クロエ・グレース・モレッツ くろえぐれーすもれっつ

「クロエ・グレース・モレッツ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「クロエ・グレース・モレッツ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「クロエ・グレース・モレッツ」に関連するモデルプレス記事


クロエ・グレース・モレッツのSNSリンク

クロエ・グレース・モレッツのプロフィール

クロエ・グレース・モレッツ
生年月日 1997年2月10日(16歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
職業 女優
活動期間 2004年 -
家族 マッコイ・モレッツ(父)
テリ・モレッツ(母)
トレバー・モレッツ(兄)
コリン・モレッツ(兄)

■生い立ち
ジョージア州アトランタでドイツ系の家庭に生まれる。父親のマッコイは形成外科医、母親のテリは看護師である[1][2]。ブランドン、トレバー、コリン、イーサンという4人の兄がいる[2][3]。兄の1人トレバーはクロエの演技指導者であり、両親が忙しい時などは彼がクロエに付き添っている[4]。トレバーはトレバー・デュークの名前で俳優としても活動している。
2001年、兄のトレバーが演技学校に合格したことにより、母と兄と共にジョージアからニューヨークに移った[5]。

■キャリア
5歳の頃からニューヨークでモデルや広告に出演するなど芸能活動を開始。6歳になるとロサンゼルスに引越し、2004年にテレビシリーズ『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』へのゲスト出演で演劇の仕事も開始する。翌2005年公開の『Heart of the Beholder』で映画初出演。同年『悪魔の棲む家』のリメイク作品で初めて大役を務め、2005年度のヤングアーティスト賞を獲得。その後テレビ番組でいくつかのゲスト出演をした。米国版のアニメ作品『プーさんといっしょ』で声優としてもデビューしている。
2010年公開の『キック・アス』で演じた“ヒット・ガール”役で一気に知名度を上げた。このキャラクターは11歳の少女でありながら、父親と共にスーパーヒーローとして登場し、薙刀、バタフライナイフ、銃器、マーシャルアーツなどを使用し、ギャングを叩きのめしていく。放送禁止用語を多用するこの役柄については、(役柄の上で)「あの文脈だと特に意味を持たない言葉で、『おい!』と同じような形で使っているわけでしょ」と語っている。しかし監督と脚本家に「なるべくコミックを忠実に再現したいから、とりあえずワンテイクだけ言ってくれ。そのテイクは使わないだろうから」と説得されたが、結局使われたとも語っている。マーシャルアーツ、ガンアクションなどの過激なアクションシーンの9割を自分自身で演じ、撮影前に7ヶ月の訓練を行った。[6]撮影時は役柄の設定と同じ11歳だった。道徳的非難もありながらこの演技で広く賞賛され、映画評論家ロジャー・イーバートは、4つ星中1つ星の映画としながらも「ヒットガールのキャラクターについて物議はあるだろうが、モレッツは存在感があり魅力的である」と評している[7]。 2012年「最も美しい顔」では4位に耀いた。

出典
“Meet Chloe Moretz, the precocious teen star of ‘Kick-Ass’”. USA weekend. 2010年4月9日閲覧。
a b Itzkoff, Dave (2010年4月8日). “Just a Sweet Young Actress?”. The New York Times 2010年4月8日閲覧。
“Facts”. ChloeMoretz.com. 2010年12月14日閲覧。
Pols, Mary (2010年10月11日). “Young Blood”. Time 2010年10月11日閲覧。
“Rising Star: Chloe Grace Moretz”. Access Hollywood. 2010年9月30日閲覧。
テレビブロス2010年25号p26~p27来日インタビューより引用 KICK-ASS
Chloe Moretz- Punk rock Chloe ( Interview Magazine 2011) - YouTube
“Official Chloe Grace Moretz fansite – Journal”. chloemoretz.com. 2007年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月10日閲覧。
a b “32nd Annual Young Artist Awards – Nominations / Special Awards”. The Young Artist Foundation (2011年). 2011年3月14日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

クロエ・グレース・モレッツを「ウィキペディア」で参照する