2PM つーぴーえむ

「2PM」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「2PM」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「2PM」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

2PMのプロフィール

2PM(ツーピーエム、トゥーピーエム)は、韓国の男性アイドルグループ。JYPエンターテインメント(以下JYPE)に所属。
従来のアイドルのイメージとは違い、男臭く野性的なイメージを売りにしていることから、「猛獣アイドル、野獣アイドル」といわれている[1]。
公式のグループカラーは「パールブラック」。

◆来歴◆

・ニックンを除いたメンバーの全員が、所属事務所であるJYPEにオーディションで練習生として入っている。
 その後、Mnetの新人育成テレビ番組「熱血男児」で、JYPE練習生の新グループ結成までの過酷なトレーニングなどが放送され注目された。
「熱血男児」の初期メンバーは13人で、投票により3人は脱落し、合格者はそれぞれ歌唱力中心の2AMとダンスパフォーマンス中心の2PMに分かれてチームが結成された。
・グループ名である2PMは、「1日の中で最も活動的な午後2時に聞きたい音楽」をコンセプトにしていることから名付けられた。
「熱血男児」放映の約5ヶ月後の2008年下半期夏より活動開始。デビューにあたり、プロデューサーであるパク・ジニョンは「彼らは私の自尊心」といい、
以前人気を博したアイドルグループgod以後10年ぶりにお目見えするJYPEのボーイズグループとして話題になった。
・デビュー時のメンバーは7人だったが、2009年9月、リーダーであるパク・ジェボムが練習生時代に書いた、韓国を卑下したとする文章が明らかになり、脱退を表明[2]。
2010年2月26日、正式にJYPEから解雇となり、6人となった。
2010年9月22日、日本デビューを発表。2010年11月24日に、PV集+2PMヒストリー映像を収録したDVD『Hottest 〜 2PM 1st MUSIC VIDEO COLLECTION & The History』を発売。
そのDVDの初回生産限定盤のみに参加券が封入される購入者限定イベント「2PMプラチナショーケースLIVE “2PM 1st Contact in JAPAN”」を12月8日に両国国技館にて開催すると発表した。
12月8日には韓国を始めアジアで大ヒットした1stALBUM「01:59PM」に"Thank you"をボーナストラックとして収録した日本仕様盤『01:59PM〜JAPAN SPECIAL EDITION〜』も発売された。
2PMは2008年9月4日下半期夏期後半より活動を開始2008年、2009年は韓国で活動し2010年は上半期後半アメリカでも活動をしていた。
2010年暮れより日本での活動を本格化させた。
2011年は日本を中心に活動していた。
2009年下半期後半は、諸問題により一時活動を休止していた時期がある。

◆メンバー◆

・Jun. K
本名:キム・ミンジュン(ハングル表記:김민준 英語表記:Kim MinJun)
生年月日:1988年1月15日(26歳)
血液型:A
身長:180cm 体重:68kg
担当:メインボーカル
メンバーカラー:ピンク
2012年10月16日に活動名を本名からJun. Kに変更することを発表

・ニックン
本名:นิชคุณ หรเวชกุล (Nichkhun Buck Horvejkul)(ハングル表記:닉쿤 英語表記:Nichkhun)
生年月日:1988年6月24日(26歳)
血液型:O型
身長:180cm 体重:64kg
担当:ボーカル、ラップ
メンバーカラー:レッド

・テギョン
本名:オク・テギョン(ハングル表記:옥택연 英語表記:Ok TaecYeon)
生年月日:1988年12月27日(25歳)
血液型:AB
身長:185cm 体重:76kg
担当:ラップ、ボーカル
メンバーカラー:グリーン

・ウヨン
本名:チャン・ウヨン(ハングル表記:장우영 英語表記:Jang WooYoung)
生年月日:1989年4月30日(25歳)
血液型:B
身長:178cm 体重:65kg
担当:リードボーカル
メンバーカラー:イエロー(韓国)ブルー(日本)

・ジュノ
本名:イ・ジュノ(ハングル表記:이준호 英語表記:Lee JunHo)
生年月日:1990年1月25日(24歳)
血液型:A
身長:178cm 体重:67kg
担当:ボーカル
メンバーカラー:ブルー(韓国)イエロー(日本)

・チャンソン
本名:ファン・チャンソン(ハングル表記:황찬성 英語表記:Hwang ChanSung)
生年月日:1990年2月11日(24歳)
血液型:B
身長:184cm 体重:75kg
担当:ボーカル、ラップ
メンバーカラー:パープル(韓国)ブラック(日本)(ペンライトなどの代替色はバイオレットが使われる)

【旧メンバー】

・ジェボム
本名:パク・ジェボム(ハングル表記:박재범, 英語表記:Park JaeBeom)
生年月日:1987年4月25日(27歳) 血液型:A
身長:170cm 体重:60kg
特技:しらけギャグ
趣味:バスケットボール、音楽鑑賞、服の色を合わせる

