樽美酒研二(ゴールデンボンバー) だるびっしゅけんじごーるでんぼんばー

「樽美酒研二(ゴールデンボンバー)」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「樽美酒研二(ゴールデンボンバー)」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「樽美酒研二(ゴールデンボンバー)」に関連するモデルプレス記事

樽美酒研二(ゴールデンボンバー)のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

樽美酒研二(ゴールデンボンバー)のプロフィール

◆プロフィール◆

【樽美酒研二】

樽美酒 研二(ダルビッシュ ケンジ)。Doramu(暫定)。1980年11月28日生まれ、A型、身長181cm、福岡県うきは市吉井町[23]出身。
2009年4月10日加入。愛称は「ケンジ」「けんじっち」など。

白塗りに歌舞伎役者のようなメイクをしていることが多い。白塗りの理由を「先代のドラマーが白塗りだったから」「恥ずかしくて赤面しやすいから」としており、
「メイクをするとスイッチが入る」と語っている。すっぴんがメンバーで最もイケメンだと言われており、ブログや一部の雑誌、ライブなどではすっぴんを公開している。
ライブで曲を流すためにドラムセットの陰でiPodを操作しており、ライブ中のMCでたびたび呼ばれる「PAさん」の役目もしている。
正式なメンバーとして活動する現在も(暫定)の文字が消えないのは、単に「タイミングを逃したから」とのこと。
ライブで実際にドラムを叩くことはなく完全なエアドラムで、ドラムセットの後ろで踊る際に「邪魔だから」との理由により、スネアドラムがセットから外されている[24]。
ドラムスティックはスポンジ製で、以前は東急ハンズで購入した発泡スチロールを切り分けて使用していたが、現在は円柱状のスポンジ素材を使用[25]。
バンド内のキャラクターでは「ムックー」「ダル隊長」などを担当。
ライブではゴールデンボンバー加入前から活動していた、eversetのコピーバンド「レバーセット」のボーカルとして出演することがある。
その際は普通のヴィジュアル系メイクをしており、「ナルシス研二」と呼ばれる。
ゴールデンボンバー加入前はMissing Tearのローディーをしており、自身も「青春パンク系」のバンド活動をしていた。
(当時作詞作曲し、ボーカル&ギターとして録音したオリジナル楽曲はブログ本2・3の初回限定版特典としてCD化されている。)
また、ゴールデンボンバー加入のきっかけは、Missing Tear(現everset)のメンバーで「ゴールデンボンバーの中の人」としてアレンジやレコーディングの大半を手掛けるtatsuoから勧められたこと。
鬼龍院によると、加入のための面接で「裸になれますか?」との問いに「自信があります」と答えるなど、「飛びぬけてバカだった」ことが採用理由。
幼少時よりプロ野球選手を目指して野球に打ち込む生活をしており、野球推薦で高校に入学する頃までは本気で野球に取り組んでいた(ポジションは4番ショート)。
高校に入ると野球部に所属しながらバンド活動を始め、ボーカル&ギターを担当。本来のギタリストであるはずの喜矢武豊よりギターが上手いというエピソードがある。
ベースも演奏することができ、実際にドラムの演奏もできるらしい。
加入時からほぼ毎日ブログを更新。2012年2月2日にはブログを書籍化した『ベスト オブ オバマブログ』を発売。
同年11月28日の自身の誕生日には5万件を超えるコメントが寄せられ、11月29日付のアメーバブログランキングで初の総合1位を獲得。
2013年1月以降は「ブログ休戦宣言[26]」をするまで連続で月間総合1位を獲得した。
ブログでは裸の写真を掲載することが多く、運営によって写真が削除されるなど規制がかかったことが何度もある。
ブログ本の売上は2013年5月に10万部を突破し[27]、2013年3月には第2弾、2014年2月には第3弾を発売。
その印税により、2013年8月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画でメルセデス・ベンツ ML350を購入している[28]。
2012年7月11日に明治神宮野球場で開催された東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦の始球式に登板。
「樽美酒研二プロ野球入団テスト」と銘打ち、球団(ヤクルト)側から出された「ピッチングで140km/h以上を出す事」という条件に対し、
142km/hを出して見事クリアするものの、投球直後に右腕を痛めて倒れ込み即引退、というパフォーマンスを行った[29]
(但し、実際にはどんな球を投げてもあの表示が出るようにしており、実際は120km/hしか出ていなかったことを後に告白している[30])。
なお、この模様を収めた動画は「Yahoo!映像トピックスアワード2012」の爆笑部門で1位に選ばれた[31]。
2013年3月29日には福岡ドームにて福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の開幕戦始球式を務めた[32]。
単独でのテレビ出演としては、2012年9月にテレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞」の「最強ドラマー決定戦スペシャル」、
11月にフジテレビ系音楽番組「魁!音楽番付」のレポーター役で2回、
Eテレ「ニャンちゅうワールド放送局」のニャンちゅうの子孫(ニャンちゅうの孫の孫の孫の孫の孫の孫の孫)・ニャルビッシュ役で2回(2013年5月からはレギュラー出演)
12月に長年出場を希望していたTBS系「SASUKE RISING」、2013年1月にTBS系「炎の体育会TV」の「アームレスリング対決」などに出演。
2013年4月からは新堂本兄弟にレギュラー出演している。
2013年12月には関西テレビ「関西スポーツ大感謝祭2013~藤浪豪速球トーク&樽美酒vs古田&関西駅伝No.1決定戦SP~」、
2014年1月にはテレビ朝日系「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル」に出演。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

樽美酒研二(ゴールデンボンバー)を「ウィキペディア」で参照する