビルに移住。

◆キャリア◆

子供のころからコマーシャルなどに出演していた。1991年に『マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人』で映画デビューしたがその後数年間は作品に恵まれなかった。
この頃、スタンフォード大学に入学したが1年で退学している。
1999年の『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』で全米批評家協会賞主演女優賞を受賞し注目を集める。
2001年の『キューティ・ブロンド』が大ヒットし、一躍トップ・スターの座をつかんだ。続編も製作され、「ラブコメの女王」と評されるようになる。
2005年公開の『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』で第78回アカデミー賞主演女優賞を受賞。名実共にハリウッドのトップスターになる。
また、 2005年と2007年の最もギャラの高い女優となる。
女優業だけでなくType A Filmsという制作会社を経営して、製作・プロデュースも行っている。
また、アメリカの化粧ブランドエイボンのグローバル・アンバサダーや、国連女性開発基金(UNIFEM)の親善大使を務めている。

◆私生活◆

1999年6月5日にライアン・フィリップと結婚。同年9月に女児を、2003年10月には男児を出産。
2006年11月に離婚申請を出し、2007年10月5日に正式に離婚した[1]。
同年から『Rendition』で共演したジェイク・ジレンホールと交際[2]、2009年11月に破局[3]。
2011年3月26日にタレントエージェンシーCAAに勤務するジム・トスと再婚。2012年9月27日に男児を出産。
2013年4月19日に夫であるジム・トスが飲酒運転により逮捕されると、彼女も警官の命令に従わなかったとして逮捕されてしまった。
ヴェジタリアンである。『キューティブロンド』の影響からか、ブロンドのイメージがするが、本来の髪の毛の色はブルネットである。

◆主な出演作品◆

1991
・マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人(The Man In The Moon)ダニー・トラント役
・ワイルドフラワー(Wildflower)エリー・パーキンス役

1993
・ラスト・ウィンド/少年たちは砂漠を越えた(A Far Off Place)ナニー・パーカー役
・みんな愛してる(Jack The Bear)カレン・モリス役

1994
・S.F.W.(S.F.W.)ウェンディ・プフィスター役

1996
・連鎖犯罪/逃げられない女(Freeway)ヴァネッサ役
・悪魔の恋人(Fear)ニコール・ウォーカー役

1998
・トワイライト 葬られた過去(Twilight) メル・エイムズ役
・恋のから騒ぎ(Overnight Delivery)イヴィー・ミラー役
・カラー・オブ・ハート(Pleasantville) ジェニファー/メアリー・スー役

1999
・クルーエル・インテンションズ(Cruel Intentions)アネット・ハーグローヴ役
・ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(Election)トレイシー・フリック役 ※ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
・完全犯罪(Best Laid Plans)リサ役

2000
・リトル★ニッキー(Little Nicky)ホリー役 ※カメオ出演
・アメリカン・サイコ(American Psycho) エブリン・ウィリアムズ役

2001
・白鳥ルイの夢みるトランペット(The Trumpet of The Swan)セレナ役 ※声の出演
・キューティ・ブロンド(Legally Blonde)エル・ウッズ役 ※ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート

2002
・アーネスト式プロポーズ(The Importance of Being Earnest)セシリー・カーデュー役
・メラニーは行く!(Sweet Home Alabama) メラニー・カーマイケル役

2003
・キューティ・ブロンド/ハッピーMAX(Legally Blonde 2: Red, White & Blonde)エル・ウッズ役 兼製作総指揮

2004
・悪女(Vanity Fair) ベッキー・シャープ役

2005
・恋人はゴースト(Just Like Heaven) エリザベス役
・ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(Walk The Line) ジューン・カーター役 
 ※アカデミー主演女優賞受賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞、英国アカデミー賞 主演女優賞受賞

2007
・レンディション(Rendition)イザベラ・エル=イブラヒミ役

2008
・ペネロピ(Penelope)アニー役 兼製作
・フォー・クリスマス(Four Christmases)ケイト役 兼製作

2009
・モンスターVSエイリアン(Monsters vs. Aliens) スーザン・マーフィー/ジャイノミカ役 ※声の出演

2011
・幸せの始まりは(How Do You Know)リサ役
・恋人たちのパレード(Water for Elephants)マーリーナ役

2012
・Black & White/ブラック & ホワイト(This Means War)ローレン・スコット役
・MUD -マッド-(Mud) ジュニパー役

2013
・ザ・デビルズ・ノット(Devil's Knot) パメラ・ホブス役

◆主な受賞◆

アカデミー賞
・2005年度 主演女優賞 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

ゴールデングローブ賞
・2005年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

英国アカデミー賞
・2005年度 主演女優賞 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

全米映画批評家協会賞
・1999年度 主演女優賞 『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』
・2005年度 主演女優賞 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

ニューヨーク批評家協会賞
・2005年度 主演女優賞 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

放送映画批評家協会賞
・2005年度 主演女優賞 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

MTVムービー・アワード
・2002年度 コメディ演技賞 『キューティ・ブロンド』

参照
^ “It's Official: Reese Witherspoon Files For Divorce”. Fox News Channel (2007年10月10日). 2007年11月10日閲覧。
^ “Reese Witherspoon On Kids, Jake, And Working With Vince Vaughn”. Huffington Post (2008年10月14日). 2008年11月19日閲覧。
^ リース・ウィザースプーン、やっぱり破局していた!

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
リース・ウィザースプーンを「ウィキペディア」で参照する

リース・ウィザースプーンの関連動画

YouTubeのキーワード検索にて取得していますので、関係のない動画が表示されることがあります。