クロエ・グレース・モレッツ(くろえぐれーすもれっつ)

誕生日:1997年2月10日

「クロエ・グレース・モレッツ」に関連するモデルプレス記事

  1. Koki,、クロエ・グレース・モレッツらと世界的豪華ショットで美脚披露

    モデルプレス

  2. クロエ・モレッツ、人生初のすっぴん素肌撮影に挑戦 本音を語る

    SK-II PR

  3. 有村架純らが、ありのままのすっぴん素肌を披露!セレブたちの“息を呑むほどの素肌美”続々公開

    SK-II PR

  4. 海外セレブの過去写真が可愛すぎて眼福 ナタリー・ポートマン、エマ・ワトソン、クロエ・グレース・モレッツらの幼少期に反響

    モデルプレス

  5. クロエ・グレース・モレッツ&ベッカム長男・ブルックリン、復縁か

    モデルプレス

  6. エマ・ワトソン、史上最大規模の反トランプ・デモへ アリアナ・グランデ、クロエ・グレース・モレッツ、マドンナらセレブが多数参加 すぐにトランプ氏がTwitterで反応

    モデルプレス

  7. クロエ・グレース・モレッツ&ベッカム長男・ブルックリンのアツアツぶりが止まらない!“密着ハグ”ショットに反響

    モデルプレス

  8. ベッカム長男と交際中のクロエ・グレース・モレッツ、色っぽ生脚を披露

    モデルプレス

  9. ディズニーが実写版『リトル・マーメイド』製作の企画を進行中!

    海外ドラマNAVI

  10. 交際宣言のクロエ・グレース・モレッツ&ベッカム長男・ブルックリン、公の場“初2ショット”でラブラブな様子

    モデルプレス

  11. クロエ・グレース・モレッツ、ベッカム長男・ブルックリンとの交際認める

    モデルプレス

  12. クロエ・グレース・モレッツ、19歳にしてトップ女優へ導いた、ストイック過ぎるプロ意識とは

    モデルプレス

  13. 100人に1人がインスタをフォロー クロエ・グレース・モレッツの美貌に熱視線

    モデルプレス

  14. “丸メガネ”ブームが海外にも浸透 ケイティ、アリアナ、クロエらも愛用中

    モデルプレス

  15. クロエ・グレース・モレッツ、いま話題のあの人について語る

    モデルプレス

  16. 人魚姫を演じるクロエ・グレース・モレッツ、乗馬に真剣

    モデルプレス

  17. 脱ぐとすごい? クロエ・グレース・モレッツのビキニ姿

    モデルプレス

  18. クロエ・グレース・モレッツ、超ショーパンでお出かけ

    モデルプレス

  19. 春アウターどうする?トレンチ、デニム、ミリタリー…ファッショニスタの最新コーデをチェック

    モデルプレス

  20. クロエ・グレース・モレッツ、「ミュウミュウ」ドレスで圧巻の美貌 アカデミー賞レッドカーペット登場 

    モデルプレス

関連する雑誌

クロエ・グレース・モレッツのプロフィール

クロエ・グレース・モレッツ
生年月日 1997年2月10日(16歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
職業 女優
活動期間 2004年 -
家族 マッコイ・モレッツ(父)
テリ・モレッツ(母)
トレバー・モレッツ(兄)
コリン・モレッツ(兄)

■生い立ち
ジョージア州アトランタでドイツ系の家庭に生まれる。父親のマッコイは形成外科医、母親のテリは看護師である[1][2]。ブランドン、トレバー、コリン、イーサンという4人の兄がいる[2][3]。兄の1人トレバーはクロエの演技指導者であり、両親が忙しい時などは彼がクロエに付き添っている[4]。トレバーはトレバー・デュークの名前で俳優としても活動している。
2001年、兄のトレバーが演技学校に合格したことにより、母と兄と共にジョージアからニューヨークに移った[5]。

■キャリア
5歳の頃からニューヨークでモデルや広告に出演するなど芸能活動を開始。6歳になるとロサンゼルスに引越し、2004年にテレビシリーズ『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』へのゲスト出演で演劇の仕事も開始する。翌2005年公開の『Heart of the Beholder』で映画初出演。同年『悪魔の棲む家』のリメイク作品で初めて大役を務め、2005年度のヤングアーティスト賞を獲得。その後テレビ番組でいくつかのゲスト出演をした。米国版のアニメ作品『プーさんといっしょ』で声優としてもデビューしている。
2010年公開の『キック・アス』で演じた“ヒット・ガール”役で一気に知名度を上げた。このキャラクターは11歳の少女でありながら、父親と共にスーパーヒーローとして登場し、薙刀、バタフライナイフ、銃器、マーシャルアーツなどを使用し、ギャングを叩きのめしていく。放送禁止用語を多用するこの役柄については、(役柄の上で)「あの文脈だと特に意味を持たない言葉で、『おい!』と同じような形で使っているわけでしょ」と語っている。しかし監督と脚本家に「なるべくコミックを忠実に再現したいから、とりあえずワンテイクだけ言ってくれ。そのテイクは使わないだろうから」と説得されたが、結局使われたとも語っている。マーシャルアーツ、ガンアクションなどの過激なアクションシーンの9割を自分自身で演じ、撮影前に7ヶ月の訓練を行った。[6]撮影時は役柄の設定と同じ11歳だった。道徳的非難もありながらこの演技で広く賞賛され、映画評論家ロジャー・イーバートは、4つ星中1つ星の映画としながらも「ヒットガールのキャラクターについて物議はあるだろうが、モレッツは存在感があり魅力的である」と評している[7]。 2012年「最も美しい顔」では4位に耀いた。

出典
“Meet Chloe Moretz, the precocious teen star of ‘Kick-Ass’”. USA weekend. 2010年4月9日閲覧。
a b Itzkoff, Dave (2010年4月8日). “Just a Sweet Young Actress?”. The New York Times 2010年4月8日閲覧。
“Facts”. ChloeMoretz.com. 2010年12月14日閲覧。
Pols, Mary (2010年10月11日). “Young Blood”. Time 2010年10月11日閲覧。
“Rising Star: Chloe Grace Moretz”. Access Hollywood. 2010年9月30日閲覧。
テレビブロス2010年25号p26~p27来日インタビューより引用 KICK-ASS
Chloe Moretz- Punk rock Chloe ( Interview Magazine 2011) - YouTube
“Official Chloe Grace Moretz fansite – Journal”. chloemoretz.com. 2007年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月10日閲覧。
a b “32nd Annual Young Artist Awards – Nominations / Special Awards”. The Young Artist Foundation (2011年). 2011年3月14日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

クロエ・グレース・モレッツを「ウィキペディア」で参照する