(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

コン・ユ&パク・ボゴムの”逃避行”に反響続々 運命に抗う2人に「尊い」「心が疼きっぱなし」<『SEOBOK/ソボク』>

2021.07.09 10:30

俳優コン・ユとパク・ボゴムが共演し、韓国で初登場1位(※)を記録したSF映画『SEOBOK/ソボク』が7月16日から公開。余命僅かなエージェント×死なないクローンの絆が描かれた物語は、日本でも公開前から「尊い」「心が疼きっぱなし」と話題騒然!作品の見どころをご紹介。

韓国No.1ヒット!『SEOBOK/ソボク』が日本上陸

韓国映画史上初という、クローン人間を題材にしたSFエンターテインメントが、アジアで絶大な存在感を誇るコン・ユとパク・ボゴムの共演で実現。豪華なキャスティングも注目を集め、韓国では2021年最大の話題作と呼び声高い『SEOBOK/ソボク』が、いよいよ日本でも公開される。

物語は、余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン(コン・ユ)が、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローンであるソボク(パク・ボゴム)と出会うことから始まる。極秘に移動させるという、生涯最後の任務を引き受けたものの、2人を狙うさまざまな勢力に追われ、予期せぬ状況に巻き込まれることに―。

コン・ユ×パク・ボゴムが共演!2人の“ブロマンス”に注目

(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
41歳となった今も人気は衰え知らずのコン・ユと、愛されオーラ抜群で“国民的彼氏”と称されるパク・ボゴム。『SEOBOK/ソボク』はイケメン俳優2人による、何とも贅沢な“ブロマンス”が話題に。

ブロマンスとは「Brother(ブラザー)」と「Romance(ロマンス)」を掛け合わせた造語で、男同士のかけがえのない友情やプラトニックな深い絆を意味し、女性をキュンとさせる要素の1つ。

永遠という時間の中に閉じ込められたまま実験室の中だけで生きてきたソボクは、ギホンと一緒に生まれて初めて本当の世界に向き合うことに。目にするものすべてが珍しいソボクと、生涯最後の任務を早く終えたいギホン。真逆な2人は行く先々で衝突しながらも、少しずつお互いを知り変化していき―。

(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
逃避行を続ける一方で、純真無垢なソボクはあどけない表情で甘えたり、困らせたりと、スクリーンからも“愛されオーラ”がダダ漏れ。ギホンは任務の一環として同行していたものの、手がかかるソボクに呆れながらも面倒をみることになる。2人のほっこりと仲睦まじい兄弟のような関係性を随所で見ることができ、緊迫感のある物語の中で心の拠り所となっている。

予告編や試写で実際に映像を観たファンからは「こんな無垢な表情が出来る俳優、他にいる?」「どれもこれも、まさにツボ」「2人が尊い」と、悶絶する人が続出!

永遠の命を持つソボクと、余命わずかなギホン。対照的な二人が足りないものを埋めるように、心を通わせていく姿は必見。

生と死という哲学的な題材がより一層ブロマンスを引き立たせており、イケメン2人の相思相愛っぷりに、ファンならずとも心を掴まれてしまうはず。

(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
ソボクと逃避行することになるエージェントを演じたコン・ユは、ドラマ「コーヒープリンス1号店」(2007)、ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016~2017)、映画「82年生まれ、キム・ジヨン」(2019)と、出演作が次々にヒット。

今作では、過去のトラウマに苦しみ、目前に迫った死に怯えるギホンの鋭敏なイメージを表現するために減量し、シャープになった姿を披露。元情報局エージェントとして完璧にアクションをこなし、ソボクと出会って変化する内⾯も繊細に描き出している。

パク・ボゴムは、ドラマ「雲が描いた月明り」(2016)、ドラマ「青春の記録」(2020)と、俳優としてのキャリアを着実に積み上げてきた。今作では生まれて初めて実験室の外の世界と出会い、好奇心からギホンを振り回していく天真爛漫なキャラクターを好演。

自身を狙う勢力には鋭い眼光を放ち、これまで⾒たことのない強烈な姿を披露した。

(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
(c)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED
「ブロマンスもさることながら、命の意味や生きることの意味を考えさせられました」
「アクションも展開も壮絶なのに、始まりも終わりも穏やかで美しくて、なんとも言えない余韻」
「叙情性の高さに惹かれ、終盤は心が疼きっぱなしでした」

コン・ユとパク・ボゴムの魅力がたっぷり詰まった“ブロマンス”に、叙情的な美しい映像と手に汗握るアクション。韓国映画の底力を体感してみては。(modelpress編集部)[PR]提供元:クロックワークス

※2021年4月16日~4月18日まで16万3498人の観客を動員し、韓国映画で最高の初週記録(韓国映画振興委員会の統合ネットワークより)

SFエンターテインメント超大作『SEOBOK/ソボク』

人類に永遠の命をもたらすクローン・ソボク。

彼を奪い合う争いの中、唯一、人として接し守り続ける男がいた―
互いのために宿命に抗う2人の運命とは―

“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗い、行き着くクライマックスに涙が⽌まらない。

関連リンク

関連記事

  1. 女子旅プレス
  2. folk
  3. fashion trend news
  4. michill (ミチル)
  5. HAIR
  6. HAIR

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. ABEMA TIMES
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. モデルプレス
  8. ABEMA TIMES