柳俊太郎(C)「けむたい姉とずるい妹」製作委員会

柳俊太郎「色気がすごい」と話題の役作りは監督と二人三脚 栗山千明&馬場ふみかから受けた刺激<「けむたい姉とずるい妹」インタビュー>

2023.11.13 20:00

柳俊太郎(やなぎ・しゅんたろう/32 ※「柳」は正式には旧漢字)にモデルプレスがインタビュー。現在出演中のドラマプレミア23『けむたい姉とずるい妹』(テレビ東京系/毎週月曜よる11時6分~)で演じる役の難しさや撮影エピソード、夢を叶える秘訣などについて語ってもらった。

柳俊太郎「けむたい姉とずるい妹」出演

柳俊太郎(C)「けむたい姉とずるい妹」製作委員会
柳俊太郎(C)「けむたい姉とずるい妹」製作委員会
原作は、「Kiss」(講談社)で連載し人気を博したばったんによる同名作品。母の死をきっかけに同居をスタートさせた険悪な姉妹が1人の男を巡り繰り広げる壮絶な姉妹バトルを連続ドラマ化した。

主演の栗山千明が異父姉妹の姉・東郷じゅん、馬場ふみかがその妹・三島らん、柳はらんの夫であり、じゅんの元カレで姉妹を狂わす三島律を演じる。

柳俊太郎、苦戦した役作り「リアクションし過ぎてしまう」

柳俊太郎(C)「けむたい姉とずるい妹」製作委員会
柳俊太郎(C)「けむたい姉とずるい妹」製作委員会
― 「けむたい姉とずるい妹」への出演が決まったときの心境をお聞かせください。

柳:ぜひご一緒してみたかった監督の演出を受けれるということで率直に嬉しさと、とても楽しみだなと思いました。

― 劇中だけでなく、視聴者の間でも「色気がすごい」と律の沼に落ちる声が続出しています。その魅力を出すために、意識したことはありますか?

柳:ミステリアスな部分と儚さを目の芝居で出すように意識しました。ただ芝居をやり過ぎてしまうときが多々あったので、その都度監督に指摘してもらいながら演じていました。

― 「人当たりが良さそうに見えながらもミステリアスな部分もあるとても繊細な感情を持っている難しい役」とおっしゃっていましたが、役作りで苦戦した点や苦労したシーンはありましたか?

柳:やはり監督の演出に対して、芝居でリアクションし過ぎてしまうことがありましたので、そこは苦労しました。常に演出で言っていただいたのでとても助かりました。

柳俊太郎、栗山千明&馬場ふみかとの共演経て

― 栗山千明さん、馬場ふみかさんとのエピソードや刺激を受けたことを教えてください。

柳:栗山さんはとてもストイックな印象を受けました。自分がイメージする役を狂いなく作り上げてきていたように感じました。馬場さんはその場の空気を自分と役の感情に乗せることがとても上手だなと感じました。らんちゃんの感情を落とし込んでいて、すごく感銘を受けました。

柳俊太郎、演じる“律”は「理解するのに苦労」

― ご自身と律の似ている点、似ていない点を理由とともに教えてください。

柳:似ている点といえば、口数が少なくあまり多くを語らない点だと思います。間違った方向に伝わることを避けるためにわざと口を閉ざすことがあります。似ていない点はたくさんあって、むしろ最初に律を理解するのに苦労しました。

― 今後どのような作品や役柄に挑戦したいですか?

柳:特に役柄という点ではないのですが、常に新鮮な芝居を見せられるように柔軟な自分でいたいなと思います。

柳俊太郎の夢を叶える秘訣

― モデルプレス読者の中には今、夢を追いかけている読者もたくさんいます。そういった読者に向けて、柳さんの「夢を叶える秘訣」を教えてください。

柳:僕自身も夢があってそれの実現に向けて生きているので秘訣があるとしたら知りたいくらいですが、夢を見つけることができた時点でとても幸せだと思うので、掴むためにひたむきに勉強し努力し続けることと、周りをよく見ることかなと思います。

(modelpress編集部)

柳俊太郎(やなぎ・しゅんたろう)プロフィール

1991年5月16日生まれ、宮城県出身。身長183cm。パリコレクション『FACETASM』、『LOUIS VUITTON』コレクションなど多数のコレクションにも参加。