・ジェボムの脱退
2009年9月5日、リーダーのパク・ジェボムがJYPE練習生時代に、アメリカのウェブサイトマイスペースに韓国と韓国人に対する卑下文を残したという点が明らかになり論議になった。
ジェボムはこの日午後12時3分、2PMのファンカフェに論議が事実であることを認める文と謝罪文を掲載[3]。
約2時間後の14時56分にはJYPE側で追加謝罪文を掲載した。しかし彼への批判は収まらず、
9月8日12時頃2PMから脱退するとファンカフェを通じて明らかにし、同日18時30分のシアトル行飛行機に乗ってアメリカに帰国した。
問題の文章はジェボムが一人でアメリカから韓国に来て、朝鮮語も話せず、文化になじめなかった時期に書かれたものであり、
彼を擁護し復帰を望むファンは多く、一部ファンの間ではジェボムが復帰するまで2PMのCDなど関連商品を一切買わない、支持しないというボイコット運動も行われていた[4]。
しかし、2010年2月26日、JYPEよりジェボムの解雇が正式に通達された。理由は「私生活の問題」とされており、
韓国卑下文とは別であるが、詳しくは明らかにされていない[5]。
はっきりしない解雇理由にジェボムの復帰を望んでいたファンは激怒し、JYPEに対する非難の声も上がった。
翌27日、ファン代表87人と2PMのメンバー6人がJYPEチョンウク代表を交え、ソウル文井洞ガーデンファイブで4時間にわたって懇談会を行い、ファンの意見・質問を聞き理解を求めた[6]。
しかし、一部ファンの怒りは収まらず、ジェボム解雇を受け入れた6人に怒りの矛先が向かう事態に発展し、メンバーの住民番号やプライベート写真を流失させるなど暴露戦にまでなった[7] 。

◆ディスコグラフィー(日本)◆

【DVD】

2010年11月24日 Hottest 〜 2PM 1st MUSIC VIDEO COLLECTION & The History
2011年4月6日 2PM 1st Concert in SEOUL "DON'T STOP CAN'T STOP"
2011年11月2日 1st JAPAN TOUR 2011 “Take off” in MAKUHARI MESSE
2012年6月6日 ARENA TOUR 2011 “REPUBLIC OF 2PM”
2012年12月26日 2PM LIVE 2012 “Six Beautiful Days” in 武道館
2013年3月27日 NHKテレビでハングル講座 2PMのワンポイントハングル Vol.1 & Vol.2
2013年12月11日 LEGEND OF 2PM in TOKYO DOME
2014年6月4日 NHKテレビでハングル講座 2PMのワンポイントハングル Vol.3

【フルアルバム】

2010年12月8日 01:59PM〜JAPAN SPECIAL EDITION〜
2011年8月17日 2PM 2ND ALBUM HANDS UP
2011年11月30日 REPUBLIC OF 2PM
2012年3月14日 2PM BEST 〜2008-2011 in Korea〜
2013年2月13日 LEGEND OF 2PM
2014年1月29日 GENESIS OF 2PM

【シングル】

・2011年
1st Take off 5月18日 MBS・TBS系TVアニメ「青の祓魔師」エンディング・テーマ
2nd I'm your man 8月17日
3rd Ultra Lover 11月2日

・2012年
4th Beautiful 6月6日 SEMPIO (センピョ) 韓国黒酢 フッチョ CMソング
5th マスカレード 〜Masquerade〜 11月14日 日本テレビ系「ハッピーMusic」11月オープニングテーマ

・2013年
6th GIVE ME LOVE 5月29日 TBS系金曜ドラマ「TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜」主題歌
7th Winter Games 10月16日

【コラボ作品】

「One day」 2PM+2AM 'Oneday' (2012年7月4日 シングル) - 映画「Beyond the ONEDAY 〜Story of 2PM & 2AM〜」(日本公開作品)の主題歌。
 初回生産限定盤、通常盤に加え各メンバー10名によるソロジャケットの12仕様で発売された。カップリングはJun. K作曲の「No Goodbyes」。
「Beyond the ONEDAY ~Story of 2PM & 2AM~」 (2012年12月21日 映画DVD)
「2PM&2AM Wander Trip Vol.1」「2PM&2AM Wander Trip Vol.2」 (2013年2月27日 DVD)
「2PM&2AM Wander Trip Vol.3」「2PM&2AM Wander Trip Vol.4」 (2013年5月1日 DVD)
「2PM&2AM Wander Trip Vol.5」「2PM&2AM Wander Trip Vol.6」 (2013年6月26日 DVD)