『アトムの童』(TBS系/2022年)では主人公のキーパーソン役、『ハレーションラブ』(テレビ朝日系/2023年)では感情を表に出すのが苦手な青年役、『どうする家康』(NHK/2023年)では秀吉に重用される五大老の1人を演じた。

そのほか、ドラマ『今際の国のアリス』(Netflix/2020年)、映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』(Netflix/2023年)にはメインキャストとして出演し、映画『僕の名前はルシアン』(2023年)では主演を務めた。2024年には映画『ゴールデンカムイ』(1月19日公開)が控える。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. けむたい姉とずるい妹

    けむたい姉とずるい妹

    2023年10月09日(月)スタート

    毎週月曜23:06 / テレビ東京系

    詳しく見る

関連記事

  1. 栗山千明&馬場ふみか“バチバチ”険悪な姉妹役の撮影裏話 柳俊太郎「ちょっと怖かった」<けむたい姉とずるい妹>
    栗山千明&馬場ふみか“バチバチ”険悪な姉妹役の撮影裏話 柳俊太郎「ちょっと怖かった」<けむたい姉とずるい妹>
    モデルプレス
  2. 玉山鉄二・柳俊太郎ら「どうする家康」豊臣方の扮装写真公開
    玉山鉄二・柳俊太郎ら「どうする家康」豊臣方の扮装写真公開
    モデルプレス
  3. 玉山鉄二ら、松本潤主演「どうする家康」新キャスト11人発表
    玉山鉄二ら、松本潤主演「どうする家康」新キャスト11人発表
    モデルプレス
  4. 柳俊太郎、大河ドラマ初出演 家康を追いつめる“最年少大名”に<どうする家康>
    柳俊太郎、大河ドラマ初出演 家康を追いつめる“最年少大名”に<どうする家康>
    モデルプレス
  5. 山崎賢人、朝比奈彩&柳俊太郎ら「今際の国のアリス」共演者との写真公開「アリスとラスボスとクイナが…」「胸アツ」と反響
    山崎賢人、朝比奈彩&柳俊太郎ら「今際の国のアリス」共演者との写真公開「アリスとラスボスとクイナが…」「胸アツ」と反響
    モデルプレス
  6. 柳俊太郎、山崎賢人に深く関わるキーパーソンに「アトムの童」出演決定
    柳俊太郎、山崎賢人に深く関わるキーパーソンに「アトムの童」出演決定
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    モデルプレス
  2. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    モデルプレス
  3. <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    モデルプレス
  4. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.3>経営者のヴァッツ美良、500万獲得までの苦悩と揺るぎない理由 イケメン2人からの告白も“愛”選ばず「罪悪感に襲われて前を向けなかった」
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.3>経営者のヴァッツ美良、500万獲得までの苦悩と揺るぎない理由 イケメン2人からの告白も“愛”選ばず「罪悪感に襲われて前を向けなかった」
    モデルプレス
  5. 中条あやみ「きみセカ」竹内涼真との撮影で“感慨深かったこと” 思い出の撮影場所とは<モデルプレスインタビュー>
    中条あやみ「きみセカ」竹内涼真との撮影で“感慨深かったこと” 思い出の撮影場所とは<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  6. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.2>グラビアタレントの海津雪乃、“賞金目当て”で参加も激しく葛藤「バチが当たった」最後にラブに変えた理由
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.2>グラビアタレントの海津雪乃、“賞金目当て”で参加も激しく葛藤「バチが当たった」最後にラブに変えた理由
    モデルプレス
  7. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.1>イラストレーターの井上瞳、脱落を申し出た理由 男性メンバーへの想い語る
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.1>イラストレーターの井上瞳、脱落を申し出た理由 男性メンバーへの想い語る
    モデルプレス
  8. 加藤小夏「ずっと壁」活躍の裏に秘めた本音 大河経て意識した“記憶に残る演技”とは<「コーヒーはホワイトで」インタビュー>
    加藤小夏「ずっと壁」活躍の裏に秘めた本音 大河経て意識した“記憶に残る演技”とは<「コーヒーはホワイトで」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 美少年ぶり話題の城桧吏、メイク初挑戦経て“可愛さ”自覚 共演・FANTASTICS中島颯太とだけ共感できたこと「お兄ちゃんみたいな存在」<「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」インタビュー>
    美少年ぶり話題の城桧吏、メイク初挑戦経て“可愛さ”自覚 共演・FANTASTICS中島颯太とだけ共感できたこと「お兄ちゃんみたいな存在」<「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事