◆ディスコグラフィー(韓国)◆

【ミニアルバム】

2008年8月29日 Hottest Time Of The Day
2009年4月16日 2:00PM Time For Change
2010年4月19日 Don't Stop Can't Stop
2010年10月3日 STILL 2:00PM

【フルアルバム】

1集アルバム 01:59PM(2009年11月10日)
2集アルバム HANDS UP(2011年6月20日)
ベストアルバム 2PM Member's Selection(限定盤)(2012年5月22日)
3集アルバム GROWN(2013年5月14日)

【デジタルシングル・他】

2008年12月10日 Only You (Winter Special) [8]
2009年12月3日 My Color
2010年1月12日 Tik Tok
2010年2月4日 Crazy4S
2010年2月22日 Follow Your Soul
2010年2月26日 Open Happiness
2010年5月20日 Cabi Song
2010年5月20日 What's Your Celebration?
2010年8月17日 Thank You
2010年9月9日 Nori for U
2010年8月23日 Fly To Seoul "Boom Boom Boom"
2010年9月3日 Crazy4S 〜fall ver〜

◆コンサート◆

・2PM プラチナショーケース LIVE 2PM 1st Contact in JAPAN
2010年12月8日:両国国技館

・2PM 1st JAPAN TOUR 2011 "TAKE OFF"
2011年5月6日:zepp Sapporo
2011年5月8日:zepp Fukuoka
2011年5月9日:zepp Osaka
2011年5月10日:zepp Nagoya
2011年5月12日:幕張メッセ
2011年5月13日:zepp Tokyo

・JYP NATION IN JAPAN 2011
2011年8月17・18日:さいたまスーパーアリーナ

・2PM ARENA TOUR 2011 "REPUBLIC OF 2PM"
2011年12月3日:三重県営サンアリーナ
2011年12月5日、6日:大阪城ホール
2011年12月8日:日本ガイシホール
2011年12月14日:さいたまスーパーアリーナ
2011年12月17日、18日:マリンメッセ福岡
2011年12月20日、21日:日本武道館

・2PM LIVE 2012 "Six Beautiful Days"
東京
2012年5月24日、25日、28日〜31日:日本武道館
横浜アリーナ2DAYS -追加公演-
2012年6月5日、6日:横浜アリーナ

・JYP NATION in Japan 2012
2012年8月18日、19日:国立代々木競技場第一体育館

・2PM ARENA TOUR 2013 "LEGEND OF 2PM"
2013年1月11日、12日:マリンメッセ福岡
2013年1月24日、25日:日本ガイシホール
2013年1月28日、29日、30日:大阪城ホール
2013年2月13日、14日:日本武道館
2013年2月19日、20日:国立代々木競技場第一体育館
2013年2月23日、24日:札幌きたえーる

・LEGEND OF 2PM in TOKYO DOME
2013年4月20日、21日:東京ドーム

・2PM Xmas LIVE 2013 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN
2013年11月23、24日:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設ステージ

・2PM ARENA TOUR 2014 "GENESIS OF 2PM"
2014年1月27日、28日:日本ガイシホール
2014年1月31日、2月1日、2日:横浜アリーナ
2014年2月22日、23日:マリンメッセ福岡
2014年3月4日、5日、6日:大阪城ホール
2014年3月17日、18日:国立代々木競技場第一体育館
2014年3月25日、26日:国立代々木競技場第一体育館(TOUR FINAL)

◆イベント◆

・2PM Hottest Japan 1st Fan Club Event “YaZoo”
2013年9月7日、8日:国立代々木競技場第一体育館

◆主な出演◆

【テレビ番組(韓国)】

・熱血男児(Mnet、2008年)
・아이돌 군단의 떴다! 그녀(アイドル軍団の浮かんだ!彼女) シーズン3(MBCEvery1、2008年)
・ワイルドバニー(Mnet、2009年)
・対東京少女(Mnet、2009年5月 - 6月)モーニング娘。率いるハロー!プロジェクトの第2回海外オーディションの司会。
・2PM 日本進出するその日(MBC、2011)
・2PM SHOW(SBSプラス、2011年7月 - 9月)視聴者からのミッションに挑戦し、毎週メンバーの間で順位を決めるバラエティーレギュラー番組。

【テレビ番組(日本)】

・MUSIC JAPAN(NHK総合、2010年12月19日)初出演
・HEY!HEY!HEY!(フジテレビ、2011年4月25日)初出演
・BOSS 2ndシーズン 第6話(フジテレビ、2011年5月26日)本人役
・ピカルの定理(フジテレビ、2011年6月11日)出演
・レコ☆Hits!(日本テレビ、2011年8月24日)出演
・ミュージックステーション(テレビ朝日、2011年8月26日)初出演
・月刊MelodiX!(テレビ東京、2011年8月27日)出演
・スター☆ドラフト会議(日本テレビ、2011年11月22日)出演
・ズームイン!!サタデー(日本テレビ、2011年12月3日)エンタ特技見せコーナー出演
・ピカルの定理(フジテレビ、2011年12月3日)コント出演
・週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー(日本テレビ、2012年1月28日 - 2月4日)出演
・テレビでハングル講座(NHK Eテレ、2012年4月2日 - 2013年3月18日)日本初レギュラー出演で番組内の「2PMのワンポイントハングル」のコーナーを担当。
・テレビでハングル講座(NHK Eテレ、2013年4月1日 - 2014年3月17日)番組内の「2PMのワンポイントハングル season2」のコーナーを担当。
・レギュラーテレビ番組(日本)[編集]
・2PMのワンポイントハングル(NHK Eテレ、2012年4月5日 - 2013年3月28日)テレビでハングル講座内のレギュラーコーナーに解説を加えた5分のミニ番組。
・2PM&2AM Wander Trip(TOKYO MX、2012年4月3日 - 9月25日)兄弟グループ2AMとの初レギュラー番組。

【映画】

Beyond the ONEDAY 〜Story of 2PM & 2AM〜(2012年6月30日 公開)

◆CM・広告◆

【韓国】

Market O/Real Brownie 菓子 (2009年11月)
Cass Beer ビール (2010年2月)
It's Skin 化粧品 (2010年4月)[9]
サムスン電子 AnyCall CM (2010年)
SPRIS スポーツブランド (2010年)
NEPA アウトドアブランド (2011年 - )
LOOK Optical メガネメーカー (2011年)
ロッテ免税店CM 「So I'm Loving you」 (2011年)
Mr.Pizza (2011年)
Coway 浄水機 (2012年)
CROSSFIRE オンラインゲーム (2013年11月18日) 広告モデルとしてmissAと共にゲーム会社スマイルゲートと契約

【日本】

BNANA REPUBLIC(ファッションブランド)×CLASSY.(女性ファッション誌)コラボキャンペーン (2011年8月)
SEMPIO(センピョ)韓国黒酢 フッチョ (2012年4月)

【その他】

ソウル市海外観光モデル・広報CM 「Fly To Seoul(Boom Boom Boom)」 (2010年8月)
韓国観光名誉広報大使 就任・広報ムービー「アンニョン annyeong」(2011年10月4日)miss Aと共に就任及び共演したインタラクティブムービー

◆受賞歴◆

2008年サイワールド デジタル ミュージック アワード : 今月の新人賞
2008年アジアソングフェスティバル : 新人賞
2009年11月21日 第11回 Mnetアジアン ミュージック アワード (MAMA) : Artist of the Year、Best Male Group[10]
2009年12月10日 ゴールデンディスク本賞[11]
2009年12月16日 第1回 メロン ミュージック アワード Top 10
2010年1月15日 第5回 アジアモデル BBF人気歌手賞
2010年2月3日 第19回 ソウル歌謡祭 : 本賞、人気賞
2010年11月28日 第12回 Mnet Asian Music Awards (MAMA) in MAKAO : 最優秀グループ賞 、ベスト・ダンスパフォーマンス・男性グループ部門
2012年1月27日 第26回 日本ゴールドディスク大賞 : ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(新人賞)アジア部門
2012年6月23日 第11回 MTV Video Music Awards Japan 2012 : 最優秀グループビデオ賞/Best Group Video
2013年6月22日 第12回 MTV Video Music Awards Japan 2013 : 最優秀アルバム賞/Best Album of the Year
2013年12月29日 2013 MBC芸能大賞 : 歌手部門人気賞

脚注[編集]
^ テギョン、あだ名‘獣ドル’は首を掻く癖のせい(2009.9.4、KBSWorld)
^ 【記事】ジェボム、2PM電撃脱退宣言 (2009.9.8、KNTV)
^ 2PMチェボム、韓国卑下文公式謝罪「あまりにも幼かった」 (2009.9.6、innolife.net)
^ <2PM>ファンら「ジェボムのいない彼らを応援することはできない」(2009.9.18 WoW!Korea)
^ 【記事】契約解除のチェボム、一体どんな過ちがあったというのか?(2010.2.26 KNTV)
^ 【記事】2PM「ジェボムの問題は、到底かばってあげられないような問題だった」 (2010.2.28 KNTV)
^ 【記事】暴露戦になった2PMジェボム問題 (2010.3.3 KNTV)
^ 【記事】2PM、シングル『Only you-winter special』をリリース
^ 常勝疾走2PM、化粧品の広告でも「光る容貌」!
^ ‘2009MAMA’大賞-2PM-2NE1-G (2009.11.22 innolife.net)
^ 【写真】2PM、ゴールデンディスク本賞受賞 (2009.12.11 中央日報日本語版)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.


2PMを「ウィキペディア」で参照する